SCP-201-JP
評価: +76+x
blank.png

アイテム番号: SCP-201-JP
 
オブジェクトクラス: Euclid
 
特別収容プロトコル: SCP-201-JP発生区域である秋葉原駅は現在、01:00〜04:00の間に限定し財団の管理下に置かれ、機動部隊に-03"国境警備隊"による警備の下で出入国管理と情報管理措置用の検問所が開設されます。当検問所に於いては専用の管理と審査マニュアルが編纂されており、業務にあたる職員全員に対して、このマニュアルを基本とした14日間の研修が義務づけられています。
 
現在、それぞれの次元に対する調査行動は原則として慎むとの方針が策定されています。調査活動はあくまでSCP-201-JPに関連する事物を対象とし、他次元への組織的な干渉は禁じられています。 
SCP-201-JP調査チームには広範な調査権限が与えられていますが、実地調査に於いて他次元に於ける何らかの存在との利害衝突が発生しうると判断される場合は、調査を中止しSCP-201-JPの正常な運行を優先してください。

SCP-201-JP-1による、不渉パスの第二機能の使用が確認された場合、当現象は機密違反事例3項に該当しています。具体的な対処法は機密違反事例3項の対処項目を参照してください。
不渉パスの第二機能の使用を可能な限り防ぐため、SCP-201-JP-1に対しては、1名につき最低でも8名規模の偽装エージェントによる監視と補助を行ってください。これらの措置はSCP-201-JP-1に気付かれないように行い、当該対象が帰還するまで継続してください。
実験や探査により確保された不渉パスは、当該オブジェクト研究サイトの特殊静物保管庫に保管してください。
 
説明: SCP-201-JPは毎日01:30〜03:00に、秋葉原駅山手線路線の2番線、3番線で発生する、4両編成の電車です。出現する電車の回数は日によって異なり、どちらの番線に出現するのかも不定期ですが、平均しておよそ11分間に一度の頻度で出現するようです。
電車の向きは、通常の山手線と同様、2番線に出現する車両は上野・池袋方面を向き、3番線に出現する車両は東京・目黒方面を向いています。
 
SCP-201-JPの外観と内部はE235系電車と同様のものですが、なんらかの企業広告等は現在まで確認されていません。車体構造については目立った異常は見られないものの、未調査の部分が多いため、調査チームによる実地調査と検証が一週間毎に行われています。
SCP-201-JP内部には不定数のSCP-201-JP-1が乗客として存在します。SCP-201-JPの出現後、3〜4秒で車両ドアが開放されると、一部のSCP-201-JP-1が降車します。その後SCP-201-JP-1は改札を通過し、秋葉原駅外まで移動しようとします。
 
SCP-201-JP-1は知性を有した実体の生命体です。個体によって姿形が大きく異なるものの、共通する点としては、基本的に理知的かつ友好的であり、日本現代語をコミュニケーションに使用する点が挙げられますが、生物学的あるいは化学的には生命ないし実体として見なすに困難な身体構造を持つ個体が多く、詳細な調査は難航しています。
SCP-201-JP-1は、SCP-201-JPに対する調査と探査により、4次元以上、あるいは3次元未満の次元に於ける知的生命体であると仮定されています。この仮定はSCP-201-JPへの探査実験の結果によって高い信憑性を得てはいますが、高次元の存在そのものが未検証の分野であるため、今後否定される可能性も残っていることに留意してください。

SCP-201-JPは車両ドアを閉鎖し発車ベルを鳴らすという通常の手順を踏んだ後に消失します。SCP-201-JP-1や探査任務参加者の証言によると、消失後は時間の感覚が希薄になり、一つ他次元の駅へと到着していると思われます。
SCP-201-JPには内回り路線と外回り路線があるという証言もあり、内回りに乗車した場合は高次元の世界へと進行し、外回りに乗車した場合は低次元の世界へと進行していくと言われています。これらの次元移動の上限は30で下限は1とされており、実際の山手線同様の円環構造の経路になっていると思われています。

