SCP-2001
評価: +5+x
explosion3(1).jpg

事案2001-19██-1の静止画像

アイテム番号: SCP-2001

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 財団が現在実行可能なSCP-2001の収容手段あるいは防止策は存在しません。その代わりとして、いくつかの代替手段が確立されています。NASAあるいはその他の宇宙関係団体に属していないガンマ型及びベータ型個体を監視し、必要に応じて拘留する必要があります。宇宙関係団体に就業、加入している人物がガンマ型もしくはベータ型感染の兆候を示す場合、その人物は解任され、記憶処理剤を投与されなければなりません。20██/10/21より、アルファ型の症状を発症している全ての人物はセクター██の██棟にて留置されます。アルファ型個体が天文学・宇宙航行関連の機器に接触することは一切認められません。SCP-2001スクリーニング義務検査は財団の全職員に適用されます。

補遺 19██/4/22: 事案2001-19██-Aに照らして、SCP-2001の症状を示す財団職員は直ちに解任されます。事案報告2001-19██-A(要クリアランス:レベル4以上)を参照して下さい。

説明: SCP-2001は、人間の4つの睡眠段階中の3つの段階において発生する神経振動1の異常な活動です。3つの段階のいずれかにおいて、扁桃体は10~15分の間2自発的に高活性状態に入ります。SCP-2001活性状態の終了時、対象はSCP-2001が発生した際の睡眠段階に応じて、3つの反応状態(アルファ、ガンマ、ベータに指定されます。)のいずれかに調整されます。

SCP-2001発症の偏りはいかなる人種、信条、性別にも見られません。遺伝的異常はSCP-2001とまったく関連していません。SCP-2001の分光分析は、その活動が神経内のものではない可能性を示唆しています。;それどころか外部要因に由来している可能性があります。SCP-2001、特にアルファ型に関する特記すべき事実として、近年、天文学者や宇宙飛行士、その他の宇宙に関わる人々3の比率的に大規模な集団への感染が広まりつつあります。

SCP-2001感染には3つの反応型があると見られています。:4

ガンマ: ノンレム(NREM,Non-Rapid Eye Movement/急速眼球運動を伴わない)睡眠の第2段階中にSCP-2001が発生する対象は、ガンマ型個体に指定されています。ガンマ型個体は宇宙旅行の話題への非難的な態度を除いて通常集団との見分けがほとんどつきません。ガンマ型個体は会話で宇宙や宇宙探査について話し合うことへの激しい嫌悪を示し、有人宇宙探査の研究・開発に関係するありとあらゆる組織を避けます。現在、全人口の█%がSCP-2001のガンマ型症状の影響下にあるものと推定されます。

ベータ: ノンレム睡眠の第3段階中にSCP-2001が発生する対象は、ベータ型個体に指定されています。ベータ型個体は宇宙探査への明確な反対姿勢を特徴とします。ベータ型個体は会話において宇宙探査の重大性と安全性を非難し、"極めて危険"あるいは"無益"といった言葉を引き合いに出します。また、ベータ型個体によく見られる傾向として、人間が宇宙へ行ったことに関する精巧な陰謀論の構築が挙げられます。ポピュラーな宇宙関連の陰謀論の推定██%は、[編集済]を含む1人以上のベータ型保因者に直結しています。上記の個人がSCP財団もしくはその傘下組織とまったく交流を持っていなかったという事実は注目に値します。

アルファ: レム睡眠のいずれかの段階において発生するSCP-2001は、アルファ型個体を生じさせます。アルファ型個体はあらゆる形態の宇宙飛行を積極的に中止、妨害しようとします。アルファ型感染の症状を呈する人物は、宇宙研究・宇宙飛行に関係する個人、中心施設、活動に対して、危害を加えるかそうでなければ妨害を試みます。アルファ陽性の財団研究員が事案2001-19██-A(要クリアランス:レベル4以上)に直接関与しました。

文書SCP-2001-01

文書 SCP-2001-09

補遺 19██/4/30: SCP-2001の潜在的ミーム特性に関する研究は現在進行中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。