SCP-2127
評価: 0+x
Hinterkaifeck-Marterl-small.jpg

通常SCP-2127が保管されている慰霊碑。写真は対象者がSCP-2127-1内にいる時に撮影された。

アイテム番号: SCP-2127

オブジェクトクラス: Neutralized (元Safe)

特別収容プロトコル: SCP-2127が置かれている慰霊碑とその周辺区域は、修復工事を理由に公共から遮断されます。2名以上の警備が常駐している状態を保ってください。民間人がSCP-2127との接触を試みた場合、警備員はその人物を尋問のために勾留し、その後はクラスC記憶処理を施します。民間人がSCP-2127の性質またはSCP-2127-1の存在について知識を有している場合、警備員は必要に応じてクラスB記憶処置を施す事が許可されています。

説明: SCP-2127はドイツのカイフェック村にある慰霊碑の棚の上に乗っている1枚の紙です。”フー・ダニット/誰がやった!?” (Who dunnit!?:原文ママ)という字がComic Sans MSフォントで紙上に印刷されています。対象者(複数名でも可能)がSCP-2127を拾い上げると、それは活性化し、対象者は瞬時にSCP-2127-1へと移送されます。SCP-2127の活性化が起こるたびに、紙は慰霊碑の棚の上に再出現し、対象者(複数可)が再び接触するまでそこに留まります。SCP-2127実体1枚ごとに最大で2名までしか輸送できない事に留意してください。

財団のデータベースと公共記録から利用可能な情報を基に判断すると、SCP-2127-1はヒンターカイフェック農場と、その近隣の町インゴルシュタットおよびシュロベンハウゼンのレプリカです。SCP-2127-1における正確な描写として唯一保たれている特徴は、写真映像とSCP-2127-1に潜入した対象者の報告によると、完全に人間の存在が欠落している事です。例外は無名の人物6人分の死体であり、内訳は女性3体、男性1体、子供2体です。

記録によると、1922年3月31日、ヒンターカイフェック農場では5人家族とメイド1名が殺害されています。農場内のカレンダーは4月1日の日付です。このカレンダーは、農場が未だSCP-2127-1内に建っているという事実1と共に、SCP-2127-1が殺人事件の翌日を再現している事を指し示しています。不活性時のSCP-2127が乗っている慰霊碑は、問題の家族を弔うために建立されたという点は注目に値します。

財団による収容時、実験のためにDクラス職員2名がSCP-2127-1へ送られました。片方は実験当時24歳の男性、もう片方は当時31歳の女性です。対照実験として、Dクラス職員は、異常空間で過ごす期間は出現した地点の4平方ヤード内に留まっているように指示を受けました。報告時に両者は、SCP-2127-1に入ると全ての色が失われ、モノクロに置き換えられたと述べました。また、両者ともに、SCP-2127-1への入場時にジャズ音楽が聞こえた事を認識していました。

この実験を通して、SCP-2127-1内に出現した女性は灰色のドレスを、男性は暗いピンストライプのスーツと灰色のフェルト帽を着用している事が分かりました。この衣装は後の実験でも一貫しています。ドレスとスーツの両方ともにミュンヘン警察のバッジが留められていました。Dクラス職員2名は、この服に異常な特性を全く見出していません。

SCP-2127と接触する際に対象者が身につけていた全ての衣服と道具は、SCP-2127-1に入る際に消失し、終了時に戻ってきます。これと逆に、SCP-2127-1内で集めた全ての装備は終了時に消失します。SCP-2127-1内で24時間が過ぎると、対象者は”次回があるさ、探偵!”と記されたカードと共に慰霊碑まで戻ってきます。これには1回の例外がありました(探査ログ2127-1Aを参照)。

SCP-2127-1入場時に対象者に与えられる物品のリスト:

  • 完全に装填済の0.357マグナムトルーパー拳銃、1丁 (実験の際、弾丸は空砲と判明)
  • 交換用の電池が付いたプラスチック製の懐中電灯、1個
  • 白チョーク、2本
  • 番号入りの証拠品袋、3袋
  • メモ帳とペン、1組
  • 煙草キャンディ、1パック

SCP-2127探査監督者、██████博士の覚え書き: エージェント ケラーとジャクソンがSCP-2127-1の地下室を去ってから、エージェント ジャクソンが慰霊碑に帰還するまでのおよそ3時間に起きた出来事は不明瞭だ。この時の出来事についてのエージェント ジャクソンの報告は大幅に変化する。エージェント達が森へ入った手段についてエージェント ジャクソンはそれぞれ別の機会に”歩いて入った”、”引き込まれた”、”あいつが俺たちを見ていて入って来るように呼んだ”と報告している。最後の証言は事件直後のエージェント ジャクソンの、大部分は理解不能な呟きから解読されたものだ。エージェント ジャクソンは現在入手可能な情報を抽出するために徹底的なセラピーを受ける必要があるので、インタビューは追って通知があるまで中止とする。しかしながら、SCP-2127はこの探査以降出現していないので、エージェント ジャクソンは殺人犯を発見したと合理的に想定できるだろう。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。