SCP-1995-JP
評価: +93+x
1000-1.jpeg

1995内部で撮影された1995-1の写真。

アイテム番号: SCP-1995-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 収容及び研究のために、サイト-84がSCP-1995-JPの存在する区画の上に建てられます。SCP-1995-JP内部の探索は原則的に無人探査機によってのみ行われますが、職員が探索する場合はセキュリティクリアランスレベル4の職員2名の承認が必要です。この際、レベルA化学防護服の着用とARAD位置探査プログラムを導入した通信機の所持が義務付けられます。

SCP-1995-JP-1への栄養補給は不要ですが、内部に設置した監視カメラによる監視と無人機による定期的な健康診断とSCP-1995-JP-2の撤去が行われます。撤去したSCP-1995-JP-2は有害物廃棄プロトコルに従って処理してください。SCP-1995-JP-1に敗戦を直接または間接的に伝える行為は急激なショックを引き起こし、収容違反のリスクを高めると推測されます。このためSCP-1995-JP-1との接触の際にはKSM-081の指示する会話パターンに従うことが義務付けられます。指示を無視した場合、通信機の通話機能が一時停止します。

SCP-1995-JP-1がSCP-1995-JP出入口まで接近した場合、機動部隊ん-1("牛飼い")が非常時プロトコル1995-JPを行います。機動部隊ん-1("牛飼い")は禅宗、もしくは密教系宗派の僧侶である職員1000名とオカルト交戦時戦略(COS)の訓練を受け焼夷性の兵器を装備したエージェントで構成されます。プロトコル中の死亡等により僧侶に欠員が発生した場合はただちに補充してください。これはSCP-1995-JP-1が一時的に無力化するまで行われ、SCP-1995-JP-1の無力化後は即座に再封印プロトコル1995-JPへと移行します。非常時プロトコル及び再封印プロトコルについての具体的な手順は文書1995-JP-1-Aを参照してください。

未収容のSCP-1995-JP-2の捜索並びにスサノオ計画に関連する情報の回収作戦は重要事項です。これらの作戦の進行状況へのアクセスを希望する場合は、中央情報管理局への申請を行ってください。

説明: SCP-1995-JPは東京都██区██に存在する、全長200 mの廊下と、廊下の左右両側に4部屋ずつ、最奥に1部屋を備えた合計9部屋の特殊地下壕です。SCP-1995-JPは内部に侵入した人間の生体から時間感覚を喪失させ、クラス1U現実改変能力2を付与します。死んだ人間、人間以外の生物、無生物には能力が付与されません。無人機によって回収された職員の記録から、この能力はSCP-1995-JPを拡張させ続けることに限定され、侵入者がSCP-1995-JPからの脱出に失敗する理由となっていると推測されます。SCP-1995-JP内部は外部との通信が可能であり、双方向通信を行っている場合は現実改変能力が軽減され3、帰還可能であることが判明しています。

SCP-1995-JP内部の様子は前述した改変能力の付与から、人間による認識と機械による記録で詳細が異なります。映像では廊下にはSCP-1995-JP-2の他に目立った特徴はありません。左右の各部屋はすべて約42 ㎡で同じ作りとなっており、家具の配置と回収された書類からSCP-1995-JP-1に関連する計画の研究室とみられています。最奥の部屋のみ約70 ㎡の空間の3方を障子で覆ったものとなっており、障子の内部は和室になっています。和室内部にはいくつかの小児用の玩具の他に特筆すべきものは存在しません。SCP-1995-JP-1は基本的にはこの和室に存在します。以下は第2回の探索から帰還したエージェント木原██のインタビュー記録です。以下のインタビューは人間によって認識されるSCP-1995-JPの代表例についてです。

SCP-1995-JP-1はクラスⅣ現実改変者に指定されているヒト型実体です。外見は身長120 cm、体重20 kg前後の第二次性徴期前のモンゴロイド女性となっています。外見上の特徴として、SCP-1995-JP-1の第七頸椎から上はウシ(Bos taurus)4の成体のオスのものと置き換えられていることが挙げられます。これによるSCP-1995-JP-1の生命維持に関わる問題は発生していませんが、発声が不明瞭になっています。SCP-1995-JP-1は基本的な日本語を理解し、国民学校初等科1年5程度の知識を有していますが、財団の収容が開始してから、SCP-1995-JP-1は肉体精神ともに発達の兆候を見せず、食事や排泄など生命維持活動も行っていません。

SCP-1995-JP-1の主要な現実改変能力はSCP-1995-JP-2の生産です。SCP-1995-JP-1はSCP-1995-JP内部に約360 kg/日のペースでSCP-1995-JP-2を不随意に発生させる他、視認した任意の場所にSCP-1995-JP-2を出現させることが可能です。これは通信機器越しでも発動出来ます。任意でSCP-1995-JP-2を発生させる場合の、1度に生産可能な数量の上限については不明です。

SCP-1995-JP-2は先端が二又に分かれたヨシ(Phragmites australis)の葉です。SCP-1995-JP-2の表面には複数の病原体が付着しており、空気感染によりヒトの伝染病を媒介します。また、SCP-1995-JP-2とヒトの皮膚が接触した場合、なんらかの疾病が必ず発症します6。SCP-1995-JP-2によって感染した疾病は従来のものよりも症状が重篤となり、進行スピードも速くなる傾向があります。以下はSCP-1995-JP-2が引き起こす疾病の代表例です。完全なリストは文書SCP-1995-JP-2を参照してください。

  • 天然痘
  • A群赤痢菌による赤痢
  • 麻疹
  • 結核
  • A型インフルエンザウィルスによるインフルエンザ
  • 腸チフス
  • マラリア
  • ハンセン病

SCP-1995-JP-1は視認した伝染病患者の症状を治癒から死亡まで任意でコントロールすることができます。患者の症状を軽減させる方向へとコントロールした場合、SCP-1995-JP-1の半径1 m以内にSCP-1995-JP-2が出現します。出現するSCP-1995-JP-2の数量と症状の軽減度合いは正の相関関係にあると見られています。

SCP-1995-JP-1は収容開始時から現在に至るまで、第二次世界大戦が日本軍優勢で継続中であると認識しているようです。SCP-1995-JP-1がSCP-1995-JPからの脱出を試みていないのは、この認識が理由であると考えられています。現在SCP-1995-JP-1の思考パターンを矯正する教育プログラムが小児心理学部門から提案されています。

SCP-1995-JPは第二次世界大戦での日本の敗北後、大日本帝国陸軍特別医療部隊(通称負号部隊)7の日本各地に点在していた研究施設を調査していた財団によって1945/08/██に発見されました。SCP-1995-JPの存在する施設は調査当時すでに放棄されており、文書のほとんどが焼却されていました。

補遺: 1995/01/18に兵庫県西宮市██、2011/03/12に宮城県████の沿岸地域で突発的な伝染病の流行が報告されたため現地エージェントが調査を行ったところ、それぞれ約20 kgのSCP-1995-JP-2が回収されました。回収及び患者の財団医療部門への輸送後、地域住民にはCクラス記憶処理が施されました。各地域では伝染病の流行と前後してSCP-1995-JP-1に類似した人型異常存在についての目撃情報が発生しています。さらなる情報についての調査が進行中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。