SCP-192-FR
評価: +1+x

アイテム番号: SCP-192-FR

脅威レベル:

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-192-FRはフランスの█████町にある、放棄された工場の壁に収容されています。その周辺には封じ込め区域が制定されており、全ての現地住民は避難しました。市街地へアクセスしようとする住民は、その地域外の最寄りの警察署へ護送され、「産業スパイ」として告発されます。

説明: SCP-192-FRは高さ3m、幅1.5mの、淡い赤色に塗装された大きな木製のドアで、平均直径20cmの円柱形に近い形状の構造物に囲まれています。このアイテムは大きな改造を受けた壁に埋め込まれており、元の色から濃い紫色、緑色、赤色の色調へ変化し、反対側の面からはいくつかの大釘1が飛び出ています。このオブジェクトは、未知の手段によってしばしば少量の霧を放出し、ドアはドアノブや、ドアの開口を可能とする他の要素を有していません。

人間の被験者がアイテムから2m以内に存在した場合、未知の低い声が不明な方法で発せられます。この声は、被験者のみが理解することができる、被験者に関するある1つの質問をするようです。被験者以外の人間が質問を理解する唯一の方法は、被験者の過去の人生全体を調べることであり、この方法の成功率は23%です。オブジェクトまたは別の実体が、この声を発しているのかどうかは不明です。

この質問は、いくつかの反応のうち1つを誘発します:
反応のうちの67%では、質問が被験者を妨害し、質問に答えられなくなります。
反応のうちの28%では、被験者がその質問を理解できなくなります。
反応のうちの3%では、被験者は激しい苦痛の徴候を示し、逃走を試みます。
反応のうちの2%では、被験者は自殺を試みます。

このオブジェクトの発見時、「ここを通りたいのであれば、きみの質問に答えてくれ」と書かれた物質が、隣の壁に釘で固定されていました。

被験者が質問に正しく答えた場合、ドアが開き、[編集済]。その後オブジェクトは素早く分解され、それ2を収容するのに十分な表面積を備えた壁に、再設置されます。
ドアを開けたり、破損させようとする試みは全て、腐敗した人間の腕が霧と共に出現し、その人間を引っ張ろうとするという結果に終わりました。

今日、1名の被験者(D-3130)がオブジェクトによる質問に正しく回答し、ドアが開き、[編集済]。ドアの先の空間に警備員が侵入したため、これらも即座に[編集済]。これらのいくつかの断片は時折霧の中に現れ、見かけ上はまだ生存しているように見えました。[編集済]████警備員の頭部は、心理学者による深刻な自殺傾向を持つとの診断と、倫理委員会の審議により、要求に応じて破壊されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。