SCP-219-JP
評価: +63+x

アイテム番号: SCP-219-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-219-JPはGPSにより常にその位置を監視してください。オブジェクトの周囲20km範囲内はいかなる艦艇も接近させてはいけません。万が一SCP-219-JPが一般人に目撃された場合はAクラス記憶処置が許可されます。
定期的に財団所有の潜水艦によってオブジェクトの温度測定を行ってください。異常な兆候が見られた場合は即座にプロトコル219-14Qに従い行動してください。

説明: SCP-219-JPは全長約130メートル 全幅約12メートル、推定重量は2500tにおよび、主に海中を単独で行動します。外見上は近代的設計の潜水艦様の構造体を持ち、特に████級 弾道ミサイル原子力潜水艦に形状が類似しており、関連について研究が進められております。その他に外見には目立った特長はなく周囲には小魚などを多数引き連れています。
平均時速10kmほどで太平洋上、█島周辺海域を半径数百kmにわたって回遊しており、調査開始より現在まで単独で行動を続けています。赤外線による探査の結果、内部に非常に高温な構造体が確認されており、調査によりこれが稼動状態にある原子力炉に相当する可能性が示唆されております。現在の所、周囲に放射線の漏洩は確認されていません。

SCP-219-JPは当初、日本の自衛隊によって未確認の所属不明潜水艦として補足されました。自衛隊の調査により一切の応答が無い、内燃機関による駆動音がみられない、通常の潜水艦ではありえない異常な運動などが確認され、以後の調査は財団によって引き継がれました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。