SCP-201
評価: 0+x
005.jpg

回収時のSCP-201

アイテム番号: SCP-201

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 職員はSCP-201の40m以内に近づいてはいけません。全ての業務は遠隔操作された機械を介して実行されます。保管室内に立ち入るいかなる職員も必ず2名の警備員を随伴しなければなりません。保管室内の全ての職員は壁に安全縄を繋げた拘束ハーネスを着用しなければなりません。ロープは最小安全エリアの3m以内へのアクセスを許可します。この距離を超える事は、保管庫内と形式的規律からの物理的な除去に帰結します。

SCP-201による影響を受けた者は、接触、消失、及び帰還の時刻と日付に加え、全ての個人情報をログ███████に記録されます。再出現した被験者はエージェントの手で出来るだけ早く回収し、即座に報告を求められます。

説明: SCP-201は表面的にIVスタンド(訳注: 点滴用スタンド)に似た、非常に古い医療機器の一つであるように見えますが、それには多数のガラス及び金属の部品が接続されています。SCP-201は、1.8m(6フィート)の高さがあり、36.5kg(80ポンド)の質量を持っています。金属部分は、鋼、真鍮で作られ、様々な部品がゴム管で接続されています。二つの"IVバッグは"磁器で出来ており、上部が開いています。SCP-201は████████████████病院内の長らく使われていない倉庫で発見されました。病院内の記録からはSCP-201に関するいかなる記述も見つかりませんでした。

SCP-201の30m以内に被験者が近寄ると、別の次元へと飛ばされる対象となる可能性が発生します。この効果は完全にランダムであり、いくつかの被験者はSCP-201への接触後も全く影響を受けないままでした。影響を受けた者は最初に接触してから1時間から48時間の間に私達の世界から消失します。転移期間は数時間から8年以上と多岐に渡ります。この異世界で過ごした時間は我々の世界で経過した実際の時間から大きく異なる可能性があります。

この異世界は以下の例外を除き、我々の世界と同じであるように見られます。

  • 常に光が黄昏の状態にあり、しかし全ての時間で太陽や月は見られない。
  • 非常に高密度の灰色の霧の層が地表の低い部分を流れている。これらの霧の層は風の影*響を受けず、露出している肌に対して非常に粘着質で汚れた感触を与える。
  • 何処にも植物や動物が存在しない。都市を含む全ての人間の住居は、ある日突然全ての生物が同じ瞬間に消失したかのような状態に見られる。
  • 殆ど、あるいは全ての電気系統が壊れているか、電力が失われているように見られる。
  • 空気がランダムに灰褐色の色合いにかかり、強風を伴う。

この"異世界"に転移された被験者は、初め驚きと好奇心を覚えますが、間も無く非常に強い孤独感と恐怖に置き換えられます。その苦しみの度合いは個々の被験者と転移されている時間によって大きく変移します。転移時間が終わると、被験者はこの"異世界"から私達の世界に戻され、そしてそれは特に都市部において非常に多くの衝撃を引き起こすことがありえます。3ヶ月以上の転移期間を経験した被験者は、殆どの場合独房に監禁される事と一致した長期に渡る精神的ダメージに苦しめられます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。