SCP-2192
評価: +1+x

アイテム番号: SCP-2192

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2192は、幅10cm以上の鉛製レンガで覆われたコンクリート製のチャンバー内に収容し、耐熱性のセラミック材で内側と外側を被います。毎週レンガの歪み点検と、毎週溶融のための点検および交換の両方またはいずれか一方を行なってください。SCP-2192が使用するために提供される家具は、熱耐性および難燃性の材料で作られていなければなりません。チャンバーには、高圧の冷水スプリンクラーシステム、温度を監視するための計測器、周囲の放射能レベルを監視するための計測器が取り付けられていなければなりません。SCP-2192の要求に応じて5~7歳児に適したおもちゃ、クレヨン、色鉛筆、紙、娯楽に使用するための石板と色のついたチョーク(付録2192-01および2192-01a参照)を提供することが可能です。いかなる場合でもSCP-2192はチャンバーから出してはならず、チャンバー内に立ち入る人員は常に放射線防護服を着用しなければなりません。SCP-2192のチャンバーは、温度と放射レベルの変化を常に監視しなければなりません。さらに、チャンバー内の周囲温度が10℃以上上昇した場合は、スプリンクラーシステムを直ちに起動する必要があります。

SCP-2192のチャンバーから出された物はすべて除染し処分する必要があります。

SCP-2192の監視シフトから外れるすべての要員は、身体的および心理的検査を受けなければなりません。SCP-2192への曝露が懸念される人員にはヨウ化カリウム錠剤1が与えられます。

説明: SCP-2192は、身長114cm、体重約20kgの5歳~7歳の人間です。性別はSCP-2192の表面全体を覆う広範な組織損傷のために、物理的に明らかになっていません。 血液検査とDNA検査も、オブジェクトの異常な性質のため危険であるだけでなく、決定的ではありません。SCP-2192は自身を女性と認識し、 "ミラヤ"という言葉および他のロシア語の愛称に反応します。SCP-2192は、5歳~7歳までの一般的な母国語話者と同じレベルでロシア語を読み、話します。SCP-2192の気性は、5歳~7歳の一般的な子供と同等であり、SCP-2192の収容状況を考慮しても、心理的発達は正常に見えます。SCP-2192は通常良く振る舞い、友好的で、感情的であり、部屋に入る全員を「友達」と呼び、楽しんでいるようです。

SCP-2192の表面積の100%が深刻な放射線火傷で覆われており、表皮の80%以上が完全に破壊され、下層の真皮にも深刻な損傷があり、皮下組織の5~10%が損傷を受けています。結果として神経損傷が生じるため、SCP-2192は不快感を露わにしますが、これらの熱傷は深刻な痛みを引き起こしません。SCP-2192が不快感や痛みを訴えている場合は、鎮静剤などの放射線による火傷における一般的な治療を行うことが出来ます。SCP-2192の収容以来、火傷は治癒の兆候を示しておらず、応急処置の効果はないようですが、SCP-2192は処置を楽しんでいるように見えます。SCP-2192は、収容されてから身長や体重に変化がなく、子供の気性を保持しています。 現時点では、SCP-2192の異常な性質が成長を阻害していると推測されます(補遺2192-02参照)。

SCP-2192は放射能が高い状態、つまり特別収容プロトコルが守られていない場合、60分以内に急性の病気を引き起こすガンマ線を高レベルで放出します。休息中または弛緩状態のSCP-2192の正常な体内温度は約120℃ですが、混乱、動揺状態では400℃を超えると記録されています。SCP-2192が放射する放射能エネルギーのレベルは、身体的または情緒的苦痛に比例して増加します。これは、"闘争・逃走反応2"による身体的変化と類似した自動応答であるように見えます。

SCP-2192は199█年3月、█████████周辺地域における異常現象の報告を調査する財団研究者によって発見されました。その時、SCP-2192は、██████,███████にある放棄された団地の廃墟に一人で住んでいました。 最初の接触では恐怖を示しましたが、急速に研究者に慣れていきました。最終的には研究者に近づき、廃墟で見つけたと話す"綺麗な石"を差し出しました。それは一見、友情の証のようなものでした。

SCP-2192の起源を特定するためのインタビューはSCP-2192自身が発見以前の██████での生活を詳しく話すことが出来ない、または望まないため成功していません。

SCP-2192のさらなる心理検査により他者に対する有害な影響を認知しておらず、また、自身が発している放射線についての理解がないことを示されました。SCP-2192の性質により、真実を知ることが深刻な心理的外傷を引き起こし、収容が今まで以上に困難になると予測されるため、異常性質の完全な意味を認識させるべきではありません。SCP-2192が収容に関する質問をした場合、治療のために収容されていると信じさせるように誘導することが推奨されます。

補遺2192-01: SCP-2192にクレヨンを与えてないでください。 接触時、SCP-2192の高い体温が即時にクレヨンを溶かし、SCP-2192にかなりの精神的苦痛を与えます。

補遺2192-01a: 形容できない火災が発生する危険があるため、紙をSCP-2192に与えるべきではありません。

補遺2192-02: ██/██/████、SCP-2192収容チャンバー内の温度が突如20℃以上上昇し、室内の冷水スプリンクラーシステムが起動しました。職員がチャンバーに入ると、苦痛を受け、床に倒れているSCP-2192を発見しました。その後、SCP-2192は泣き始め、脚の深刻な痛みを訴えました。身体検査により、SCP-2192の肉体にいくつかの裂け目が開き、両足の太ももと脛が二つに裂けて骨が露出していることが明らかになりました。さらに、SCP-2192の身長は3cm成長しており、重度の火傷が原因で肉体の柔軟性が喪失していることにより、組織に亀裂が生じたことがわかりました。重度の鎮静剤が投与され、短期的な解決策として有効だと思われます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。