SCP-2118
評価: 0+x
scp2118.jpg.jpg

SCP-2118

アイテム番号: SCP-2118

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2118は、今の所は通常の人間と同じ様な環境での収容がされています。通常の行動は、独房に取り付けられている監視カメラで観察され、█歳と同じ程度の食料が支給されます。
独房には、2つの縫いぐるみ(シャチと象)が置かれます。

SCP-2118には、1日に1回、9時から17時の間の1時間のみ屋外への外出が許可されています。その際は子供を持ったことがなく、アメリカ手話に精通している少なくとも1人の係員の随行が必要です。また、SCP-2118との会話は、承認された実験以外で許可されることはありません。

説明: SCP-2118は█歳の人間の女性で、橙の髪と明るい灰色の両目をしています。右頬には9cmの長さの傷があり、それは開小括弧の形をしています。SCP-2118は、それは数年前に知らない人につけられた傷だと主張しますが、それ以上の詳しい説明を嫌がります。

SCP-2118とのコミュニケーションは、主にアメリカ手話を通して行われ、時折筆談も用います。その反面、首尾一貫した会話能力をも有します。

その生涯のある時期に子を亡くした親に曝露された時、SCP-2118の特異性は現れます。これらの事例において、彼女は自身の声とは一致しない声で話し始め、その声は前述の故人である子供(以後、SCP-2118-01とします)の年齢や性別を反映しています。SCP-2118は、話す内容や声色、及びそれらが親に精神的苦痛をもたらすことに気付いており、話し続けながら様々な謝罪や場を宥めるためのありきたりな手話表現を行います。試験によって、SCP-2118-01は思春期前に18歳未満で死亡していたであろうことが示されました。(更なる試験では、この年齢は生物学的年齢ではなく、法定年齢であることが示されています。よって、SCP-2118-01は『子供』と定義されます)

SCP-2118が模倣する言葉は決まって、SCP-2118-01が最期に発した言葉もしくは声に一致しています。現時点では、SCP-2118がどの様にして溺死、窒息、喉に水疱ができた際の声色を正確に模倣しているかは分かっていません。注目すべきは、SCP-2118-01の死が暴力的な類のものであった場合でも、声を模倣中のSCP-2118は申し訳なさそうな表情を浮かべたままであるということです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。