SCP-1945
評価: +6+x

アイテム番号: SCP-1945

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1945は影響範囲の端から約150 m離れた位置にあるサイト-46から監視を行ってください。現場で必要な電子機器は全てサイト-46施設内に保管し、いかなる状況でもSCP-1945の影響範囲内に持ち込んではなりません。

SCP-1945の機密保護はそのオブジェクトクラスに準じた標準警備・監視チームおよび現地報道機関に流布されているカバーストーリー「放射性廃棄物の投棄場所」により維持してください。警備を突破された際は、絶対的な必要性が生じた場合または現地当局からの指示があった場合を除いて非致死的な手段で対処を行ってください。

SCP-1945-1は常にサイト-46職員が観察を行ってください。記録および分析のため、サイト-46にはSCP-1945-1の復号と圧縮およびSCP-1945-1への返答が可能なソフトウェアをセットアップした安全確保済みのコンピュータを備え付けてください。サイト職員のうち1名のみが出力データを直接観察して良いものとし、また観察者の精神状態に害が及ぶことを防ぐため、補助スタッフを常に2名以上配備してください (事件報告SCP-1945-1.5を参照)。

SCP-1945-1の内容を考慮し、敵対実体の逃走・反抗時に備えてパーソナルディフェンスウェポン1丁をサイト-46に保管するものとします。火器を携行させること、サイト-46の職員に近づけることは禁止されています。

説明: SCP-1945は█████████にある地方の住宅を覆う異常地帯です。あらゆる点で見てその影響範囲は建物全体に及んでいますが、範囲の面積と形状は温度、湿度、様々な波長の電磁波、含鉄金属の有無など多くの条件に影響を受けます。影響範囲の直径は真夜中の平均49 mから正午の平均104 mまで変化します。

SCP-1945の異常地帯は2.4単位以下の電気抵抗を有するあらゆる物質の導電容量に影響を与えます。電源が影響範囲外に存在するいかなる電子回路も影響を受けず、範囲外の電圧、電流、抵抗を保ちます。一方でSCP-1945内の適切な物質は変動電流 (デジタル音声出力であることが判明) で飽和し、それにより電子機器は停止または故障します。基本的にこの電流がSCP-1945の外部へ流れることはありませんが、特定のケーブル材料でできた導線にコーティングを施すことでアナログ信号を範囲外のサイト-46まで通すことが可能です。この信号をSCP-1945-1と分類します。

SCP-1945-1はSCP-1945内で発生した電流の持つ信号であり、映像フォーマットへの復号により、36秒の転送時間と320 x 240ピクセルの解像度を有する低速度走査テレビジョン (SSTV) の信号放送であることが確認されています。SCP-1945-1は通常のSSTV信号における読み込み速度の3倍の速さで転送されており、適切に画像を変換するにはソフトウェアの修正が必要です。

SCP-1945-1を変換すると、財団標準人型収容室と同様の特徴を持つ部屋を隅から撮影した監視映像のように見えます。SCP-1945-1は1分ごとに5フレームを転送します。信号はいかなる時点でも中断されないため、24時間で7200フレーム、すなわち240分の動画を生成します。

SCP-1945-1の観察によると、映像中の部屋には以下の物品が存在します。

  • 標準的なマットレス、枕、シーツを備えた金属フレームのベッド1点。ベッドフレームは固定されています。
  • 部屋の中央にある金属製のテーブル1脚。
  • 撮影の視点に沿って並ぶ金属製の椅子2脚。テーブル、椅子ともに床へのネジ留めは施されていません (文書1.3)。
  • 青いプラスチック製の食器類3セット。いずれもカップ1つ、スプーン1本、プレート1枚からなり、食物が消費されたか否かを問わず全て日に3回交換されます。ナイフとスプーンは観察されたことがありません (文書1.1を参照)。
  • 鏡の窓1枚。監視部屋であると判明。
  • 隣にある部屋。浴室であると推測され、カメラからは隠れています。
  • 多数の本、紙束、画材。
  • 向かい合うように部屋の二隅に配置されたインターカムスピーカー2基。
  • 色白の肌と黒髪を持つ若い女性の人型実体 (SCP-1945-2と指定)。収容室の居住者と考えられ、異常な状況下にある場合を除いてSCP-1945-2は監視映像外に出ることはありません (文書1.3, 1.4, 1.7を参照)。

SCP-1945-1はSCP-1945-2の捕獲者のコントロール下にない状態で観察されたことがあります。SCP-1945-1は2度遮断され (文書1.2, 1.4を参照)、1度改竄されています (文書1.5を参照)。ただし現在の現地研究主任である██████博士は、いずれの遮断事例も外傷由来の意識喪失時間と一致することから、信号がSCP-1945-2と関連しているとする仮説を立てています。

文書1.6で示されている通りSCP-1945-1はライブ映像であるため、映っている場所は割合6:1の一型時間遅延の影響下にあると推測されています。

補遺:

SCP-1945-1の観察期間中において、SCP-1945-1およびその内容が通常の挙動から逸脱する事例が6回発生しました。これらは1.2から1.7に指定されています。文書1.1は「平均的な」日常的活動の書き起こしです。文書1.1に記載されている時刻は全て██日間の記録映像の平均を取ったものであるという点に留意してください。時間遅延の影響があるため実際の時刻は不明です。全文書の時刻はSCP-1945-1と財団人型実体収容プロトコルとの比較を元に概算したものです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。