SCP-2190
評価: +3+x

アイテム番号: SCP-2190

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 地域の携帯電話メーカーや流通業者に潜入している財団エージェントは、SCP-2190の活性化領域内で販売された全ての電話に、SCP-2190からの着信を自動フィルタリングするように設計変更されたSIMカードが入っていることを確実にしてください。

POI-2190-2の居住地の近くに住んでいる覆面フィールドエージェントには、POI-2190-2とその家族の幸福を監視して確実なものとし、POI-2190-3が愛情深い夫以外の一面を持っていると地域住民に思わせないための責務があります。

説明: SCP-2190はフィリピンの国内通信システムに出現する電話実体です。以前の出現記録から、SCP-2190は、故人のフィリピン人女性████ █████████(POI-2190-1と指定)と同一の人格・声質・財源を有していることが示されています。SCP-2190は、POI-2190-2が現在居住している家の半径100km以内にある携帯電話に呼び出しを行うことが可能です。最初のSCP-2190の電話は、POI-2190-1が心不全のため78歳で死去した3日後の2007/02/05に発生しました。

SCP-2190は、POI-2190-1の貯蓄と当座資産を、完全かつ改変不可能なレベルで支配しています。これはPOI-2190-1が死去する以前から保有していた財産の全てを包括しており、POI-2190-1は法的に死亡が宣言された後にもこれら財産の完全な所有権を保持しています。官僚に対する異常な影響力が疑われており、調査中です。

SCP-2190による財源利用を防止または制限する試みは、一貫して失敗に終わりました。コンピュータ化されたシステムを経由してPOI-2190-1の銀行口座の凍結・所有権の譲渡・残高の編集を試みるとシステムエラーが発生し、SCP-2190の財産に関連する物理的な文書への変更は翌日になると異常な形式で元通りになります。さらに金融機関に勤務する人物は、POI-2190-1の銀行口座からの取引を改竄/拒否するように指示を受けた場合、その指示を即座に忘却します。

2~3週間ごとに、SCP-2190は選択した人物に電話を掛けます。記録からは、SCP-2190が以下の基準に基づいて選択を行っていることが示されています。

  • 受信者は、POI-2190-2が生活している場所の近所に住んでいなければならない。
  • 受信者は、体力および知能を適度に備えていなければならない。
  • 受信者は、多額の金を緊急に必要としていなければならない。

SCP-2190は通話中、POI-2190-1の娘である██████ █████(POI-2190-2)の母親を自称します。SCP-2190は、POI-2190-2が夫のアルバート・█████(POI-2190-3)に虐待を受けていると主張し、受信者に対して両者の関係を終わらせてほしいと嘆願します。SCP-2190は、結婚生活を成功裏に終わらせた場合は5000ドル(224850ペソ)の報酬を支払うと申し出て、うち10%を前払いすると述べます。受信者が同意した場合、 SCP-2190はPOI-2190-2、POI-2190-3、彼らの息子であるフィリップ・█████(POI-2190-4)の居場所を通知します。受信者がこれらの条件に同意した場合、2~3日以内に電信で500ドル(22485ペソ)が送金されます。

SCP-2190は2008年、POI-2190-4誘拐事件を警察が捜査している最中に発見されました。誘拐犯はPOI-2190-2に対し、息子を返してほしければ離婚して名字を元に戻し、母親の家に帰るように要求文を送っていました。POI-2190-2は要求を無視して地元法執行機関の助けを求めることを選択し、警察は無事にPOI-2190-4を発見・誘拐犯を逮捕することができました。誘拐犯が共犯者として名を挙げ、POI-2190-2が頻繁に通話していたと述べたPOI-2190-2の母親が数年前に死亡していることが判明した時点で、SCP-2190はフィリピン司法当局に潜入していたフィールドエージェントの注意を引きました。

SCP-2190が本質的に異常であると確認された後、POI-2190-2の一家は財団の勾留下に置かれました。当初、彼らは恒久的に財団施設内に居住させる予定でしたが、サイト-92に彼らが存在することによって、SCP-2190は機密の財団通信ネットワーク上で通話を開始しました。これは容認しがたいセキュリティ侵害と看做され、一家は記憶処理を施されて一般社会に返されました。その後の数年間にわたるPOI-2190-2の家庭生活の広範な観察は、POI-2190-3に虐待の性向があるという証拠を示しませんでした。

文書ログ: 以下は、短期間サイト-92にいた時期に行われたPOI-2190-2へのインタビューからの抜粋です。

補遺: 以下は、SCP-2190収容に関する、SCP-2190監督研究者ジェスロ・ボステネロ博士の声明です。

過去数年にわたり、少なからぬ同僚がSCP-2190の収容についての懸念を述べてきている。彼らが抱いている疑問は概ねこうだ。「この異常存在はPOI-2190-2とPOI-2190-3を別れさせれば潜在的に不活性化できるのに、なぜ現在の収容プロトコルにこれほど資金と人手を注ぎ込んでいるのか?」

残りは、別な収容プロトコルが既に提案・検討されていると確信している者たちだ。現行の収容プロトコルは、具体的には、以下の理由によりO5評議会によって選択・承認されている。

第一に、POI-2190-2とPOI-2190-3を意図的に分離する行為は、潜在的に異常現象の無力化試行となり得る。無力化を行うのは、問題の異常存在が正常性とあまねく人類への重大なリスクを齎す場合のみだ。SCP-2190はこの要件を満たしていない。“我々はナントカ連合ではない、破壊せずに収容する”。いい加減聞くのもウンザリだろうと確信しているが、これは未だこのような状況に非常に適用可能な古くからのマントラだ。

第二に、収容プロトコルの現在の費用は、中傷者どもが示唆するほど潤沢なものではない。大規模な人口密集地に覆面フィールドエージェントがいるのは標準的方法であり、バギオにおいてもそれは例外ではない。なので我々は余分な人材を消費してなどいないのだ。修正したSIMカードに関しても、携帯電話そのものの売却で元が取れるので、費用もさほど掛からない。

第三の理由は、非常に単純だが、感情面の問題だ。財団職員の自殺率が高いのは隠し立てする事でもない。これは、我々が下さねばならない困難な決断と、より大きな善のために取らねばならない行動に起因している。SCP-2190はある種の勝利だ。SCPを封じ込めすることによって、生き地獄を耐えた一家が遂に幸せに生きることを可能とした稀なケースだ。これらの“いい話”による士気の向上レベルは馬鹿にできん。

SCP-2190に関する他の質問や懸念がある場合は、勤務時間内なら、いつでも私に電話してくれ。

- ジェスロ・ボステネロ博士

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。