SCP-213-JP
評価: +73+x
s_ChryslerSCP.jpg
SCP-213-JPの外観

アイテム番号: SCP-213-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-213-JPはサイト-8181の収容ガレージにて保管されます。SCP-213-JPのエンジンキーは同サイト内の収容ロッカー07にあります。人間を使用した消失実験を行う場合は人事部とSCP-213-JP研究担当主任の許可が必要です。

(更新)担当職員は3日に一度、発炎筒、水やレーションの入ったサバイバル・パックと新品の平バールをSCP-213-JPの後部トランクに入れて消失させて下さい。この行程に使う車両はSCP-213-JPだけに限定されています。

(更新)財団はSCP-213-JPと同様の異常性を持つ自動車が他にもあるとし、その全てを確保するために警察と協力して捜索を続けています。現在までに、それぞれ車種の違う48台の車両の押収に成功しています。

説明: SCP-213-JPはその後部トランクに異常性を持つクライスラー社製のセダン、クライスラー・300Cです。SCP-213-JPの後部トランク以外は、通常のクライスラー・300Cのものと性能的な差異は全くありません。しかし、後部トランクを開け、その中に物体を入れた後に閉めてから再度開けると、内容物は全て消失します。

SCP-213-JPの後部トランクより消失したものは、恐らくは異次元に存在すると思われる施設(以降、SCP-213-JP-1と分類)へと転移することが明らかになっています。SCP-213-JP-1はある種の収容所・保管庫の様な機能を果たしているものとされていますが、その目的は不明です。SCP-213-JP-1には敵対的な人型SCPオブジェクト(SCP-213-JP-2)が複数存在し、施設を運用しているものとされています。詳しくは下記の "文書213-JP-A" 、もしくはインタビューログを参照してください。

SCP-213-JPは日本国内で起きた一連の誘拐・失踪事件に深く関与した疑いがあるため、警察によりマーキングされていました。警察が令状をとり容疑者宅を捜査する際、その容疑者自身がSCP-213-JPの後部トランクに逃げ込み消失したことで、財団はSCP-213-JPの調査及び確保に踏み切りました。

実験記録213-JP-01 - 20██/09/01
被験者: なし
目的: SCP-213-JPの転移先の無人調査
実施方法: GPSロケーター付きの遠隔探査ドローンをSCP-213-JPの後部トランクに入れて閉めた。
結果: ドローンが消失した。通信は途絶し、GPS装置はその機能を失った。

実験記録213-JP-02 - 20██/09/02
被験者: D-0442(自身の妹の暴行殺人に関与した6名の人物の殺害により起訴、過去4度にわたる刑務所及び拘置所からの脱獄・逃走歴あり)
目的: SCP-213-JPの転移先での有人探査及び可能であればドローンの回収。元の所有者が自らトランクに入り消失したことから、転移先は比較的安全であるはずだと判断。
実施方法: D-0442にサバイバル・パックと音声通信装置、記録用カメラを持たせ、SCP-213-JPの後部トランクに入れて閉めた。
結果: D-0442が消失した。音声通信は途絶し、その機能を失った。

それ以降の実験では、何ら有力な成果は得られませんでした。

補遺213-JP-01: 現在までに、SCP-213-JP-1から生還したと思われる行方不明者は日本国内だけで91人にまでのぼりました。彼らには情報を得るための質問を行い、それが終わった後でならCクラスの記憶処理を施してから解放しても構いません。

補遺213-JP-02: 財団の押収した48台の車両の内、45台は既に後部トランクで消失が発生しなくなっている事が判明しました。担当研究員はその45台に引き続き消失実験を行い、完全にその異常性が失われていることを確認して下さい。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。