SCP-2124
評価: +1+x
scpxxxx.jpg

以前の場所から財団が取得した際に撮影されたSCP-2124の写真。

アイテム番号: SCP-2124

オブジェクトクラス: Safe (実験2124-09に続き、審査待ち)

特別収容プロトコル: SCP-2124は最低でも50×50×10cmの安全な保管ロッカーに収容してください。このロッカーは、SCP-2124の状態悪化を防止するため、実行可能であれば無菌かつ無水分の気密状態を維持してください。

長さ20cmの██████ブランドの包丁に合わせて成形された型枠が、実験2124-04に続いてSCP-2124の内部に入れられています。除去は可能ですが、上級研究員1名またはレベル3クリアランス以上の他スタッフメンバーに承認を受けた実験中は、型枠を内部に保たなければなりません。標準的な保管中、全てのSCP-2124-1実体は箱の中に、理想としてはその型枠の中に戻さねばなりません。

SCP-2124の実験は、フォームF-2124-01の提出後、レベル2クリアランス以上のスタッフから許可を受けて実行可能です。実験2124-09に続き、SCP-2124の実験はレベル4クリアランス以上のスタッフが直接的に監督しない限りは禁止されています。

説明: SCP-2124は二層の茶色い段ボールで作られた大型のピザボックスです。SCP-2124には脂の残留物が含まれており、初期回収時には██████ ██████カビの成長の初期兆候を見せていましたが(標準的減菌処理の際に除去)、それ以外の点では製造年から見て良好な状態です。箱の上部には、恐らく黒のフェルトペンによる黒インクで、”気をつけろ! 見えないナイフが 箱の中”と書かれています。

SCP-2124の構成パーツは、警告表示のインクも含め、異常性を持たない標準的な材質で作られているようです。SCP-2124は損傷に対して他の段ボール製ピザボックスと同程度に脆弱であり、劣化を防ぐために実験中は注意しなければなりません。

意識的に”ナイフを拾う”または”ナイフを見つける”事を試みる人間は、SCP-2124-1実体と指定される、それらしいオブジェクトの発見に成功します1。SCP-2124-1について述べる対象者は、頻繁に以下の語を用いてそれを記述します。

  • 「ほとんど空っぽの空気のようだ」
  • 「握り潰せそうに感じる」
  • 「強く掴みすぎると手から滑り出しそうだ」

SCP-2124-1は、実体を掴んでいる対象者の(多くの場合、不確実な)言葉以外には、検出可能な重量や測定できる存在感を有しません。しかしながら、SCP-2124-1実体を使って物体を切断するように指示されると、その物体は鋭い包丁の切れ味と一致する形で切断されます。SCP-2124-1は目に見える労力無しに柔らかい物体を、軽い労力で肉や固めの物体を、中程度の労力で骨を、相当の労力を用いて鋼を、それぞれ切断することが可能です。

SCP-2124-1実体の正確な寸法および特性は、被験者と実験条件に応じて変化するように見受けられます。追加情報に関しては以下の簡略版実験ログを参照してください。

SCP-2124の内部は、標準的な検査では空のように見え、SCP-2124-1実体が存在する証拠は有りません。非人間的な相互作用(トング・ブラシ・金属探知機による走査)では一貫して空き箱であるという結果が導かれます。SCP-2124の内部を盲目状態で探っても同様の結果となります。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。