SCP-2123
評価: +2+x
enclosure1.jpg

収容壁の一部とSCP-2123のシンクロトロンリングが写っている。放出された放射線によって空気のイオン化が起こっている点に注意。

アイテム番号: SCP-2123

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-2123を収容する建造物群(サイト2123)は収容スタッフのための居住区として転用されています。主要収容施設に入る職員は常時線量測定バッジを身につけてください。合計蓄積線量が650ミリシーベルトを超えた職員は施設外へ退出しなければなりません。サイト2123の2キロメートル範囲に保安境界線を設定し、エリアへの民間人の侵入を防いでください。

SCP-2123は高さ6.5メートルの鉛張りがされたコンクリート製収容壁で囲まれています。構造的確実性を常に確保しておくため、内部の点検や収容壁のメンテナンスは毎週行ってください。壁の内部に入る職員は標準支給のCBRN防護服を着用し、一度の進入で10分以上は内部に留まらないようにしてください。緊急時やサイト管理者の承認がある場合を除き、点検はDクラス職員のみによって行ってください。

変動イベントが起こった場合、その発生から30分以内にO5評議会へ通知がなされなければなりません。高エネルギー物理学研究所に潜入しているエージェントは変動イベントの証拠が民間へ流出しないよう留意します。

SCP-2123の現在行われている試験に関するデータはレベル4クリアランスを持つ職員のみ閲覧可能です。

説明: SCP-2123はテキサス州ワクサハチーにある大型の粒子加速器で、長さ11メートルの線形加速器と、円周長616メートルのシンクロトロンリング、および円周長1キロメートルのコライダーリングによって構成されています。ほとんどの状況下では、SCP-2123はおよそ300テラ電子ボルトのエネルギーで[編集済み]粒子を衝突させます。通常の行程では大量の電離放射線が放出され、収容壁内の放射能レベルは100グレイ/時に達します。SCP-2123を停止される方法は現在のところ見つかっていません。

SCP-2123の電磁石の強度は100~800テスラです。この磁石の組成、およびこれほど強力な磁場強度を生成している正確な仕組みについては現在わかっていません。

事件2123-2007以降、SCP-2123は2週間に1度の頻度で変動イベントを起こすようになりました。このイベントにおいて、衝突エネルギーおよび放出される放射線のレベルは通常状態の10から100倍に増加します。衝突エネルギーがおよそ5.3ペタ電子ボルトを超えると[編集済み; 補遺2123-アルファを参照(レベル4クリアランスが必要です)]。変動イベントの平均時間はおよそ30秒間で、観察された中で最も長いものは127秒間続きました。

必要なクリアランスを有する職員は補遺2123-アルファにてSCP-2123のKeter分類への引き上げに関する情報を参照可能です。

発見: 労働安全衛生管理局(Occupational Safety and Health Administration,OSHA)のダラスにある地方事務所からの情報によれば、SCP-2123は2001年から2003年の間にフィズ・ヘックス株式会社(Fiz-Hex Inc.,FHI)として知られる組織によって建設されました。OSHAは2003年9月27日、機器が許容範囲を超える量の放射線を作業場に放出しているため、FHIにSCP-2123を停止するよう命じました。12月24日、3名のOSHA検査官は加速器の再稼動を監督するために施設を訪れた際、SCP-2123への曝露によって致死量の放射線を浴びました。SCP-2123は稼動状態にありましたが、施設はこのときに完全に放棄されました。

この事件の後、財団はサイト2123の所有権を取得しました。サイト2123の調査により、あらゆる物理的およびデジタルの文書が完全に消去されていることが判明しました。サイト2123は確保され、標準的情報管理プロトコルが制定されました。SCP-2123周囲の収容壁は2004年3月2日に完成しました。FHIの社員の居場所、身元、およびその人数はわかっていません。

補遺: 事件2123-2007

2007年4月8日から8月27日までの期間、研究2123-245と呼称される一連の実験が行われました。この研究から得られたデータにより、SCP-2123は2008年1月15日にEuclidからKeterへ格上げされました。

以下はこの研究に関わった研究者の間で交わされた一連の電子メールです。研究2123-245のすべての結果にアクセスするには、レベル4クリアランスが必要です。


補遺2123-アルファ

以下の文書はレベル4-2123機密に分類されています。

レベル4-2123クリアランスを受領している全職員は、下記の文書を閲読しておくようにしてください。

補遺: 事件2123-2008-3

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。