SCP-192-JP
評価: +86+x
tokyo.jpg

SCP-192-JP内、八重洲北口付近。照明等は点灯しているが、完全に静まり返っている。

アイテム番号: SCP-192-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-192-JPは鉄道会社の協力の下、出入り口にあたる駅構内の一部を工事中の名目で常に閉鎖してください。また、必ず監視員を一人以上置き、鉄道関係者、及び一般人の侵入を防いでください。万一侵入した者があった場合、内部で何かに接触したかどうかを聞き出した後、Aクラス記憶処理を施し解放してください。また、定期的に内部を巡回し、未確認のSCP-192-JP-1が出現した場合はすぐに報告を行ってください。

説明: SCP-192-JPは東京駅構内、本来██室である扉の向こうに存在する、もうひとつの東京駅です。その内部構造、及び配置された全ては現時点での東京駅と寸分違わず一致しており、現実世界の東京駅の拡張・工事などの変化は、SCP-192-JPにそのまま同期されます。これらの変化は、不可視、接触不可能な何らかの存在によって実行されていると推測されており、破壊や妨害などの停止の試みは全て失敗しています。

SCP-192-JPの景観は一見現実世界と変わりませんが、壁面や床、天井や設置物の破壊等には成功していません。加えて一切の人間や配置物が存在しませんが、様々な形状、形態を持った存在、SCP-192-JP-1が各所に突如出現します。また、SCP-192-JP、及びSCP-192-JP-1はどのような手段であれ観察している間は決して動かず、変化しません。このため、ある程度の間を置いた観察が推奨されています。

現実世界の東京駅にて何らかの変化が発生した場合、それらはリアルタイムでSCP-192-JPに反映されますが、これらに対しどのような手段、機材を用いても更新の瞬間を認識することは出来ず、観察したタイミングのSCP-192-JP、及びSCP-192-JP-1の状態しか確認出来ません。なお、出現したSCP-192-JP-1群のみ破壊や移動を行うことが可能で、破壊後に限り観察とその時点での変化が一致します。しかし、この破壊により現実世界において様々な事象が発生することが確認されているため、いかなる個体に対しても何らかの接触をすることは推奨されていません。

SCP-192-JPの構造上観察出来る外部から予想するに、現実世界と同様に東京の街が広がっていると推測されています。しかし、通常の出入り口、換気口から上下水道に至るまで、存在し得る外部へと通じる通用口の全てはSCP-192-JP-1群によって塞がれています。これらに対してはどのような破壊手段も功を奏しておらず、SCP-192-JP外部へ到達する試みの全ては失敗しています。

SCP-192-JP内部は観察している間決して変化を起こしませんが、実際は現実世界の何らかに影響を及ぼしていることが確認されたため、どのような関連性を持つかの調査が行われました。SCP-192-JP-1の確認されている詳細な個体記録は以下を参照してください。


補遺:SCP-192-JP内において、上半身の破裂したSCP-192-JP-a個体がSCP-192-JP-i付近にて発見され、その体内から大量の使用済み「東京発→東京行切符」が溢れ出ていました。それらの一枚を現実世界に持ち出すなり、裏面に白文字で以下のメッセージが浮き出しました。

切符の発見以降、全ての能動的SCP-192-JP-1群はその動作を停止しました。これによる現実世界側への影響は現時点で一切判明していません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。