SCP-1985回収情報
評価: 0+x

前書: SCP-1985に関する以下の多くの情報は、特異な内部情報保管・クリアランスシステムにより、まだ解析を必要としています。(いくつかの事例において、高機密情報は回収できましたが、低機密情報はまだできていません。)

情報の回収作業は進行中です。現在の貴方のアクセスレベルは:レベル3です。特定の情報はレベル4、レベル5、SAP"カンチレバード・マスクラット"で制限されています。

企画コードネーム: ロードス1

企画#: PRJRDS-006205

準企画特定名称: K-クラスシナリオ研究装置R-21

説明: R-21はK-クラスシナリオ研究装置として現在最も成功した製品です。[未解読]多くの廃棄装置とヒト標本によって先導されました。

[未解読]

異常物体構造記録: [未解読]SCP-1005の異常機能から驚異的な量の情報と共に推定されました。2

SCP-2914:3 R-21の世界間テレポーテーションの方法は主に2914の幅広い研究に基づきます。2914の死亡以降、その正確な異常特性が3回複製されましたが、不幸な事に各被験体は永久的に心理状態が不安定になりました。[回収された削除データ:他197体の実験被験体は、複製に失敗しました。]これら3体の被験体が別世界の探査に適切とみなすことはできません。

[未解読]更に、2914の能力は人間に埋め込まれていない時は一切作動しません。部分的な有機装置によって部分的に制御、起動しなければなりません。しかし、正気を失うこと無くその能力の影響を受けるという、2914固有の高次脳機能を複製する事は不可能です。これら全ての要素は、装置の移植は主に人間被験体である必要がある事、また[回収された削除データ:SCP-13134個体の有機'脳'の要素]を組み合わせる必要がある事を示します。

幅広い実験にも関わらず、研究員達は、2914が明らかにそのテレポーテーション中に使用していた、(相対的に)人間の居住に安全な地域へと到達できる、"安全機能"を完全に複製する事ができませんでした。R-21と他のロードス被験体は、帰還する際に起動するが転移の初めでは不適切に作動する、有効的な安全機能を示し、唯一地殻を転移"目標"[未解読]

SCP-1313:5 [未解読]の神経回路網は機能し、生物学的性質を無視(または仮定として)して特定の世界を適切に目標とします。プログラムは単純、理解しやすい、幅広い文書化された特定の"目標設定"で構成しなければなりません。当然、これは問題ではありません。[未解読]

[未解読]残念な事に、SCP-4879とSCP-4777を由来とする世界転移から保護する実験は困難です6。4体の被験体は既に存在する局所事象から消え去りました。RK-21は███ ██ ███ ████ ████████、その保護は完全に機能していると考えられます。

[未解読]この活動方針が別の事象を誘発させるかは不明ですが、可能性は低いと考えられています。███████企画とは別に解散する場合、我々が考える危険性が容認されます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。