SCP-1939-JP
評価: +197+x
blank.png

アイテム番号: SCP-1939-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1939-JPは回収地点最寄りの収容サイトに移送し、冷蔵収容庫に収容してください。各サイトに勤務する職員はサイト管理者の許可の下でSCP-1939-JPを摂取することができます。その際は記載された賞味期限の古いものから消費し、実験用のサンプルとして最低でも5本は収容されている状態を保ってください。また、連続した飲用による肉体への負荷の観点から、利用頻度の高い職員は医療部門の判断によって制限を受ける場合があります。実験目的以外での夜間のSCP-1939-JP摂取は禁止されています。

SCP-1939-JP-1の出現条件を満たす全ての箇所は常にカメラを通じて監視されます。現在の監視対象箇所は5箇所です。出現が確認された場合、現地に待機しているエージェントがSCP-1939-JP-1と接触しSCP-1939-JPを確保します。民間人がSCP-1939-JP-1に接触し、SCP-1939-JPの異常性を発現させた場合、身柄を確保し事情聴取の上、Bクラス記憶処理を施します。

日本国内の道路工事計画は全てSCP-1939-JP-1の出現条件を満たすことのないよう確認され、必要に応じて修正される必要があります。また、既に出現条件を満たしている箇所について、財団フロント企業に近く監視と回収が容易な5箇所を除き、新たな街路灯の設置によって条件を満たさないようにします。

説明: SCP-1939-JPは異常性を持った飲料です。容器の外見、味、香り等はモンスタービバレッジ社の製品「モンスターエナジー」に酷似していますが、本来であれば容器に「MONSTER ENERGY」と表記されている箇所が「MOONSTAR ENERGY」と書き換わっています。

SCP-1939-JPの異常性は人間に経口摂取された時に発現します。異常性は夜間のみ発現し、昼間であれば通常の清涼飲料水として消費することができます。「夜間」とは厳密に時刻が決まっているものではなく、SCP-1939-JPが存在する地点の日没から日出までを指します。

SCP-1939-JPを摂取した人間(被験者)は以下の一連のイベントを体験します。
まず被験者の身体(衣服など身につけたものも含む)が航空機を模した形に変化し、一切の物理的阻害を受けなくなります。この時、通信機器やGPS端末等はその機能を維持します。機体の全長は被験者の身長とほぼ同程度です。その後、被験者は高度3000mまで上昇し、円を描くように飛行した後、元の地点に着陸します。この運動は航空力学の観点からは不可能なものであり、速度は変化した航空機の種類によらずほぼ一定です。着陸後、被験者の身体が元に戻り、イベントが終了します。

被験者の証言によると、イベント中の被験者は天候状態によらず非常に鮮明に天体を観測することができ、いくつかの主要な星座について、その星座線を確認できるとされています。多くの被験者はこのイベントを「爽快であった」「ストレス発散になった」など、好意的に捉える傾向にあります。また、異常性発現の有無に関わらず、SCP-1939-JPには強い疲労回復効果が確認されています。

SCP-1939-JP-1はSCP-1939-JPを販売する人型実体です。ラテン系ヨーロッパ人男性の特徴を有します。
SCP-1939-JP-1は以下の4つの条件を満たす箇所の街路灯の下に出現します。

light.jpg

SCP-1939-JP-1出現可能地点の1つ

  • 日本国内である。
  • 鉄道駅の付近である。
  • 交差点のある路上である。
  • 街路灯が1基のみ存在する。

出現の時間的パターンの予測は現在不可能ですが、夜間であることは共通しています。
出現後、SCP-1939-JP-1は周囲の人物に対しSCP-1939-JPを販売しようと試みます。売買が成立するか、成立せずに30分が経過するとSCP-1939-JP-1はその場から消失します。

SCP-1939-JPはインターネット上の都市伝説コミュニティにおいて「瞬間移動する薬物の売人」に関する投稿があったことが財団の注意を引き、発見に至りました。

現在までにSCP-1939-JP摂取実験で確認された航空機の機種は17種類です。以下は実験記録の一部です。全ての実験は民間人による目撃を防止するため、船舶を用い、太平洋上の航行制限領域で行われました。

SCP-1939-JP摂取実験記録01 - 日付20██/██/██

787.png

ボーイング787

対象: Dクラス職員

結果: 対象はボーイング787に変化。塗装は日本航空のものと一致。離陸後20分間飛行し、着陸。

付記: 対象は幼少期にボーイング787の機体に興味を引かれた経験があると証言した。また、実験後の対象の勤務態度に向上が見られた。

SCP-1939-JP摂取実験記録02 - 日付20██/██/██

kunikaze.png

ビーチクラフト・クイーンエアB-65P

対象: Dクラス職員

結果: 対象はビーチクラフト・クイーンエアB-65Pに変化。国土地理院の地図作成用空中撮影に用いられた機体「くにかぜ」を模したものと考えられている。離陸後20分間飛行し、着陸。対象は空中から撮影されたと思われる写真を所持していた。