SCP-201-JPに乗車して消失した乗客は、車両内で車掌とされるSCP-201-JP-1に不渉パスの所持を確認されます。この時不渉パスを提示しなかった場合は、その場で現金729円を支払って不渉パスを購入するよう要請されます。これを拒んだ乗客は自分が所属する次元の駅へと転移させられると思われます。
不渉パスは3次元世界に於いては紺色の木板であり直接的な異常を一切示しませんが、どの次元に於いても有効である二つの機能を有しています。第一機能は不渉パスを所持してSCP-201-JPから降車した場合に即座に現れ、乗客の姿形や身体的機能を当該次元に適応したものへ変異させます。他次元の統治機構との接触や交渉は全てこの機能を利用したものであり、この有用性から、SCP-201-JPに対する完全封鎖の実行は見送られています。
この第一機能は乗車中にも限定的な効果を発揮していると考えられており、車内でも問題なくSCP-201-JP-1とコミュニケーションが可能である理由であるとされています。

第二機能は乗客が他次元に滞在中、不渉パスの第二機能の使用を強く意識することで現れます。第二機能の活性時には、所持者を当該次元の存在から完全に遮断もしくは保護すると考えられています。この機能によってSCP-201-JP-1は財団による追跡や干渉から完全に脱してしまうため、SCP-201-JP-1の収容形態や調査態勢の完全性を欠く結果となっています。
第二機能の使用によって乗客は不渉パスの第一機能の影響からも脱してしまうため、第二機能の起動そのものが重大な機密違反を起こしうるとの観点から、現在はこの第二機能を使用されないよう、柔軟な監視と補助によって穏便に滞在を終えさせるという方針が取られています。

SCP-201-JP-1に対する調査記録:

分類名 概要 外見的特徴 3次元での外見的特徴
SCP-201-JP-1a SCP-201-JPの車掌。乗客の不渉パスの確認を行い、未所持者にはその場での購入を要請する。提示を拒んだり要請に応じなかった乗客を体内に飲み込むが、実験の結果から推察するに、そうした乗客は全て自身が本来所属する次元の駅のホームに転移させられていると思われる 灰色に爛れたような、粘性の高いゲル状物質が人型をとったもの。常に上から下へ流れ落ちているが、尽きることはなく、床に広がることもない。3次元由来のJR東日本正式採用の制服を着用している 不明
SCP-201-JP-1b 6次元人。趣味としてSCP-201-JPには毎日乗車している。財団の調査に対して非常に協力的 厚みの無い稲妻型の模様が放射状に組み合わさり、中心部に黒色の球体が浮遊している 褐色肌の日本人男性。40代中頃。やや肥満体型
SCP-201-JP-1c 11次元人。交易のため13次元と2次元へ度々向かうと証言。不審には思っているものの調査には概ね協力的 常に回転している4本のねじれた円柱。両端部から常に粘性の低い高透明度の液体を噴射しているが、着地前に消失している 左目が義眼の日本人女性。20代前半。痩せ型でスーツを常用している
SCP-201-JP-1d 1次元人。調査のためにSCP-201-JPを利用している。財団に対しては非協力的だが遭遇頻度は高いため注意を要する 存在せず 不明
SCP-201-JP-1f 4次元人。通勤のため毎日SCP-201-JPを利用していると証言。勤め先は3次元の███████だが証言と追跡調査に基づいて、財団フロント企業により買収済み 全身が常に流動している、乳白色の人型をした液体。時折姿にノイズのようなものが発生する 中肉中背の30代男性。しばしば異性より好意を持たれる容姿
SCP-201-JP-1g 26次元人。3次元的な概念によって表現不可能な理由からSCP-201-JPを利用していると証言。調査に非協力的ではないが、自己と他者を区別しないため非常にコミュニケーションが困難である 球形に集合した様々な色合いの光線。18秒毎に球形は崩れ、光線は空間中を這うようにうねった後に再び球形を形成するという運動をとっている 常にヘッドホンを着用しているコーカソイド女性。60代。歩行補助用の杖を使用して歩行する
SCP-201-JP-1k 19次元人。技術研修のためSCP-201-JPを利用し、主に3次元と5次元と11次元と25次元へと移動している それぞれ異なった幾何学模様の描かれた旗が4本刺さっている、豚肉に似た肉塊。技術研修の成果を応用した姿であると証言した 長身の20代後半の日本人男性。右側頭部の頭髪が常に跳ね上がっている
SCP-201-JP-1l群 8次元人。家族旅行で3次元に7日間滞在した。総勢19名 人型に組み合わさった18個の歯車と、頭部に位置する時計。歯車と時計の全てがそれぞれ意思を有した別個体であり、組み合わさりながらもそれぞれ独自に動作していた 20代の日本人男性1名、20代の日本人女性3名、残りの15名は10代前半の男性9名と女性6名。どれも異なる容姿だったがDNAは近親者としての一致が確認された

