SCP-2047
評価: 0+x
theta.png

太陽系とシータ-cの恒星系の比較。

アイテム番号: SCP-2047

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-2047は無線信号の受信あるいは送信を防ぐため、その構造にファラデーメッシュを利用した収容チャンバー内に収容することとします。SCP-2047はその無線通信について監視を受けます。なんらかの無線信号が認められた、もしくはSCP-2047から発せられる光の強さに変化があった場合は、すみやかにサイト管理者に報告してください。

MTFオメガ-4「交換留学生(Foreign Exchange Students)」は主要な天文学施設およびSCP-2047-1イベントの詳細もしくはその効果に関する話題を扱う公共通信の監視を行います。SCP-2047-1イベントに関連する特異なデータの知識を持つ非財団人員に対しては記憶処置を実施します。またMTFオメガ-4はイベント2047-1の結果として生じたあらゆる時空間異常、すなわち生物分布の変移や非ユークリッド幾何学状の地形交差、あるいは転移出現した物質などの監視および収容を行います。

説明: SCP-2047は直径40センチメートルの中空の鉄球で、その表面にはシータ-c(Theta-c)を起源とする言語が記されています。これらの記述ではイベント2047-Aの標的となった惑星に対する警告として、イベントで発生するプロセスについての説明が為されています。SCP-2047の表層部は開封あるいは内部の空洞へ切り込もうとする試みに対して不自然な耐性を有していることがこれまでに判明しています。SCP-2047のスキャンによってもその高度な機構の基本的な概要が明らかになったのみでした。SCP-2047がどのように機能するのか、あるいはどのようにイベント2047-Aの発生を補助しているのかについては、シータ-cへ返される無線信号を中継していること以外は何もわかっていません。

イベントログ 2047-A-1973:

1日目、1973/7/13: 00:01:01、地球およびシータ-cとして指定された太陽系外惑星はその空間的位置の交換を受けた。地球はシータ-cが以前に存在していた恒星系に配置され、一方シータ-cは旧来の太陽系において地球が存在していた位置に置かれた。このプロセスは瞬時に実行された。月面のミネルヴァ・プロジェクトとの連絡は成功していない。(シータ-cの詳細については補足2047-Eを参照。

2日目、7/14: SCP-2047の空間的異常性と複数地点同時存在特性を通して無線通信が中継されてきた。無線通信は最初から聞き取ることができたものの、シータ-cで使用されているものと思しき未知の言語によって行われていた。次の12時間に渡って、この言語は徐々に英語に近いものに変換されていき、最終的には地球とシータ-cとの間に完全なコミュニケーションが確立された。最初に説明が為されたのはシータ-cの「星間交換プログラム」についてであった。財団はイベント2047-Aの反転実行を要求した。シータ-cは拒否する旨を返答した。

113日目、11/1: イベント2047-Aの知識は最初の2週間の内に完全に拡散した。財団には宇宙レベルの変位の知識を隠蔽しうる実行可能な手段が存在しなかった。宗教的施設を訪れる人が急増し、そうした人々の間ではこのイベントに適応するべくいくらかの価値観の変更が行われることもあったが、それ以外の人々は完全に宗教を放棄した。他の知的生命の存在に関する知識は一般には流れていない。しかし、ミネルヴァ・プロジェクトの喪失は一般に伝わっており、世間の不安感が増大している。大国間の外交関係は緊張を増し、米国、ソ連、中国は新たな恒星系を探索する宇宙開発競争に乗り出した。中東では既知の世界の激変や現地政権への不満に関する抗議やデモを行う非暴力の波が広がっている。財団はその資源を社会の崩壊を防止するための継続的活動に割いているため、財団による収容活動に問題が発生しつつある。シータ-cへの支援を求める要請は拒否された。(以前に行われた太陽系探査についての詳細は補足2047-Fを参照。

286日目、1974/4/23: KeterレベルのSCPオブジェクトの収容がさらに困難になりつつあり、財団資源の大半が割かれるようになっている。国家群はこの新時代において互いに不審感を募らせ、敵対的行為が増加している。国連の力は限定的なものとなり、関係の悪化を和らげる能力は非常にわずかなものである。中国の宇宙開発競争における出遅れが拡大しているために東南アジアは計画的な政治的圧力を受けており、それに続いて、宗教的活動が増加しているにことに対する非難も表明された。シータ-cに対する支援要請は、人類への損害が発生していることを説明した結果、許諾された。

339日目、6/17: イベント2047-Aの被害を解消すべく、シータ-cと地球の共同作業(collaboration)が開始された。シータ-cは財団に対してプロセスすべての反転は不可能であると告知してきたが、局地的現実のリセットは可能であるとの提案を行った。SCP-2047とシータ-cの技術の併用により、CK-クラス現実再構築シナリオが実行され、これには天文学なデータや記録、および天文学分野に関する記憶の大規模改変が含まれていた。この再構築により地球における日時も1973年1月13日にリセットされた。(SCP-2047が収容されていた)サイト-88の財団職員は地球の以前の位置に関する完全な記録を保持しており、知識の更なる抑制を容易にするためにこの現実再構築からは除外された。財団の最上級職員に対して正式な報告が行われた後、シータ-cの人類は以前のイベントにおける不確実性に起因する受け容れ難い社会的崩壊のリスクがあるために、財団とのこれ以上の共同作業は不可能であると通知してきた。

リセット後146日目、1973/12/5: アポロ18号が地球の新たな天然の衛星に向け打ち上げられた。船に乗せられた人員や物資はアポロ11から17が残してきた車両のレプリカの構築に必要なもので、また財団の月面サイトを再設立するための一時的な月面基地を設営するためのものでもあった。

リセット後156日目、12/15: 財団月面サイト-190の建設が開始され、補給物資は週ごとに届けられる予定となっている。

リセット後1517日目、1977/7/5: 地球が現在存在している恒星系の詳細をより正確に確かめるため、ボイジャー1号が打ち上げられた。最小限のデータは交換後にシータ-cから中継されてきていたが、必要に応じてさらなる調査を行うことには十分な理由があると言える。

関連報告文書:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。