SCP-1D6-J
評価: +5+x

アイテム番号: SCP-1D6-J

オブジェクトクラス:

  1. Safe
  2. Euclid
  3. Keter
  4. Safeだが、ひとりの眼球を爆発した後Euclidに昇格
  5. Safeだが、10人の眼球を爆発した後Keterに昇格
  6. ダブルKeter

特別収容プロトコル: SCP-1D6-Jは、

  1. 段ボール箱
  2. 標準の3m×3m×3mの部屋
  3. ドアに鍵がかかる標準の3m×3m×3mの部屋
  4. 酢で満たされたオリンピックプール
  5. 聖職者、ラビおよびカウボーイによって保護された地下格納庫
  6. 独自の小宇宙

の中に保管されます。

説明: SCP-1D6-Jは、

  1. 石の立方体
  2. 一般的な家庭用品
  3. 大きな犬
  4. 虫の大群
  5. 単なるどこかの浮浪者
  6. 少なくとも3つの異なる分類群からの身体部分の塊状集積

ですが、

  1. 非常に古く腐食している
  2. とても真新しい
  3. 驚くほど流行おくれ
  4. 触ると暖かい
  5. 放射性
  6. 非ユークリッドの

です。

SCP-1D6-Jは、

  1. ブライト博士の浴室
  2. 発狂してしまった家族が住んでいた郊外の家
  3. 僧侶たちから嫌われていた聖なる寺院
  4. 本来あり得た未来
  5. 本当の未来
  6. 振り返ってみると、別の宇宙からの悪い作用

から回収されました。

SCP-1D6-Jを破壊しようとする試みは、

  1. その必要性が感じられないため
  2. それが不滅なため
  3. それが再生成されるため
  4. それが破壊するには余りにもかわいいため
  5. それが先に研究者を殺害するため
  6. 人々の顔の至る所で[削除済]のため

失敗しました。

SCP-1D6-Jを扱うかそれに接近すると、

  1. 手のひらが毛むくじゃらに
  2. 強烈なパラノイアの感情
  3. 皮膚は非肌物質に置き換え
  4. 集合意識を構成
  5. 消える脚症候群(DLS)
  6. 熱死

になります。

研究ログ: テストでは、

  1. ゴムボールをSCPに投げた
  2. 裸火にそれを露出しました
  3. SCPに彼の問題を話すようにDクラスに命じた
  4. 単語帳の"G"と "M"との間の語を読んだ
  5. マーカーでその上にヒゲを描いた
  6. SCP-682に供えた

を試みたところ

  1. 樟脳の強い匂いがした
  2. 薄膜を越え買い物リストを指示する声がした
  3. あたりが血液で満たされた
  4. 何も起こらなかったが、O5達はとにかくテストを停止するように指示した
  5. サイト22が破壊された
  6. 悪いことに今時間が逆行している

という結果が得られました。

注:

  1. 真夜中にそれに餌をやらないでください
  2. 諸君、ドアストッパーとしてこれを使用するのはやめるように
  3. ポップカルチャーへの言及はすべて厳密に禁止されます
  4. マジでそれは私にウィンクしました
  5. より良い設備と、読書のための明かりの要求は却下されました
  6. それは真実を話しており、我々はすべてその黒い船に乗らなければならない
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。