SCP-1975
評価: +1+x
1975.JPG

SCP-1975

アイテム番号: SCP-1975

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1975はサイト-██の標準的収容ロッカー内に保管します。実験中、SCP-1975-1実例は遠隔操作を介してDクラス職員が操縦します。遠隔操作車両の度重なる構築と破壊は、財団の資産を不要に浪費するものと見做されました。財団にとって貴重価値があると判断された職員は、どのような状況でもSCP-1975-1実例の操縦を許可されません。

財団職員の安全を確保するために、実験中は少なくとも2頭のOdocoileus virginianus (オジロジカ)がSCP-1975のすぐ近くに存在するよう取り計らいます(事案報告書1975-3を参照)。他のシカ科生物に置き換えることを希望する研究者は、バクスター博士から書面による承認を受ける必要があります。

説明: SCP-1975は大量生産されたプラスチック製のフラガールの置物の一つです。軽く力を加えると、人形のスカートが揺れるようになっています。SCP-1975の基部にはフェルトペンで書かれた文章があります。文章は少し色褪せていますが、まだ読むことが可能です(補遺1975-Bを参照)。SCP-1975が自動車両の内部に配置されると、車両はSCP-1975-1実例と化し、SCP-1975が除去されるまでその状態を保ちます。

SCP-1975-1の異常効果は、車両が一定速度に達した時点で発現します。これらの効果は、自動車事故を引き起こすために発生しているように思われます。効果の致死性は車両の速度に正比例しており、速いスピードを出すほどに死の可能性が増加します。

SCP-1975-1実例が破壊されると、SCP-1975は残骸から消失し、事故現場に最も近い自動車両の内部に再出現します。実験中にSCP-1975-1実例内部に設置されたビデオカメラは、様々な程度に破壊されたSCP-1975がひび割れ、焼かれ、溶融していくのを捉えています。しかしながら、SCP-1975は常に破損していない状態で再出現し、事故現場では破片が見つかっていません。SCP-1975を意図的に破損した場合も同じく、観察されていない間に未知の手段で自己再生します。

補遺1975-A: 以下はSCP-1975-1の異常効果と、それが引き起こされた速度です。

速度 効果
時速90km 車内に機能するラジオがある場合、最大音量でオンになる。ラジオはこれ以上の異常効果を発現せず、通常はオフにすることが可能。
時速100km ハンドルの動作が不規則になり、時折ひとりでに回転する。ハンドルの動作パターンは、飲酒運転者のそれを模倣しているように思われる。
時速110km 車両は瞬時に180°回転し、同速度で逆走し始める。
時速120km シカ科の生物(シカ、ムース、エルクなど)が車両の半径5km以内に存在する場合、その生物が不可視の力によって車両に投げ付けられる。生物の移動速度は車両への近さに応じて変化するようであり、最高記録速度は時速234km。前述の半径内にシカ科生物がいない場合、最も近くにいる哺乳類生物が代用される(事案報告書1975-3参照)。
時速130km 全てのドアが完全に開け放たれ、全乗員が車外に放り出される。

補遺1975-B: 人形の基部の文章

アンタラ2タリ=オニアイ4 オコッテナイワ ステキナタビヲ ― ティフ

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。