SCP-2037
評価: 0+x
15_for_Dinner.jpg

収容前のSCP-2037の野生標本。

アイテム番号: SCP-2037

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 全SCP-2037標本は10x10x3m以上のサイズの密閉コンテナに収容します。標本が常に新鮮な干し草・草・水を十分に利用できるようにしてください。SCP-2037標本は、収容室の毎日の清掃前にコンテナから除去します。

施設周辺で不審な埃の塊が目撃された場合、可能な限り収集・観察します。

説明: SCP-2037はワタオウサギ属の未知の異常種であり、Sylvilagus audubonii (サバクワタオウサギ)に類似した見た目です。SCP-2037はまた、食性もワタオウサギ属の他の種と共通しています。現在、財団は23羽の生きたSCP-2037標本を収容しています。

SCP-2037の異常特性は、脅威となり得る存在を検知した際に発現します。正体不明あるいは脅威的な対象から接近されると、SCP-2037標本は対象から逃走します。標本は走りながら、その肉体を埃の塊へと急速に変化させることが報告されています。綿埃状態のSCP-2037標本は身体的危害に対して非常に耐性があり、強い風が吹いている場合は短距離移動が可能です。埃が大量に失われた場合、綿埃状態の標本は周辺環境から埃を集め、蓄積させようと試みます。損失が取り戻すには余りにも顕著なものだった場合は、通常の状態に戻る際、SCP-2037のサイズが小型化します。

綿埃状態の標本は、主にウサギの毛皮・死んだ皮膚の欠片・糸くず・クモの巣で構成されています。生体組織を埃の粒子から見つけることはできません。通常状態の際は、綿埃状態で検出される非有機物質は見つかりません。

補遺-2037-1: SCP-2037-1から-17までのSCP-2037標本は、元々はネブラスカ州の████にある█████公園で発見されました。地元役員は当初、公園全体に過剰なまでの埃があると報告していました。SCP-2037が最初に財団の注目を集めたのは、エージェント██████が綿埃状態と化すSCP-2037を目撃した時の事です。この████/█/██の出来事の後、サイト██が█████公園近辺に設立されました。

補遺-2037-2: 実験-2037-Bおよび実験-2037-Cの記録

補遺-2037-3: ████/█/██の█:██、 SCP-2037-19がショープ乳頭腫ウイルス感染による頭部の大規模な腫瘍成長によって死亡しました。███時間以内にSCP-2037-19の肉は全て分解されました。約█分後、対象の骨格は大きな綿埃の塊と化したことが報告され、これは█分後に骨の状態へと復帰しました。

注記: 私達が以前考えていたのとは違って、これは正確には、生きているウサギの一種とは言えんようだ。 -█████博士

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。