SCP-1967-JP
rating: +92+x
blank.png
yosie.jpg

████ よしえ氏(画像右側の人物。1979年撮影)

アイテム番号: SCP-1967-JP

オブジェクトクラス: Keter Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1967-JPの主な異常性は情報災害であるため、本報告書を含むSCP-1967-JP-Aへのアクセスは特認クリアランスを持つ職員のみに制限され、保持する権限に関わらずクリアランスを所持しない職員の閲覧は禁止されています。SCP-1967-JP担当職員は2週間に1度、研究の継続に必要と見なされる個人情報を財団人事部門に申告する義務があります。虚偽の申告は終了を含む厳罰の対象となります。私生活等の変化によりSCP-1967-JPへの曝露条件を満たす可能性があると見なされた場合、他部署への異動が行われます。

SCP-1967-JP-Aの一部は一般社会に公開されているため、SCP-1967-JP担当エージェントは行政府及び警視庁の担当部員と協力し、SCP-1967-JP-Aに関心を持つ市民の活動を常に監視するとともに、SCP-1967-JP-Aが各種メディアに拡散しないよう情報制限措置を行って下さい。一般市民がSCP-1967-JP-Bとなった可能性がある場合、当該人物を直ちに拘束の上、必要に応じてインタビューやカウンセリングを実施し、イベント-1967-JP-Bの終了まで行動を24時間監視します。イベント-1967-JP-Bの終了後は、βクラス記憶処理を施した上で解放します。

説明: SCP-1967-JPは、1980年12月15日に発生した████ よしえ氏誘拐殺人事件に関連する情報(以下SCP-1967-JP-A)と、情報への曝露が引き起こす様々な異常現象の総称です。

SCP-1967-JP-Aは、████ よしえ氏が何者かに誘拐され殺害されたとされる事件を記録した各種の情報です。事件は同年12月18日よりテレビ・新聞等のメディアに公表され、目的不明の誘拐もしくは失踪事件として取り扱われました。結果として、後述のSCP-1967-JP-Bが現在までに76名発生し、全員が財団の収容下に入ることとなりました1。財団の情報工作の結果、事件は快楽目的の誘拐殺人と断定され、法的な解決を見たこととなっていますが、2018年現在も████ よしえ氏の行方と実行犯は明らかになっていません。

SCP-1967-JP-Aを認識した人間のうち、以下の2条件を満たした人物はSCP-1967-JP-Bへと変化し、様々な異常現象を体験します。

  • SCP-1967-JP-Aを認識した時点で、満8歳未満の法律上もしくは生物学上の子女が1名以上存在する2
  • SCP-1967-JP-Aの実行犯が、通常人類とは異なる存在であるという強い確信を抱いている3

SCP-1967-JP-Bとなった人物の子女は、満8歳の誕生日の午前0時を迎えた時点で現実世界から消失します。この消失を回避する方法は現在のところ明らかとなっておらず、消失した人物の移動先も不明です。消失後に一連のイベント-1967-JP-Bが発生し、イベント終了後に異常性は消失します。Dクラス職員を用いた実験により、SCP-1967-JP-Bとしての条件を満たし続けていた場合でも、イベント終了後に新たに儲けた子女には異常効果が発現しないことが判明しています。

SCP-1967-JP-Bの子女が消失してから1~6ヶ月後に起こる異常現象をイベント-1967-JP-Bと総称します。発生開始時期に一定の時間的・空間的法則性はありません。主な異常現象及び出現物品は以下の通りです。

  • 20~30回に及ぶ、送信元不明の無言電話。受信先はSCP-1967-JP-Bの自宅、もしくは携帯電話となる。
  • SCP-1967-JP-Bの自宅の半径300メートル以内に出現する、消失時に子女が穿いていた靴または靴下の片方。
  • SCP-1967-JP-Bの自宅内部に出現する、アカギツネ(Vulpes vulps)と見られる動物の歩行足跡。
  • SCP-1967-JP-Bの財布やポーチの内部に出現する、子女が愛好していた菓子類の包装紙。
  • HB鉛筆で文章が書かれた新聞紙の郵便受けへの投函。詳細は後述。
  • イベント-1967-JP-Bの終了直前に掛かってくる電話。詳細は後述。

いずれの物品も素材等に異常性は見られないものの、物理法則を無視し突如として出現することから、その出現プロセス自体が異常現象の一環であると見なされています4。出現物品のうち、特筆すべきは文章の書かれた新聞紙であり、何れの出現例においても暗示的で不明瞭な内容ながら、SCP-1967-JP-B当人もしくは捜査関係者しか知り得ない情報が必ず含まれています。以下は書かれた文章の例です。

bbb.jpg

出現した新聞紙の例。鉛筆で文章が記載されている(1996年撮影)

文章例:SCP-1967-JP-B-2-34(1982/03/13回収)

きょうは ふみきりのうらで かくれんぼをしていました
たべた おもちのうらがわに ねずみがはりついていました
きつねさんの 鳴き声が きこえてくるよ
████5ちゃんは かくれんぼの 鬼でした
神社の裏に 鏡があって 骨が隠されています
とても おいしい骨

文章例:SCP-1967-JP-B-2-41(1982/06/08回収)

[判読不能]
おべんきょうをしていたのに 字が書けなくなっちゃった
[判読不能]どうして
かみさまが [判読不能]なのに お祈りをして
みんな ただのねずみになった
ねずみは 一つと残らず 噛み殺さなければいけない

イベント開始から1~6ヶ月後、SCP-1967-JP-Bの自宅もしくは携帯電話に、正体不明の人物からの架電があります。通話先の人物をSCP-1967-JP-Xと呼称します。SCP-1967-JP-Xの声は「不明瞭」「合成音声的」と評され、性別や年齢の推測は困難です。SCP-1967-JP-Xはしばしば事件と無関係の第三者を自称しますが、何れの通信もTDMAフレームが不明な手段で暗号化されているため、2018年現在、送信元の特定には成功していません。

通話例:SCP-1967-JP-X-48(1983/01/25記録)

<記録開始>

SCP-1967-JP-B-48: もしもし?

SCP-1967-JP-X: ██████ちゃん6のお父さんですか。

SCP-1967-JP-B-48: はい、そうです。

SCP-1967-JP-X: ██████ちゃんと隠れん坊をしていたのにみつかりません。お父さん、どこにいるのかわかりませんか。

SCP-1967-JP-B-48: え? 貴方は誰ですか。██████のお友達ですか。

SCP-1967-JP-X: ああ、██████ちゃんがオボボリ7を噛んでしまいました。早く迎えに来てくれませんか。

SCP-1967-JP-B-48: お前は誰だ。██████がそこにいるのか。どこにいるんだ?

SCP-1967-JP-X: [複数の哺乳類の鳴き声らしき音が聞こえる。正確な種類は判別不能]

SCP-1967-JP-B-48: おい!

SCP-1967-JP-X: 鼠は噛み殺さなければいけない。

<記録終了>

SCP-1967-JP-Xは、後述するインシデントを除く全ての例で、自身の居所や素性に関する質問には回答せず、一方的に通話を打ち切っています。通話を最後にイベント-1967-JP-Bは終了し、一連の異常現象は収束します。

補遺1: 収容タイムライン:1967-JP

補遺2: インシデントレポート:1967-JP-2(要レベル4/SCP-1967-JP特認クリアランス)

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。