SCP-2126
評価: +1+x
2126letter-small.png

SCP-2126の写真複写。クリックで拡大。

アイテム番号: SCP-2126

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2126は不透明なプラスチック製カバーに入れて湿度制御型保管ロッカーに収容します。

説明: SCP-2126はP4サイズの罫線シートに青インクで書かれた手紙です。”デイヴィー”と特定されている人物に宛てて、この人物の祖母によって書かれたことが示されています。紙上にある2つの水平な折り目は、かつて三つ折りにされ封筒に入れられたことを示唆しています。内容は以下の文章です。

1970年 1月3日

親愛なるデイヴィーへ

先週のクリスマスに会えて本当に良かったです。いつもあなたと一緒に過ごす時間を楽しみにしています。特にあなたは今、大学で勉強していますからね。私の小さなデイヴィーがお医者様になるなんて信じられません!

それでも、あなたが西海岸以外の学校に通うことにしてくれないかと思わずにはいられません。このニューイングランドにも良い学校はたくさんあります。いつだってここを訪ねることができるぐらい近い場所ですよ。それに、あのカリフォルニアの男の子たちはあなたに悪い影響を与えていると思います。あんなに長く伸びた髪で教会に行く様子を私は想像できません。あなたが振り向いたときは、危うくお姉さんと間違えるところでしたよ。

まぁそうは言っても、私はただのお馬鹿なお婆さんですからね。男の子は男の子らしく育っていくでしょう。女の子らしく、かもしれません。おかしな時代になったものです。

目一杯の愛を込めて
祖母より

SCP-2126が最初から最後まで音読されると、読者の全ての毛包が直ちに正常な機能を停止し、真皮を通して隣接する体組織へと体毛を引き戻し始めます1。毛包の上に髪が無くなった場合、その毛包は細胞に作用して、毛を身体の内向きに成長させ始めます。

このプロセスは、人間の髪の平均成長率に近似する、1ヶ月あたり1.25cmの速度で進行します。逆転プロセスは(産毛や性毛の場合は)通常毛包が生成する長さに達した時点で停止しますが、影響された人物が頭皮の真皮内に生きた毛包を有している場合、頭髪に対する影響は無期限に続きます。

検死は、SCP-2126の影響を受けた人物の反転体毛が、軟骨や骨などの極めて緻密な体組織を介した場合でも、成長を阻害されていないことを示します。筋肉や神経組織を通して成長する体毛は移動性の大幅な低下を招き、重要な臓器が十分に穿通された時点でSCP-2126による死が引き起こされます。

SCP-2126の記録映像・写真・複写・転写を読む行為は、この異常効果を齎しません。

補遺: SCP-2126の影響は、髪の成長を防止するための化学薬品または毛包の外科的除去によって一時的に停止できます。影響された者の身体はすぐに除去された毛包に代わる新たな毛包を生成するため、真皮の外科的除去のみが永続的に効果を停止できます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。