SCP-1938
評価: +1+x
1938.jpg

SCP-1938-2をいくつか含む、動作中のSCP-1938

アイテム番号: SCP-1938

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1938は通常のSafeオブジェクト収容部屋に保存されています。部屋は水が絶対に入らないような方法で密封されています。SCP-1938-1とは別に水生生物は一切SCP-1938に入れられるべきではありません。

説明: SCP-1938は450リットル以内の水を保持することができる水槽です。空の時の重さはおよそ25キログラム、水が一杯の時の重さは55キログラムです。SCP-1938の床面積は151cm×61cm、高さは63cmです。

SCP-1938の奇妙な効果は、水で一杯に満たされた時に作動します。この時、フィルタ、温度計、底の小石の層および数片の珊瑚がSCP-1938の内部にあるように見えます。さらに、いくつかの魚(以降SCP-1938-1と称します)が水槽の内部に出現します。これらの魚は、地球上の既知の海洋生物の種とは一致しません。SCP-1938-1は、SCP-1938から水が排出されると消え失せます。SCP-1938-1の挙動は、クラウンローチ(旧学名Botia macracantha)のものに似ています。

さらに、誰か(以降ユーザーと称します)がSCP-1938に体の一部でも浸すと、約15分ほどで姿を消し、その後元居た位置から15メートル以内のどこかに再出現します。彼らは小さな魚の姿となってSCP-1938の中に移動し、しかもSCP-1938-1たちによって確立された封建制の水中文明が存在したと、ユーザーは報告しています。この文明は通常、SCP-1938-1たちの人生への多大なる満足感についての報告と、ユーザーへの熱心な対話姿勢から、"ユートピア"の伝統的な解釈と特徴が似ていると描写されます。SCP-1938の中でユーザーが過ごしたと認識する時間は2時間から1週間程度です。この間SCP-1938-1の挙動がユーザーの観察を反映していないことを注意しておきます。

SCP-1938-1でない魚の種がタンクにもたらされたら、SCP-1938-1はすべてこの導入種のコピーに即座に変わります。この新たな種(以降SCP-1938-2と称します)はSCP-1938-1に比べて非常に不安定な挙動を行いますが、挙動と外観を除けば、SCP-1938-1と同じ特性を有します。

しかしながら、SCP-1938-2が住んでいる時にSCP-1938をユーザーが使おうとすると、彼らは異なった経験をします。ユーザーは、SCP-1938-1が居た時と同じ場所に現れたが非常に不安定な状態だった、と報告しています。この地域はSCP-1938-2が住んでいますが、彼らはユーザーに非常に敵対的です。そのうえ、SCP-1938内での経験は長期間(報告があった中で最長はおよそ████日)続きます。ユーザーがこの間例えどんな経験をしていても、彼らは一切傷を負っていないことを注意しておきます。

補遺: 以下の注意書きはSCP-1938と共に回収されました。

ワンダーテインメント博士からの驚くべき新製品!

これまで君の"海のおともだち"と泳ぎに行きたいけど、残念ながらビーチに行けなかったことはないかい?そこでこの新製品、ワンダーテインメント博士のびっくり潜水水槽®!これで海の中でいかした海洋生物たちと泳ぐことができます!"海のおともだち"が君の目の前で本物になるぞ、必見だ!本物の魚になって海洋天国を探検しよう!水中でも息継ぎできる!君の"海のおともだち"にイタズラしてびっくりさせちゃおう!


注意: ワンダーテインメント博士のびっくり潜水水槽®はワンダーテインメント博士の"海のおともだち"への用途のみとなっております。びっくり水槽に"海洋仲間"以外の如何なる魚も投入しないでください。誤用の結果もたらされる如何なる損害に関しても、ワンダーテインメント博士は責任を持ちません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。