SCP-1968-JP
評価: +8+x
angel.jpg

底部から金属を分泌しているSCP-1968-JP

アイテム番号: SCP-1968-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1968-JPはサイト-8181 サイト-██の標準的小型アイテム収容ロッカー内で樹脂によって底部を覆われた状態で固定されます。SCP-1968-JPは実験に用いられるものを除き、いかなる金属からも隔離されなければなりません。SCP-1968-JPを用いた実験はレベル3以上の職員の許可が必要です。O5評議会の命令により無期限に凍結されています。

説明: SCP-1968-JPは高さ4 cm、質量3.916 kgの物体で、その高い密度を除けばガラスと極めてよく似た物理的性質を有しています。SCP-1968-JPは海洋研究開発機構による遠隔操作無人探査機「ABISMO」を用いた南硫黄島南方の海底調査の際、探査機の底部と癒着した形で発見されました。「浮上した探査機に動く人面が浮かびあがっている」との情報を得た財団はフィールドエージェントを派遣し、SCP-1968-JPを回収しました。目撃者には記憶処理が施され、周辺にはカバーストーリー「珍種のフジツボ」が適用されました。

SCP-1968-JPと接触した金属はその種類に関わらず液状化し、SCP-1968-JPの表面から吸収されます。吸収から5秒ほど経過した後、SCP-1968-JPは吸収した金属を底面から分泌します。底面が塞がれている場合この分泌は起きないことが判明しています。分泌された金属は粘性の高い液体のような挙動を見せ、SCP-1968-JPの近辺にあるものを模倣した形をとります。近辺に模倣に適した物品がなかった場合、SCP-1968-JPは過去に観測した物体を模倣する事が報告されています。金属の変形能はSCP-1968-JPと接触している限り保たれますが、SCP-1968-JPが生成した模倣物から自身を離脱させると金属は固体化します。

補遺: 実験019の結果を受け、SCP-1968-JPの貯蓄金属の質量、変形能に由来する潜在的危険性、また財団所有品の複製によって混乱を招く可能性が指摘されました。これを踏まえてSCP-1968-JPを用いた新たな実験の凍結ならびにサイト-██への移送がO5評議会によって指示されました。

 

 

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。