SCP-2044
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-2044

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2044-1は、イエバエの侵入を可能とするための小型ダクトを増設した、標準的なヒト型生物収容室に収容します。SCP-2044-1は、頭皮を掻き毟る・仰向けになる・急速に頭部を動かす・収容室内のイエバエに対して攻撃的に振舞う・その他SCP-2044-2のコミュニティを破壊する可能性のある活動をしないように条件付け調教されています。上記活動のいずれかが行われた場合、職員はSCP-2044-1を訓練してください。禁止行為の完全なリストは補遺-2044-Dを参照してください。

事案-2044-B以降、SCP-2044-1はサイト-34の集中治療室に、医療措置を行いつつ昏睡状態で保つことになりました。対象の頭部は、首周りに固定されたパッド入り装具で常に直立状態を保持します。高精細Cマウント顕微鏡カメラがSCP-2044-1の頭皮の上に直接設置され、研究スタッフのためにライブ映像を提供しています。

寄生虫系SCPを扱う際の標準的プロトコルに則り、SCP-2044と接触する際には、SCP-2044-2が別な宿主へ拡散する潜在的可能性を防止するため、レベル2以上のHazmatスーツを着用します。

説明: SCP-2044-1はエストニア系の28歳人間男性です。SCP-2044-1の頭皮には、以降SCP-2044-2と呼称する、約200匹の標本から成ると推定されるアタマジラミ(Pediculus humanus capitis)の大規模なコロニーが巣食っています。SCP-2044-2個体は、平均的なヒトのそれに等しいと推定される知性を持ち、さらに単純な構造物の構築・機械の操作・ポーランド語での会話が可能です。SCP-2044-2の小ささのため、特殊な音響機器を使用せずに意思疎通をすることは不可能です。

SCP-2044-2は、SCP-2044-1の頭皮に小規模なコミュニティを確立しています。このコミュニティは家屋130棟・教会2棟・パブ1軒・店舗6軒・市庁舎1棟から成り、SCP-2044-1の髪とフケを利用してSCP-2044-2によって構築されています。人間の頭皮由来でない材料で作られた唯一の建築物は、コミュニティの郊外に位置する大規模な工業地帯と3台のトラックローダーです。これらの非有機的な要素の目的は、SCP-2044-1のフケを収集し、小さな煉瓦に精錬する事にあるようです。

煉瓦は、毎月末SCP-2044-1の頭皮にやって来るイエバエ(Musca domestica)によって持ち去られますが、この際SCP-2044-2は精錬したフケを、ハエの外骨格に取付けられた金属製のハーネスに積み込みます。また、これらのハエはSCP-2044-2に対して、彼らの使い勝手に合わせた縮小サイズの製品を配送します。供給品には、フケ精製所の機器を修理するためのスペアパーツ・ケラチン質とジャガイモの断片が入った小さなブリキ缶・SCP-2044-2によって店舗で販売される歯車が含まれます。その後、イエバエは未知の場所へと飛び立ちます。これらのイエバエの起源点を見つける試みと、飛び立った個体を追跡する試みは、どちらも成功していません。

イエバエの起源・ハエが運ぶ供給品・フケ煉瓦の行き先・如何にしてミニチュア工場地帯がSCP-2044-1の頭皮に齎されたのかについて質問されると、SCP-2044-2の大半は「それは”お偉い様方”(Big Wigs)の扱う仕事だ」と語ります。SCP-2044-2はこの話題についての更なる詳しい説明を、”社の方針”に違反する事になると主張して拒否します。あるSCP-2044-2個体とのインタビューの転写が以下で閲覧可能です。

SCP-2044-1はSCP-2044-2の存在を知らないと主張しており、現在のところ、自分が財団に拘留されているのは車両重窃盗罪のためだと考えています。SCP-2044-1の現状については事案-2044-Bを参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。