SCP-2003
評価: +5+x
refinery.jpg

████████, ██████にある██████精製所に隠されている武装サイト-47

アイテム番号: SCP-2003

オブジェクトクラス: Thaumiel

特別収容プロトコル: SCP-2003は武装サイト-47、タイプ4制限ゾーンに収容されています。タイプ4規約に従い、SCP-2003の研究、保安、維持管理を担当する職員は拡張身辺調査手順とホイバーグ-カザワ因果質問調査を受けることになっています。SCP-2003自体への出入りはサイト-47管理官の事前の許可の下、XN-指導者計画の参加者に限られています。

確定事象、確率上昇事象、指定拡大者、XN-指導者計画の全情報は機密とし、アクセスはサイト-47管理官、O5-7、SCP-2003保安規約に記される職員にのみ限られます。

確定事象XN要因より指定された指針データの大きな逸脱が確認された場合、サイト-47管理官に即座に報告し、Level5"実存的脅威"非常事態反応事象としてみなされます。

説明: SCP-2003は主流科学によって理解されている時空間の通常な推移の中で、ある程度の期間の未来に先立って行き来することのできる装置です。SCP-2003はSCP-████、SCP-███、SCP-████の研究に由来する技術を使い、25年の期間を超えて財団によって設計、建築されました。SCP-2003の技術的能力と設計仕様は必要に応じ十分に記録、複写されていますが、機能に基づく科学的根拠及び異常性は現在理解できていません。

起動と同時に、SCP-2003は中央容器に収容されている生命体を物理空間上の現在位置から、その延長線上にある未来の時間における位置へと移動させます。被験体が移動する時間量はSCP-2003に入力されたエネルギー量に関係します。3500kWhではおよその推定で対象を7ヶ月先の未来へと送ると記録されました。しかし、この関係性はより高いエネルギーレベルでは予測できなくなります。

SCP-2003を使用している被験体は元の時間と現在の位置の境界点に自発的に戻るまで、15から38週の範囲で変動する時間の中に存在します。安全のため、被験体が元の時間に戻るのを待つ間、安全箇所が運転中に確立されます。運転はSCP-2003起動後98日の体験を報告しなければなりません。

SCP-2003は生きた被験体を年代移動させることができますが、稼働過程においてほとんどの種の動物及び植物の組織に重大な損傷を与えます。唯一の例外は動物の神経系に関する組織であると実証されました。この結果を受け、SCP-2003移動に指定された職員は、相応の準備をしなければなりません (詳細は追加文書を参照) 。

現在の状況での実験において、SCP-2003は2348年12月までは財団制御下で機能を残していることが示されました。

付録2003-A: SCP-2003研究の全体的な結果

SCP-2003の最初の配備は1995年に始まり、職員が将来の状況と出来事を観察できるように修正されました。これら配備の目的はSCP-2003を利用した移動の性質の確認と、可能であれば財団がよりよく将来の異常現象のデータ収集を簡易にする為でした。この最初の調査任務の結果は将来観察される出来事を理解するためのいくつかの重大な素因を示しました。

SCP-2003を用いて得られたデータは不正確です。初期の調査任務では将来で起きたかのように見える出来事に関する夥しい量のデータが得られました。しかし、その後の観察で、これらの観察は全てを予測するわけではないことが確認されました。例として、財団資産が集めたデータは1997年のサイト-19でのSCP-███の重大保安違反を防止できた一方、1999年のアメリカ西海岸沖 (SCP-2003を用いた実地エージェント数人が直接観察済) が発生源の破壊的地震の予報には失敗しました。より多くのデータを集めた上でのメタアナリシスは観察結果を適切に解釈可能で、将来起こり得る重大事象を対象としました。

特定の個人が因果律に不相応な影響を及ぼすようです。財団の将来起こり得る事象の一覧が多くの調査任務の完了後に増加したため、特定の事象は財団の任務に相応しく無いと判断されました。初期のこれら事象に影響を与える試みは様々な結果を及ぼしました。一部個人の取り扱い及び排除で任務目標を達成する一方、その他の事象に影響を与える財団の試みとして数人の重要と思われる人物を粛清しても一切結果を変えることができませんでした。メタアナリシスは場合によって重大な事象と関連が見られない個人の行動 (またはまさしく存在) が、時折数千km離れた場所でこれら事象に対し即座に重大な影響を与えると確定しました。この発見以降、研究職員はこれら個人のデータベースを維持することにしました。

僅かしかない凝り固まった"未来"は、都合の良い人類存続を許しません。観察された状況がそれぞれ任務調査で変化する傾向を示す一方、いくつかの大雑把に一致した"予定"が観察され、確定事象として財団データベースに一覧化されました。殆どの確定事象は地球が人間文明 (場合によっては全生命体) にとって相応しくない状態に、または殆どの人類の健康に対して直接的に有害な状況に陥る総体的な未来から成ります。長期生存シナリオが相対的に少ない理由は、もしあるとするならば現在は不明であり、財団全体で記録される異常現象の観察が着実に増加している事の接点も判明していません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。