SCP-2054
評価: +2+x
anon-thin.jpg

隔離下のSCP-2054

アイテム番号: SCP-2054

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2054はサイト-23のヒト型生物収容センター最高セキュリティ棟に隔離されています。全ての食事と医薬品は自動化された手段で供給され、これは尋問に必要となる物品も同様です。全ての職員は、いかなる状況においてもSCP-2054と身体的に接触してはなりません。週に一度、武装警備員の監視下において最高セキュリティリハビリ施設での運動が許可されています。協力的態度を取り続ける限り、SCP-2054には標準設備パッケージEEF-115を提供してください。

説明: SCP-2054は他の人間の外見を取ることが可能な不定形実体です。SCP-2054とその標的となった人間を区別できる手法は発見されていません。

回収記録: SCP-2054の存在は、ある推測統計モデルの利用によって最初に仮定されました。このモデルは2002年にマーティン・F██████博士によって、財団の利益に反するエージェントの侵入可能性を評価するために統計部門の協力の下で開発されたものです。結果、不測の事態が発生している確率が0ではないと判定され、このエージェントの特定手段を開発するために研究チームが選抜されました。

調査が始まった直後、F██████博士は宿舎で何者かに話しかけられていると警備員に警告しました。駆けつけた警備員は、同一のF██████博士2人が取っ組み合っているところを発見しました。双方は鎮静され、さらなる調査のために隔離されました。

続く全面的セキュリティ調査の過程で、F██████博士の同僚であるナンシー・ Y█████研究員の所在が不明であることが判明しました。以後の調査の前提として、Y█████研究員は過去のどこかの時点でSCP-2054に汚染されていた、SCP-2054は自身が発見される可能性を排除するためF██████博士と入れ替わる手段を探していた、という2点が仮定されました。

ナンシー・ Y█████研究員は1977年に財団に雇用されており、いくつかのKeter級実体の取得に関して封じ込め手順と分析を担当していました。これらの取得物は直ちに最高優先度の再評価対象に割り当てられました。現在、これに関連した封じ込め違反は発生していません。

双方に質問が行われましたが、SCP-2054とF██████博士を区別できる手法は発見されませんでした。双方は同一の能力を有し、デュレスコード1、暗号化プロトコルなどの機密情報を含む記憶を見かけ上では保持していました。物理学的、心理学的、医学的検査結果も同様に無意味だと判明しました。

手順221-クレンショーと622-アトランティックを含む強制的尋問措置が認可されましたが、どちらも無効でした。人道的配慮のため、尋問は週1回に縮小されています。

機密解除済み転写記録:

機密解除済みの実験/尋問に関する方法論:

補遺: スタッフの士気への影響のため、F██████博士の同僚への記憶処理の適用が承認されました。F██████博士は作戦中に死亡したというカバーストーリーが流布されました。

2014年の無関係な封じ込め違反の際、SCP-2054またはF██████博士のどちらかは隔離下で自殺しました。検死解剖では決定的な結果は何も得られませんでした。これ以来、生存した一方は自殺企図を監視されています。本物のF██████博士を特定することが不可能となったため、尋問は無期限に中断されています。生存した一方が死亡した時点で、F██████博士にはThaumiel勲章が授与されます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。