SCP-2098
評価: +5+x

アイテム番号: SCP-2098

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 全ての収容の努力は、主要感受コミュニティの監視と、SCP-2098フェーズ2事象が確認された際に会場破壊チームを迅速に動員することに向けられています。

サイト-23にいるSCP-2098専門監視チーム2組は、唯一の職務として、まだ影響を受けたことのない主要感受コミュニティのメディアを監視します。GenStatチーム88-バートルビーは、主要感受コミュニティ外部におけるSCP-2098活動を検出するための継続的なグローバルメディア検索手順を、任務優先度3で維持します(サイト管理者、RAISA、O5により必要に応じて変更)。

活性化中のSCP-2098コミュニティに駐留している収容チームは、全ての“聖シモンの日”実例の正確な記録を維持および監視し、SCP-2098感染源の病原性行動を防ぐために介入してください。SCP-2098-Red感染源はアメリカ合衆国税関・国境警備局の名の下に拘束し、分析もしくは廃棄のためサイト-23へ移送します。収容チームはSCP-2098-Red感染源の可能性がある人物を収容する際、標準的な聴覚保護装備を使用します。

現地監視チームはSCP-2098事象の影響を受けた地域社会に、会場破壊が成功したか否かに関わらず駐留します。地元マスメディアの拡張監視(飛行機による空中文字、スマートフォン広告、信仰形コミュニティの奉仕活動といった配信手段を含む)は、更なる研究によって事象曝露が地域社会の感受性に齎す長期的影響を断定するまで、無期限に継続されます。

公認されている会場破壊行為は、単に問題の施設/空間を貸し切るものから、極端な場合は永久に居住不可にするものまで挙げられます。会場破壊はフェーズ3が始まる前に検出されたSCP-2098事象を100%予防するのに有効であると証明されており、リソースや長期の介入は最小限に抑えることができます。SCP-2098事象の全てのお知らせ(バナー、チラシ、ポスター、パンフレット、ビデオテープなど)は、中断の成功または失敗に関わらず、後に収集します。

説明: SCP-2098の最も単純な説明は“悪性の休日”です。SCP-2098は、暦日(複数可)に関する人間の既存の知覚を上書きし、問題の日は“聖シモンの日”と呼ばれる祝祭日であるという信念を植え付ける一連の異常現象や行動の総称です。SCP-2098は病原体とほぼ同様の形式で動くものであり、自己複製SCP-2098事象を通じて人間の知覚に感染し、問題の日に関する人間の知覚を様々な程度に改変して、知覚異常を維持および/または更なる事象を伝播させます。介入が行われなかった場合、26年以内に全人類が365日全ての暦日を“聖シモンの日”と知覚して“祝う”XB-クラス知覚再編シナリオが発生すると理論上想定されています。

現在までのところ、SCP-2098を経験しているコミュニティは全てサマータイムを導入していないアメリカ合衆国の州もしくは準州に位置しており、1969年1月1日以前には共同体として存在していませんでした。これらの基準を満たすコミュニティは、主要感受コミュニティと指定されています。SCP-2098事象が1969年以前に発生したという証拠は現在ありませんが、SCP-2098の影響がこの地理的/立法的領域に新しいユニークなものか、あるいは何らかの異なるパラメータに沿って存在しているのかについての調査は進行中です。これまでの事象はこの限られた範囲でしか発生していませんが、SCP-2098-Red感染源は領域外部のコミュニティや人物に対して容易に感染を広めることができます。財団の介入により、記録上ではまだ感染は主要感受コミュニティの外部に根付いていません。

SCP-2098事象は現在、予測可能な流れに沿って進行します。

フェーズ1 - SCP-2098は標的となったコミュニティに、地元の集まりを呼び掛ける看板/広告を改変する形で顕在化します。この宣伝には常に“聖シモン”というフレーズの幾つかのバリエーションが含まれています。問題のイベントは常にコミュニティ全体を対象とするもので、正式な招待状は必要とされていません(徒競争、祭典、パレードなど)。SCP-2098は2~30日掛けて徐々にコミュニティ内における同種のイベントを吸収していきます。

この段階では、影響を受けるメディアは一種類のみであり、イベントの命名規則にもまだ一貫性や論理性が見られません。

フェーズ2 - イベントの日付の48時間前、そのイベントの告知資料は “聖シモン”関連の一貫したタイトルを含むように改変されます。加えて、開催会場はこれらの告知間で統一され、例外なく午後12時から4時までの期間を指定します。フェーズ2の間に、影響を受けたコミュニティでは広範な知覚異常が発生し、全住民がイベントの日付・期間・会場・名前に関する正確かつ出所不明の知識を持つようになります。この知識にも拘らず、イベントに参加する強制的衝動が付随することは無いようです。会場が使用不可能になっていない場合、あらかじめ予定されていたコミュニティの集会が、SCP-2098改変メディアに掲載されている時刻と日付に基づいて行われます。会場破壊は、SCP-2098事象の防止に効果的と認められている、現時点で唯一の手段です。

フェーズ3 - イベント開催日の12:01:01 PM、SCP-2098事象はフェーズ3に入ります。問題のイベント開催場所の境界内にいる全ての人物は、正確に16分16秒間、随意運動を停止します(現地時間12:17:17 PMに終了)。人間以外の生物はSCP-2098事象の影響を受けません。この期間に15mより近い距離で観察を行った人物は、事象発生中に物理的に拘束されていない限り、イベント境界内部に自ら入って影響を受けます。

上記の通り近接した医学的検査は不可能ですが、最小限の安全距離から観察した限りでは、停滞中の2098罹患者が通常の呼吸と瞬きを続けていることが示されています。人間以外の存在や領域外部からの力による軽~中度の肉体的接触は、この停滞状態を破り、罹患者を完全に無意識の状態に陥れます。この無意識は現地時間12:17:17 PMの事象終了まで継続します。

フェーズ4 - 現地時間12:17:17 PM、事象がフェーズ4に入ります。影響を受けた全人物は(外部の力によって完全に無意識にされた者も含めて)停滞状態を終え、会場に来た時の手段で帰宅します。SCP-2098影響者が帰宅妨害の試みに暴力的抵抗を見せることはありませんが、影響者のうち1人が帰宅を待たされるような状況に陥ると、残りの影響者はその人物を手助けして、帰宅を妨げる者や障害物を排除しようと試み始めます。

フェーズ5 - SCP-2098事象の最終段階において、影響者は帰宅後6時間以内に、2種類の異なる感染源クラス(GreenとRed)へと移行します。帰宅が妨害されると感染源クラスは1~2時間以内に顕在化し、フェーズ4で影響者の帰宅を許可した場合よりも評価と管理をはるかに実際的に行うことができます。これは中断されなかった事象の現時点における標準作業手順です。

補遺:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。