SCP-2118
評価: 0+x
scp2118.jpg.jpg

SCP-2118

アイテム番号: SCP-2118

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル:
SCP-2118は、今の所は通常の人間と同じ様な環境での収容がされています。通常の行動は、独房に取り付けられている監視カメラで観察され、█歳と同じ程度の食料が支給されます。
独房には、2つの縫いぐるみ(シャチと象)が置かれます。

SCP-2118には、1日に1回、9時から17時の間の1時間のみ外出が許可されています。それには最少で1人の、子供を持たず手話に精通している人が付き添うことが必要です。また、SCP-2118との対話は、承認された実験以外で許可されることはありません。

説明:
SCP-2118は█歳の人間の女性で、橙の髪と明るい灰色の両目をしています。右頬には9cmの長さの傷があり、それは開小括弧の形をしています。SCP-2118は、それは数年前に知らない人につけられた傷だと主張しますが、それの処置は頑なに拒みます。
このSCPとのコミュニケーションは、通常は手話を通して行われますが、時折筆談も使われます。にもかかわらず、首尾一貫した言葉を話すこともできます。

このSCPの特異性は、子が居る親の晒されたときに現れます。いくつかの場合で、彼女はその親の子供の死期に対応した声を発します。実例として、彼女は自分自身のものとは矛盾する声で話し始めました。その声は、前述の子供の年齢や性別を反映します(これをSCP-2118-01とします)。
SCP-2118は、親にもたらす精神的苦痛ならびにその話の内容や声のパターンに気付いています。そして、丁度その声で話しているときには様々な謝罪、決まり文句を詠唱します。行ったテストでは、SCP-2118-01が声を発しているときに思春期前18歳以下であったことを示しています。(更なるテストでは、この年齢は生物学的年齢ではなく、法定年齢であったことを示しています。よって、SCP-2118-01は『子供』と定めます)

一般的に、SCP-2118が真似る言葉は、その親の子供が最期に発する言葉もしくは音に一致しています。この点で、SCP-2118がどの様に自分の喉で溺死、仮死状態、水膨れのような音を模倣するのかは不明です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。