SCP-2133
評価: +7+x
15_Russian_Village_on_Tundras.jpg

SCP-2133

アイテム番号: SCP-2133

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 周辺地域との出入り接触を防ぐべく、SCP-2133の周囲10km範囲における警備を必ず維持する事となっています。周囲に沿って警備員が常時配置され、ロシアの軍事施設としての偽装を維持します。民間人または敵対的な存在によるセキュリティ侵害の発生時には、致死性の武器の使用が認可されます。SCP-2133の人里離れた環境により、偶然の発見は稀な事が保証されています。SCP-2133への探査および当共同体との交流時には、職員はレベルAのHazmatスーツを着用する事となっています。

説明: SCP-2133は北部ウラル山脈に位置する無名の村です。正確な数は記録困難ですが、推定される人口は50人です。様々な病原菌がSCP-2133近郊において発見されており、そのうち幾つかは未知の物です。病原菌には以下の物が含まれます。

  • マイコバクテリウム属のらい菌及びその種(ハンセン病の原因となる)
  • エルシニア属ペスト菌(肺炎、敗血症、線ペストの症状を示す)
  • サルモネラ属エンテリカ種の亜種(腸チフスの原因となる)
  • インフルエンザウイルスA型、B型、C型
  • ビブリオ属コレラ菌(コレラの原因となる)
  • 天然痘ウイルスmajorタイプ及びminorタイプ(天然痘の原因となる。1975年時点で、SCP-2133外部では根絶)

SCP-2133-1と指定されるSCP-2133の住民は、これらの病気に対して相対的な抵抗性を示します。症状は通常の病気と同様に進行し、外見上にも病態となり衰弱はするものの、死は比較的に稀です。

SCP-2133-1は、彼らがSCP-2133から去る事を望まない、あるいは出来ない事を示しています。遺伝子分析からは重度の近親相姦が明らかになりましたが、封じ込め下に入ってからの有性生殖行為は一度も観察されていません。病気は彼らの主要な異常性が示す症状であり、病気そのものは異常ではないと仮定されています。

SCP-2133-1に関する最も重要な異常性は、一種の転生を行うことです。死亡した個体は急速に腐敗し、次の新月の夜に、畑から幼児の姿で収穫されます。SCP-2133-1個体は、転生前の記憶と外観を持ち続けています。畑からの土壌サンプルは、胚に関する流体を含んでいると分かりました。

640px-Cannibalism_russian_famine1921_6_peasants_bouzuluk_district_and_remains_of_humans_they_eatten.jpg

SCP-2122の住民達

SCP-2133-1は古風なロシア語の方言で話します。定期的にインタビューには応じるものの、彼らは概ね歴史や伝統についての本質的な詳細を打ち明ける事は拒絶します。彼らの生活様式は14世紀の農奴と類似したものが記録されており、高度な技術に対する深刻な恐怖症を示しています。住民たちは文盲であると思われ、当村に言語が記された物は書物も他の如何なる物も全くありません。彼らの文化や信仰について分かっている部分は、観測活動と僅かな回数だけ成功したインタビューを通じて収集されたものです。SCP-2133-1は自分たちの宗教を”赤き収穫の教会”であると語りますが、その教義や神話は余り分かっていないままです。

SCP-2133-1は財団職員を無視する傾向があり、何らかの行為で彼らの日々の作業が邪魔された際のみ敵意を表します。職員はSCP-2133-1の反感なく建物内にも入る事が出来ますが、これは教会を只一つの例外とします。教会に進入する試みは全てSCP-2133-1およびSCP-2133-2との激しい戦闘行為を引き起こし、結果としてHazmatスーツの損傷を介した病原菌への感染、あるいはSCP-2133-2による絞殺および刺突によって複数の死亡者が出ています。

SCP-2133-2は、SCP-2133全域で発見される把握力を有した有機構造体であり、色は暗赤色で、触手状です。SCP-2133-2は教会を完全に包み込んでおり、そこに侵入を試みる職員を攻撃、あるいはSCP-2133-1個体の入場を可能とするためだけに動いているように思われます。SCP-2133-2から除去された組織サンプルは、遺伝的に同一であり、ホモ・サピエンスと密接に関連するものでした。

SCP-2133-1は夜明けから夕暮れまで畑で働きます。日没時にSCP-2133-1全員が教会に入って行き、おそらくは日々の収穫を積み上げると共に、帰宅するまでの約3時間を教会内で過ごしています。SCP-2133-1はその後夜明けまで眠り、翌日になると同じ過程を始めます。SCP-2133の収容記録を通してみても、この日課に特に変化はありません。SCP-2133-1の振る舞いにはまた、2時間程も虚空を見上げている、壊疽した手足や増大した腫瘍を自己切断する(これらは教会内に置かれます)、定期的に支離滅裂な呟きをしばしばする、といったものが含まれます。

転生という異常な用途を除けば、畑は主にカブを育てるために使われます。SCP-2133-1以外の者の死体では異常な再生はされません。SCP-2133-1個体から採取した糞便は、見たところカブが唯一の食料源にも拘らず、高タンパクの食事を取っていることを示唆しています。

SCP-2133はGRU”P”部局によって1936/10/3に発見・収容され、その制御は1991年のソ連消滅後に財団へと委譲されました。アーカイブ文書は、GRU”P”部局がSCP-2133の存在を知ったのは地域で発生した疾病のパンデミックが原因であることを示唆します。SCP-2122の封じ込め及び調査のために、適切な手順が間もなく確立されると共に、数ヶ村が検疫下に置かれました。

アウトブレイクは、SCP-2133と接触・感染した鉱物調査チームの帰還によって始まったと仮定されています。調査隊らは、南に向かう旅路で集落との接触を介し、意図せずして流行の引き金となった後に死亡したと思われます。

インタビュー:

探査:

機動部隊ベータ-7("マズ帽子店")は、財団工作員およびSCP-2133-1個体の死傷者を出さずに、SCP-2133住民を制圧することが出来ました。MTFベータ-7の工作員12名から成る探査チームは、頭部装着無線・ビデオレコーダー・A型Hazmatスーツ・汚染されていない空気のボンベ(3時間供給)を装備していました。焼夷弾による顕著なダメージを受け、SCP-2133-2の巻き髭は土壌内に後退しました。

教会内部では、幾つかの呪物(骨と革で製作されたもの)と、鉄鉤に吊り下げられて天井から鎖で下がる有機物(後に腫瘍の塊と判明)が見つかりました。建造物の中心部では大きな亀裂が発見されました。これはSCP-2133下部の洞窟への入り口であり、後日、近隣の山へと拡張している事が判明しました。

探査開始から約25分後、これ以降SCP-2133-3と指定される数匹の生物が発見されました。生物の大きさと、その場を去りたがらない性質から、MTFベータ-7はSCP-2133-3個体の1匹を終了して解剖のために持ち帰りました。

死亡したSCP-2133-3個体を運び出した後、探査チームは空気ボンベを交換して任務に戻りました。特に何事も無い探査が約50分続いた後、ビデオおよび無線での接触は争いの様子も無く途絶しました。約6時間の沈黙の後、無線連絡は再確立されました ― ビデオ映像は途絶えたままでした。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。