SCP-2090
評価: +8+x
timduncan.png

SCP-2090の監視中にカント計数機から生成された画像。

アイテム番号: SCP-2090

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 保安スタッフの地位にいる財団職員は、異常な偏差の兆候がないかどうか、日常的にSCP-2090の密接な監視を行います。SCP-2090とその異常性質に起因する干渉効果を一定の監視下に置くため、カント計数機がSCP-2090の家庭内および周囲に離散的に設置されます。如何なる矛盾もレベル2090/4スタッフ職員もしくは機動部隊ロー-5のチームリーダーまで通知してください。

いかなる状況においても財団プロトコルŌllamaliztli-5は中断されてはなりません。プロトコルŌllamaliztli-5の現状と、そのアメリカおよび世界的文化への影響力のため、中断は想定されていません。

説明: SCP-2090はティム・ダンカンの名で活動しているクラスⅠヒト型実体であり、現在はプロバスケットボールチームであるサンアントニオ・スパーズのパワーフォワード/センターのポジションです。SCP-2090は目に見えて顕著な異常性質を示さず、その性質は局所的現実への干渉を識別するために用いられるカント現実計数機の使用を通してのみ検出可能です。SCP-2090は非常に高いヒューム値の矛盾を見せていますが、この効果は一件その肉体に限られており、周辺世界には影響を与えていません。これにも拘らず、プロトコルŌllamaliztli-5を介して収集した情報のため、SCP-2090は常に振舞いの変化や異常活性の兆候を監視する必要性があります。

発見: SCP-2090は当初、カリフォルニア州サクラメントの要注意領域CA-74”スリープ・トレイン・アリーナ”の定期検査が、サンアントニオ・スパーズ対サクラメント・キングスの試合中に行われた際に発見されました。最初のうち機器の故障と思われていた出来事は、後になって、SCP-2090が引き起こした大規模干渉によるものと判明しました。SCP-2090が高い知名度を得ていたため、一般社会から対象を除去して更なる監視のため収容下に置くことは実行不可能と判断されました。これにより、機動部隊ロー-5(“スパーズ&サドルズ”)が結成され、SCP-2090を常に監視しつつプロトコルŌllamaliztli-5の適切な適用を確実なものとすることになりました。

補遺2090-1: プロトコルŌllamaliztli-5 [情報はレベル2090/4およびMTF R-5の職員に限定されます]

SCP-2090の初期の監視中、財団IT職員は財団データベース内に暗号化されたファイルを数多く発見し始めました。財団内部諜報チームはこれらファイルへのアクセスを取得し、その起源を発見する試みを開始しました。SCP-2090研究チームとMTF R-5の助けを借りて、コード破りの努力は成功を収めました。特筆すべき点として、全てのファイルは発見日以降2年以内の様々な日付を有しています。にも拘らず、追加情報はこれらが長期間にわたって財団データベース内に存在していたことを示唆しています。ファイルの多くは不完全またはデータ欠落状態でしたが、プロトコルŌllamaliztli-5を正しく推測・実装するのに十分な量のデータは回収されました。

回収されたファイル2090/1

私たちはこれを[データ破損]に送る、[データ破損]恐怖、だが人類への希望を込めて、もし神格がいなければ
緊急! 緊急! 緊急! [データ破損]に遅れてはならない 神格は絶えず動いている
以下の情報に留意せよ。

神格、またの名を[データ破損]、かつてセント・クロイ島の住人ティム・ダンカンだった存在
破壊者はカリフォ[データ破損]自ら足を踏み入れ[データ破損]水は血に染まった
2016
[データ破損]
[データ破損] 忘れるな
奴は昇天する

回収されたファイル2090/4

財団ファイル31[データ破損]maliztli-5

プロジェクト主任: ドレイク・ヴァン・ドーン

プロジェクトの目的: N/A

情報: 神格はサイト-45とサイト-56を通り抜けていった。完全な収容違反が発生しており、西部沿岸地域は今では崩壊している可能性が高い。

残念ながらシミュレーションの最終ラウンド完了に十分長く電力を持たせることはできないが、[データ破損]プログラムを送信することは出来るかもしれない。以前の財団データベースならこいつを完了させられる。

コンピュータがいつ発明されたのかはどうしても思い出せないが。クソッ、とにかく今はこれを完了させなければ。選択の余地は無い。

きっと私たちが見逃してしまった何かがある。君たちの誰かがそれに気付いてくれることを願おう。すまない。

[データ破損]

回収されたファイル2090/17

宛先: pcs.71s|rekabh#pcs.71s|rekabh

差出人: pcs.10s|7.5O#pcs.10s|7.5O

全く以て非公式な形式で申し訳ない。我々がこれを終えられるかどうか分からないので、私はすぐ移動して別の場所にリソースを割り当てようとしている。リチャードソンは正しかったよ、ファイルは常にメインフレーム上にあった。日付は、しかし、極めて興味深いものだ。全て現時点でリストアップされているというのに、記録上ではこれらのファイルが[データ破損]なことはどうでもいいんだ。本題に入ろう。

[データ破損] は、早期防止システムの一種を作成するためにデザインされている。全ての世界線はこれを転流だと言うが、そのどれもがシミュレーションを終えていない。彼らはこの出来事に対する自分たちの結果のバックアップを取って、次の連中がシミュレーションを終えることを願いながら送信し続けている。我々は遂にや[データ破損]が、時すでに遅すぎた。

我々は皆、掩蔽壕に移動している。つまりそういう事だ。ファイルはまだ全てメインフレーム上に残っている。それをどうすべきか君なら分かるはずだ。ああ、神よ。オーケイ。

[データ破損]ーメン。

回収されたファイル2090/43

FOUNDATION GENERAL ALERT
アラートレベル5

以下はサイト- N/Aから-N/Aまでの全財団職員に向けた通知です

良し、このシステムはまだ動いているな。フォーマットが君たちの居る所と同じであることを願う。

全ては揃ったから、君たちは自分なりにこれを理解しようと努めているだろうと思う。私には細部まで説明する時間は無いが、シミュレーションの実行は終了した。我々はこいつを止める事が出来るかもしれない。今ではないが、たぶんどこか別の世界線の我々が。

結果によると、これは相当な準備を必要とする極めて精巧なセットアップだ。全てのタイムラインにおいてプロトコルの基礎は出来ていたが、完全にサポートされたことは一度も無く、すぐに途絶えてしまう。本質[データ破損]きることは何もない。

FOUNDATION GENERAL ALERT
アラートレベル5

クソッ、オーケイ。これから送信する。こんなに簡素だなんて私には信じられないが、シミュレーションのチェックは出来ているから、これで良いのだろう。奴が成熟するのを阻止する一連の儀式だ。デザインは全てそこにある。私が詳述した通りにするには一手間かける必要があるだろう。儀式が妨害されないことを確実にするんだ、そのためなら何だって実行しろ。

私が最後に加えたのは、儀式場のデザインだ。説明通りに構築して、その後、奴自身が儀式に参加するように手配するんだ。奴にハリケーンをぶつける必要があるのなら、構う事は無い、やってやれ1

そういう事だ。幸運を祈る。

回収されたファイル2090/44

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。