付記: 対象は「飛行中にふと写真を撮りたいと思った」と主張。本件を受け「被験者は航空機に搭載された機能が使用可能である」との仮説が立てられた。戦闘機等への変化のリスクを考慮し、Dクラスを用いた実験は今後中止とする。

SCP-1939-JP摂取実験記録03 - 日付20██/██/██

vega.png

ロッキード ベガ

対象: 町田研究員(自ら実験に志願)

結果: 対象はロッキード ベガに変化。機体は赤く塗装されていた。離陸後20分間飛行し、着陸。

付記: 対象は過去、アメリア・イアハートを題材とした映画の視聴経験があり、そのことが影響したのではないかと証言。飛行中に女性の声のような音を聞いたと主張したが録音記録には音声が確認されなかった。

SCP-1939-JP摂取実験記録04 - 日付20██/██/██

zero.png

零式艦上戦闘機六二型

対象: エージェント浦上(自ら実験に志願)

結果: 対象は零式艦上戦闘機六二型に変化。離陸後20分間飛行し、着陸。海面への機銃の発射を試みるよう指示をしたところ、問題なく発射された。

付記: 対象は幼少期に祖父から聞いた戦時中の体験談が影響しているのではないかと証言。また、機銃の発射は自分の意思でコントロールできたと主張した。

SCP-1939-JP摂取実験記録05 - 日付20██/██/██

vans.png

ヴァンズ・エアクラフトRV-14

対象: エージェント吉野(自ら実験に志願)

結果: 対象はヴァンズ・エアクラフトRV-14に変化。離陸後20分間飛行し、着陸。機体が回転するなどの曲技飛行が観測された。対象は動揺病の症状を訴えた。

付記: 対象は曲技飛行に興味があったのでやってみたかったが、思った以上に負荷が大きかったと主張。現在までにSCP-1939-JPの飲用が被験者に悪影響を及ぼしたケースはこの1件のみである。

補遺: 2018/12/17、出現したSCP-1939-JP-1が売買成立後即座に消失せず、購入者であるエージェント有明と会話を行いました。以下はその録音記録です。

<記録開始>

SCP-1939-JP-1: いつも購入ありがとう、それを飲んで空の上で少し話をしないかい?

エージェント有明: SCP-1939-JP-1の予期せぬ発話を確認しました。指示をお願いします。

[人口密集地ではなく目撃のリスクは低いと判断され、SCP-1939-JP摂取を指示。]

エージェント有明: 飲みます。お話を聞かせてください。

[エージェント有明はライトフライヤー号に変化。直後離陸。SCP-1939-JP-1は不明な動力で飛行。]

SCP-1939-JP-1: いいねえその機体。君とはいいネクタールが飲めそうだ。

エージェント有明: この機体ですか?なんだか古い感じですが。

SCP-1939-JP-1: 古いからこそ懐かしいんだよ。ちょうど115年前の今日、鳥たちと神々のものだった天空に人間がやってきたんだ。それも浮遊や滑空じゃなくて飛行でね。

エージェント有明: ライト兄弟の世界初有人動力飛行のことでしょうか。あっ、これはその時の。

SCP-1939-JP-1: ああ。どうだい、飛行は気持ちいいだろう?人間が空を目指したのも当然だね。飛行の先輩が言うのだから間違いない。

エージェント有明: あなたはどのようにして飛行しているのですか?

SCP-1939-JP-1: 靴に羽がついてるだろ?これで飛んでる。

エージェント有明: 重心に対してそんな低い位置に揚力が働いていてはバランスが取れないと思いますが。

SCP-1939-JP-1: 人間の作った物理学の体系は確かに美しいし有用だ。けど君達ならそれに縛られる存在ばかりじゃないことも知っているだろう?

エージェント有明: どういうことでしょうか。

SCP-1939-JP-1: 君達の嘘は通じないよってことさ。君はくたびれた仕事帰りのサラリーマンなんかじゃない。世界を守る立派な仕事人だろう?

エージェント有明: なぜそのことを…いや、そもそもあなたは一体何者でなぜこの飲料を売っているのですか?

SCP-1939-JP-1: 僕が何者かなんてそんなに大事なことじゃない。飲み物を売るのは君達人間に翼を授けてあげるためさ。

[直後SCP-1939-JP-1は消失。エージェント有明は20分の飛行の後通常通り着陸した。]

<記録終了>

wright.jpg

ライトフライヤー号

エージェント有明はSCP-1939-JP-1が消失の直前に「あまり頑張りすぎないように」と発言したと主張しましたが、録音記録には確認されませんでした。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。