SCP-2129
評価: +1+x
SCP(1).jpg

飛行中のSCP-2129。実体は20██年██月██日、ブラジル軍[編集済]基地に於いて記録された。

アイテム番号: SCP-2129

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2129は1メートルのコンクリートで裏打ちされた厚さ10センチメートルのタングステン製の防壁を持つ特殊設計の真空密封コンテナ内で、休眠状態を維持させなければなりません。収容室は不活性ガス式防火システムによる酸素自給型調節システムを必要とします。コンテナは常時例外なく、6台以上のサーモカメラによって監視されなければならず、モールス信号でのコミュニケーションが取れるよう、拡声器が1台備え付けられなければなりません。設備は全て厚さ5センチメートルの耐爆積層ガラスで覆われねばなりません。長さ10メートルの廊下が収容室へと繋がっていなければならず、廊下も収容室と同一の仕様で設計されなければなりません。

SCP-2129の収容室が脱酸素化されていない間は如何なる場合であっても、職員の立ち入りが禁止されます。立ち入りの際は密閉耐爆スーツを着用しなければなりません。

収容違反の発生時は、プロトコル・ペルケレ-1が遅滞なく発動されます。

SCP3.png

捕獲直後に撮影されたSCP-2129の熱画像。

説明: SCP-2129は間断ない連続爆発を伴って出現する不可視の実体です。当該実体は三次元空間内を浮遊及び飛翔する能力を有し、時速152キロメートルに達することが可能です。当該実体の移動中には、毎秒およそ2回の頻度で絶えず爆発が発生します。爆発で放出されるエネルギーは5ギガジュールに匹敵する、あるいはTNT爆薬1.2トン分に相当するものと見積もられています。爆発はエネルギー生産の手段というだけでなく、その副作用でもあると理論付けられています。同様に、当該実体の飛行パターンの研究により、飛行方向の転換と爆発との相互関係が証明されています。

爆発していない瞬間を熱カメラで撮影したところ、楕円形かつ、体長約1メートルのヘビ型の体が認められ、それ以外の認識可能な特徴はありませんでした。実体の物理的な本体の特徴を発見するための実験は現在考案中です。

SCP-2129は爆発に気体を必要とします。当該実体は接触可能な気体を全て消費するまで、間断なく爆発を引き起こします。SCP-2129が気体を消費し尽くした後は休眠状態に入り、酸素の供給が可能となった時に活動を再開します。SCP-2129による爆発には通常の痕跡が残らないため、当該実体が爆発を発生させるためにいかなるプロセスを経ているのかは不明です。当該実体は爆発物や爆発性物質に誘引されるようであり、硬質面を隔てた爆発物を未知の手段により感知する能力を示しています。

SCP-2129は知性をも有しているとみられます。これは、SCP-2129が爆発の威力と長さを調節し、粗雑で時折不正確なモールス信号の形式によるポルトガル語でのコミュニケーションを図る能力を有することに裏付けられています。SCP-2129はこの方法により短文でのコミュニケーション及び同様の方法によるメッセージの理解が可能です。

長期にわたる会話により、SCP-2129は概して協力的ではあるものの気鬱症的な様子を示しており、大抵の場合収容に対するフラストレーションを顕わにし、解放と自由な放浪を要請します。

SCP-2129は20██年██月██日にブラジル連邦共和国の[編集済]沿岸の都市にて死者██名及びけが人██名の住民被害を引き起こした破壊の後に捕獲されました。当該インシデントは公には爆弾テロ攻撃によるものだとされ、事実を裏付ける証拠を偽造する試みがなお進行中です。全生存者には標準的クラス-3記憶処理が施されました。当該エリアは調査中との名目のもと封鎖されます。市民及び可能性上の一般調査員はいずれも当該エリアから何としてでも遠ざけるべきです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。