SCP-1934-JP
評価: +60+x
吊橋

SCP-1934-JPが出現する吊橋

アイテム番号: SCP-1934-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1934-JPが出現する橋の周囲を鉄骨と不透明のメッシュシートで覆い、カバーストーリー「老朽化による補強工事中」を流布して一般人が立ち入らないようにしてください。また職員を最低1名ずつ橋の両岸に配置し、午後3時34分の時点で僅かでも雨が降っていた場合は設置されたカメラ映像でSCP-1934-JPの出現を確認してください。そのまま出現したSCP-1934-JPの消滅まで監視を続けてください。SCP-1934-JPによる曝露実験にはレベル2以上の職員の許可が必要です。

説明: SCP-1934-JPは██県██市██町の██渓谷に架かる██橋に出現する柴犬(学名:Canis lupus familiari)の形態をした認識災害を伴う実体です。付近在住のエージェント██が偶然その吊橋を散策中、SCP-1934-JPと遭遇、暴露したことにより財団にその存在が確認されました。なお、██橋は長さ30メートル程の吊橋であり、この吊橋自体に異常性は確認されていません。

SCP-1934-JPの首には赤い唐草模様の首輪がつけられており、体内にマイクロチップが埋め込まれていることが判明しています。詳細は補遺を参照してください。

SCP-1934-JPは午後3時34分の時点で僅かでも雨が降っていた場合、吊橋の西岸から出現します。この地点を地点-Aとします。出現したSCP-1934-JPは地点-Aから吊橋を17m進み、一旦立ち止まります。この地点を地点-Bとします。その後約█秒から██秒程██渓谷の南側を流れる渓流を凝視した後、吊橋の手摺の隙間から飛び降ります。飛び降りたSCP-1934-JPは着水直前に消滅します。この地点を地点-Cとします。SCP-1934-JPは障害物を透過する性質があり、この異常性のため今まで捕獲できていません。

SCP-1934-JPを直接目視した者はSCP-1934-JPが消滅した直後、██分間に渡って重度の視覚障害が発生し、視力が著しく低下します。この状態で水中で物体を見る際、曝露者は元の視力に関わらず水中でのみ約2.5ほどの視力を得ます。

補遺: マイクロチップが発信している情報を解析したところ、動物愛護管理法で推奨されている個体識別用のマイクロチップであることが判明しました。情報を動物ID普及推進会議のデータベースと参照したところ、IDの一致する柴犬が発見されました。飼主████氏の情報の取得にも成功した為、████氏と連絡を取ろうとしましたが、20██/█/█にこの柴犬と外出した以降、共に行方不明であることが判明しました。██町の監視カメラ映像を調査した結果、████氏は██町を散策した後、██渓谷へ通じる山道を通った事が判明しました。その後の映像記録が無いため、████氏は██渓谷でなんらかの事件、事故に巻き込まれた可能性があります。SCP-1934-JPの発生の原因とも関係があると推測されたため、現在██渓谷近郊にて████氏の捜索活動が行われています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。