SCP-2131
評価: +1+x
xDIpXeE.png

イベント2131-19の直後に撮影されたSCP-2131の写真。外傷が無い事に注意。

アイテム番号: SCP-2131

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-2131は放射線遮蔽ヒト型生物収容チャンバーに常時収容します。この収容チャンバーには、標準的なヒト型生物収容室に関連する設備を導入します。現在の収容プロトコルでは、SCP-2131はガンマ線イベントを制限する目的のために独自の手法で祈りの儀式を実行できるようになっています。いかなる状況でもこの儀式が職員によって中断されてはなりません。

いかなる状況でも、定期的なガンマ線イベントの事前および事後2時間にインタビューが行われることはありません。全てのインタビューは、SCP-2131ガンマ線イベント中に放出されるガンマ線放射からインタビュアーを保護するのに十分な障壁を備えた、隣接する遮蔽インタビュー室を利用して行わなければなりません。

説明: SCP-2131はアヴィニョン教皇ベネディクトゥス13世を自称する人間男性です。回収時、SCP-2131は古風なイタリア語・フランス語・ラテン語・およびこれら3つの言語に関連する以前には未知の混成言語を話す事が可能でした(収容中にSCP-2131は英語にも堪能になりました)。16時間ごとに、SCP-2131の質量のごく一部は自発的に反物質へと変換され、これに伴ってガンマ線バーストが放出されます。

SCP-2131によって考案され実施されている毎日の祈りの儀式は、ガンマ線バーストを防止するのに極めて有効であることが分かっています。しかしながら、祈りの儀式がイベントの約95%で有効性を見せている一方、収容中に制御できていないイベントの発生はより頻繁なものとなりつつあります。

SCP-2131に関連するガンマ線曝露は、SCP-2131自身と放射線耐性を持つ微生物群を除き、イベント中に存在している殆どの生物にとって致死的です。SCP-2131の明白な長寿(1328年に誕生したという主張を含む)はガンマ線バーストとの間に繋がりがあり、肉体的損傷は制御されていないイベントの際に回復します。ここには死亡するに十分な外傷が含まれます。

SCP-2131は当初、アラバマ州南部のジョシュア・バプティスト教会から回収されました。教会の助祭数名が、血の犠牲に関わる儀式を支援するための努力の一環として、セブン・ソサイエティ1を介して情報を取得していました。このやり取りの詳細を記した文書も回収されています。しかしながら、この時セブン・ソサイエティの代表者を名乗った人物は、財団とMC&D両者の協調的努力にも拘らず、発見できていません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。