 
補遺1: SCP-201-JP乗車探査記録
 

探査者: エージェント・有角

対象: SCP-201-JPと各停車駅近辺

備考: SCP-201-JP消失後は通信が不可能になるため、探査者には記録用の機材を装備させてあらかじめ調査の概要を伝達した上で、個人の判断により記録を行ってもらう形式とした。また、逃亡の危険性が考慮されたためDクラス職員は探査の初期段階から使用されていない。本探査の目的はSCP-201-JP消失後の経過を調査することである。また、本探査が行われた時には、対象が規則的に高次元と低次元を移動しているとの知見は得られておらず、単に"異なる空間"とのみ認識されていた。

<記録開始>

SCP-201-JP車両内の様子が映し出される。平常時と変わったところは無いが、車両は運転中であるかのように運動しており、揺れや音も記録されている。窓から見える風景はひたすらトンネルの内部壁面のようなものが高速で流れていくだけである

エージェント・有角: よし、うまく映っているな。消失と同時に車両が動き出したようだ。静止時と同様変わったところは無いが、窓の外はずっとトンネルのようだ。

車両内を見渡すように映像が動く。カメラが車両の前方を向いた時、連結した車両が左へカーブしているかのような形で連なっているのが確認された

エージェント・有角: 乗客は、一人いるようだ。これまで、降車してきた数体の実体とのコミュニケーションに成功していたが、なんというか、車両の中では、やはり全く人間らしい姿はしていないらしい。

カメラがエージェント・有角から向かって右前方の座席付近で浮遊しているSCP-201-JP-1へと向けられる。外見的特徴から、この個体はSCP-201-JP-1bと同種だが別人の個体であると思われる

エージェント・有角: 今回は接触よりも、これまでの探査チームや乗客たちの証言にあった各停車駅の記録を優先させる。余計な動きは極力控えたく思う。車掌がきた。

車両後部方向より車掌であるSCP-201-JP-1aが出現し、不渉パスを提示するようエージェント・有角に指示した。既に他の被験者が以前の実験で購入していたものを見せたが「他人のは使えない」と言われたため、その場で729円を支払い新たに購入した

エージェント・有角: どうやら、我々にはわからないが、不渉パスにはそれぞれ明確な違いがあるらしい。持ち主を照会する仕組みがあるのかもしれないが、車掌は一瞬で見抜いた。どういうシステムなのか見当もつかない。

3分後、車両が減速し始めたような動きを見せる。窓の外の風景も単なるトンネルから、赤と青と黄色の模様が組み合わさったまま蠢いているかのような映像が一面に続いているかのようなものに移っている。車両は停車すると、ドアを開放し、SCP-201-JP-1fと外見上の類似が見られる個体が1名乗車してきた

エージェント・有角: どうやら停車したらしい。降りてみる。車両内から見た外は訳がわからないふうだったが、降りたら違うかもしれない。駅に降りる人員は俺が初めてのはずだ。

カメラがエージェント・有角に所持されたまま降車する。その直後、映像は赤と青と黄色の不明なパターンを画面上を埋め尽くすように連続させ始め、音声は途切れ途切れでまるで意味をなさないものとなった

[8分経過]

映像と音声が回復する。記録装置とエージェント・有角が既に車両内に戻っている様子が映る。エージェント・有角は興奮した様子であった

エージェント・有角: [呼吸音] すごかった、かなりとんでもない。降りてみたら、映像と音声が全く機能しなくなって、俺が見たり聞いたりしたものを正確に捉えられなくなった。だがとにかく、降りてみたら人がいた。今のこの、俺の、人間のような姿じゃなかったが、人間だと感じた。駅もよく見えた。本当に、あそこは駅だった。しかも見覚えがあった。あの構造もそうだったが、何より掲示板が見えた。俺はそれを読めたんだ。

