SCP-203
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-203

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-203は、動力が入っていない間は研究区画██の貯蔵庫3-Aに保管されます。突発的に防護機構が活性化した場合に備え、貯蔵庫3-Aを警護するため音響フィルタ装備を備えたDクラス職員が2名必要です。活性化中は、SCP-203はどのような試験手順にも武装した同行者が随伴します。

説明: SCP-203は一見、以前は年齢不詳のコーカソイドの人間の男性だったように見えます。対象は身長2.5m(ただし、不規則な筋組織が示すように、「骨格」構造によって対象の本来の身長より増加していると推論されます)、体重は200kgです。

対象の全骨格は除去され、対象自身の意思で動くように見える鋳鉄製の機械構造で置き換えられています。筋組織と無関係に、この構造はSCP-203の歩行能力の唯一の起源であるように見えます。対象の体の数か所に置いて皮膚は分断され、皮下の金属構造をのぞかせています1。これらの部位に加えて、おそらく審美的な図形を形成するために、金属構造の一部が意図的に皮膚から突出するように作られているようです2。以下の追加改造[原語: augmentation]が含まれますが、これだけではありません:

  • 指は延長され、約1mの長さの鋭いとげになっています。
  • 唇は失われ、それによりSCP-203には顎の骨がないのが分かり、頭骨は単一の中空部品であると推察されます。残った口腔組織はいくつかのフック状突起で「頭骨」に連結されています。(本来)口のある位置には小さなスピーカー様の格子が接合されています。この改造部は不明なメカニズムを通じて基本的な声を生じさせます。
  • 脊椎は区分けされた鉄の棒で置き換えられ、数本の鋭いとげが適当に植え付けられています。
  • 脚部には2つの追加関節があり(機能上趾行性であるように見せています)、そこから用途不明の管が出てきて背中へと延び、接続されています。
  • 胸郭は胸骨を欠き、対象の横隔膜の収縮に伴って皮膚を内向きに引き込みます。
  • 両耳は除去され、皮膚はホチキス止めされています3
  • [削除済]は除去されています。
  • 足の指はすべて除去され、どことなく安全靴の金属挿入物に似たひと塊の鉄で置き換えられています。かかとは類似の金属挿入物で改造されています。
  • 眼球は残存していますが、眼窩から突き出した数本の針によって前向きの位置に固定されています。瞳孔は恒久的に散大しているようにみられ、光に反応しません。

声帯を欠いているにもかかわらず、SCP-203はその顔面にある「スピーカー」を通じて言語的にコミュニケートできます。或る程度英語を解するようですが、その主要な言語はこれまでに知られていないアラビア語の方言であるようです。SCP-203はその改造以前の人生の記憶がなく、ほぼ常に苦痛と混乱を感じています。

SCP-203は72時間の間駆動する内部動力ユニットで駆動し、その後3~4時間続く休止状態に入るようです。対象はそうした「睡眠」の期間は他のみじめな存在期間からの唯一の逃避だ、と述べていますが、にもかかわらず故意にこの動力源を不活化することはできません。対象の陳述が真実であるか確かめる術は現在なく、職員は対象の痛みや気鬱の表現を同情を集める手段と見るべきであり、無視すべきです。

X線、CT、超音波ほかの映像診断手段4ではSCP-203の内部機構を皮下レベルを超えては透視できないことが判明しており、検査手術は[編集済]である二次的防衛機構を活性化させます。

最近SCP-203には高周波の「金切り声」を発する能力があることが分かりました。この音は表面上ハウリング[原語: audio feedback]に似ており、人間の神経系に深刻な破壊効果を有します。しかし、この機構は対象が刺激されたり傷つけられたときのみ活性化します。この能力に関する更なる情報については、添付の実験記録を参照してください。

SCP-203は何度も麻酔剤や鎮痛剤、またときに催眠剤を要求しました。これらの要求の承認は保留されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。