SCP-2013
評価: +6+x

アイテム番号: SCP-2013

オブジェクトクラス: Keter Safe

特別収容プロトコル: SCP-2013はエアロゾル型カーディフ(Cardiff)化合物の世界的散布によって処理されます。散布は財団保有の航空機を介して行われ、その行程は一般航空機の航跡として偽装されます。SCP-2013の影響を受けた財団職員は、感染の治療のため定期的なクラスC記憶処理剤の投与を受けます。治療を拒否した職員はクラスA記憶処理を施され、財団から解雇されます。

後世のために、これまでのSCP-2013に関する文書は全て保管されています。以前の収容手順を閲覧するには、パスワードを入力して下さい。:

説明: SCP-2013とは、ルナール(Renard)クラスのミーム媒介を指します。SCP-2013は視覚、聴覚、触覚1を媒体として流布し、約72%の感染率を有します。

SCP-2013は感染者に対し、SCP-2013-Aについての確信を発現させます。彼らの主張によると、SCP-2013-Aとはアメリカ、イギリス、イラン、ロシア、北朝鮮を含む各国政府に潜入している地球外種族です。SCP-2013の影響を受けた人物が寛解することはありませんが、定期的な記憶処理剤の摂取か投与によって治療することは可能です。更なる感染はカーディフ化合物の世界的散布によって防がれています。現在、SCP-2013-Aの存在を信じている人々は地球総人口の1パーセントを切っており、最も高い信奉率を示すアメリカでは国民の4パーセントがSCP-2013-Aの存在を信じています。

SCP-2013に起因する妄想とは対照的に、以前にはSCP-2013-A個体は実在する異常存在であると考えられていました。以前の文書を閲覧するには、パスワードを入力して下さい。:

補遺: ████/06/05、SCP-2013-A個体であると信じられていた人物が自然死しました。財団は遺体を引致し、SCP-2013-A個体だと言われていた当該人物を調べるためだけに解剖を行いましたが、実際には普通の人間でした。非感染者による更なる検査によって、保管されていたSCP-2013-A個体の故人は、実際には全員が人間であることが明らかとなりました。SCP-2013-Aに関するあらゆる報告は、SCP-2013の影響下にある人物によって書かれたものでした。

この情報を受け、我々はヘレフォード・プロトコルの中止措置を行っている。;SCP-2013に関する新たな収容手順が作成された。 -O5-2

SCP-2013について更なる情報の閲覧には、パスワードを入力して下さい

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。