車両内はエージェント・有角の他は無人である。この時点で、エージェント・有角は帰還用の車両に乗車していたのだと思われる

エージェント・有角: ここは御徒町だ。4次元世界にある御徒町駅なんだよ。

<記録終了>

現在の所感: エージェント・有角は21分間の探査実行の後、3番線側に出現した車両内で発見された。中枢神経全般に負荷がかかっており、記憶の混濁が見られたことから、不渉パスを長時間手放しての探査を独自に実行していたと思われる。回復措置と記憶処理によって当該職員は既に職務に復帰しているが、SCP-201-JPの担当からは異動された。本探査の成果とSCP-201-JP-1bの証言の裏付けにより、SCP-201-JPは複数次元を規則的に移動している異常存在であると結論づけられている。

 
補遺2: SCP-201-JP-1へのインタビュー記録抜粋
 

対象: SCP-201-JP-1b

インタビュアー: 後藤田博士

備考: インタビューはSCP-201-JP内で行われたものである。SCP-201-JP-1bは明確な降車駅を定めず、できうる限り長時間SCP-201-JPに乗車し続けようとするため、インタビューの対象として適正であると判断された。SCP-201-JP-1bに対しては、単なる好奇心から個人的にこの列車のことを教えて欲しい、という形で要請をしており、財団の存在については通告していない。

<記録開始>

後藤田博士: どうもテイネさん(SCP-201-JP-1bの呼称)、失礼ながらまたお話を聞かせていただきたく思いまして。

SCP-201-JP-1b: あーっ、どうも後藤田さん。ちょうど良かったですよ、今日はいい日和ですから、10次元のモンデキセンがすごく綺麗に映るんです。

後藤田博士: それはすごく楽しみですねえ。あっ、不渉パスを出しておかないと。

後藤田博士がザックから不渉パスを取り出し、まじまじと眺める素ぶりを見せる

後藤田博士: そういえばテイネさん、この不渉パスって、やっぱり次元毎に形が違うものなんでしょうか?

SCP-201-JP-1b: いえ、そういうわけではないですよ。うーん、どうやって3次元流に言えばいいかな。不渉パスは確かに形を持ちもしますけど、本質的には存在でしかなくって、それぞれの次元の法則の中で相応しいものになる、ということでしかないんですよ。特定の形を持たないもので、特定の形を持たないから、かえってどんな形でも問題無いんです。

後藤田博士: 難しい問題になっちゃいますね。この電車には絶対必要なものなのに、実際は"もの"ですらないってことですか?

SCP-201-JP-1b: この電車のことは子供の頃から大好きなんですけど、まだまだ私にもわからないことが沢山ありますねえ。運営も、実際にはどの次元なのかわからないんです。

後藤田博士: 電車を運営しているのが誰なのか、わかってないんですか?

SCP-201-JP-1b: 私の友達はどうせ30次元人だろうとか、4次元人の学者さんからは1次元人じゃないかって意見も出てるみたいですが、私はどうも、3次元に所縁のある誰かが運営しているんじゃないかって思うんですよ。

後藤田博士: 面白そうな話ですね。

SCP-201-JP-1b: 考えてみてくださいよ、この車内は3次元の法則を基本として造られてます。存在同士がコミュニケーションを取ったり、干渉し合うには3次元ぐらいに落とし込むのが効率的で都合もいいっていう理屈はわかりますけどね、車掌の格好まで3次元準拠じゃないですか。

後藤田博士: 3次元人の私から見れば、テイネさんは全く3次元人には見えませんが、それでも車内は3次元の法則で出来ているんですか? 今は3次元で降車したときのテイネさんとは別の存在に見えますよ。

SCP-201-JP-1b: そりゃあね。車内は3次元法則で私は6次元人ですから、3次元の法則に当てはまり切らない部分が世界や認識そのものに反映されない、言ってしまえば欠けた姿を後藤田さんは見ている訳ですよ。私の構成要素は6次元的なので、3次元の存在には認知し切れないんです。でも降車した時には、その構成要素がまるごとそこの次元に適するよう変換されるので、3次元人に見えるようになるんですよ。不渉パスの効果ですね。

後藤田博士: 車内は3次元法則だけど、乗客たちはその法則に完全には適応していない状態で乗っているということですか。危険じゃないんですかね?

SCP-201-JP-1b: んー、正直言って危険なはずなんですけど、事故が起きたって話は聞きませんね。ええと、何の話でしたっけね。

後藤田博士: 電車の運営陣が3次元人じゃないかっていう

SCP-201-JP-1b: ああ、そうだったそうだった。それで、まあ、私たちが今こうやって普通に話せているのも、法則をある程度は3次元で統一しているからですけども、別にここまで3次元で染め上げる必要は無いんですよ。3次元的に表現されきってないとはいえ、6次元的存在のままの私が車内に存在できている以上、車内に3次元以外の要素がもっとあっても本来問題無いと思うんです。

後藤田博士: 確かに、私に見えている光景がどの次元の皆さんにも同じように見えているのだとしたら、ちょっと3次元的な要素が多いように見えますね。

SCP-201-JP-1b: そうでしょうそうでしょう。だから、この事業を始めた誰かさんは、その雛形を作るにあたって3次元の要素を自然に多く取り入れた、つまり3次元に所縁のある人だと思うんです。まあ人じゃないかもしれないですけど。

後藤田博士: 面白いですねえ。調べる方法はないんでしょうか?

SCP-201-JP-1b: 運休とか、路線変更とか、いつもと違う何かをしてくれればそれを手掛かりにも出来るんですが、ダイヤの微調整はあっても、毎日確実に運行してますからね。確かめるのは難しいんじゃないかなあ。

後藤田博士: 残念ですね。

SCP-201-JP-1b: いいんです。私は大好きな電車に毎日乗れるってだけで十分ですから。

後藤田博士: そういえば、私の次元ではこの電車の存在はあまり知られていないんですが、他の次元ではどうなんでしょうね?

SCP-201-JP-1b: あー、1次元人の調査員をよく見かけますね。あとは風の噂程度ですけど、21次元と13次元ではこの電車と同型の移動手段が普及しているとか聞きましたね。あとはよくわからないなあ。少なくとも私の次元では結構ポピュラーな次元間移動手段ですよ。

後藤田博士: 6次元の方結構よく見かけますものね。

SCP-201-JP-1b: そうですねー。でもやっぱり、次元が違うとかなり価値観というか物の見方も違ってくるので、大きな移動が頻繁にあったりはしないみたいです。現に14次元は駅を閉鎖しちゃったみたいですし。

後藤田博士: 閉鎖されたと言っても、不渉パスの効果で閉鎖を抜けちゃったりは出来るんでしょう?

SCP-201-JP-1b: まあそうなんですけどね。不渉パスの第二機能って、使うとその度にお金に類する資源を取られるんですよ。だから使わずに済むなら、その方がいいですよね。

後藤田博士: へえ、それは知りませんでした。

SCP-201-JP-1b: まあ何にせよ、穏やかで平和にやっていきたいですよね。せっかく高次元とも繋がってるんですから。あっ、そろそろ10次元世界の駒込駅ですね。停車している間にモンデキセンを見に行ってきたいので、ここで一旦失礼しますね。

後藤田博士: いえいえ、遠慮なさらず。私もちょうど乗り換えるところですから。

SCP-201-JP-1b: あっ、それじゃあ今回はこのあたりで、どうも、お疲れ様でしたー。

後藤田博士: いえいえ、今日もありがとうございました。それでは。

<記録終了>

終了報告書: SCP-201-JP-1bが示唆したSCP-201-JPの由来について調査の必要性があります。発生の原因が3次元世界にあるならば、困難な状況にある収容実態の改善が可能かもしれません。しかしながら不渉パスに関係する所持者の心理に、消費という観点が加わっていることが判明した以上は、今の所はやはり現状の収容態勢の維持が必要であると言わざるを得ないでしょう。

 
SCP-201-JP-1bによる証言は有用であるとされていますが、SCP-201-JPが3次元に由来した存在であるとの見解は根拠不十分として調査の実施は見送られています。他次元の調査、あるいはSCP-201-JP-1からの多様なデータ採取は現在も進行中であり、段階的な調査と特別収容プロトコルの策定を優先させる他は無いとの結論が研究チームによって公開されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。