SCP-2234
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-2234

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 財団のコンピュータ機器は全て最新のセキュリティパッチで更新されます。機動部隊ロー-9はSCP-2234に備えるため全ての財団ネットワークを監視し、プロバイダーおよびネットワークセキュリティ企業へのSCP-2234に関する技術情報の流出を管理し、SCP-2234の拡散を検知および阻止させるようにしてください。特にSCP-2234に関するどのような発見も、ソフトウェアに防止対策を加えることができるよう、ウイルス対策ソフトウェア企業に報告されるべきです。

各実例に関する特定の収容手順については、個々の文書を参照してください。

説明: SCP-2234は一種の異常なコンピュータウイルスであり、SCP-2234実例はストレージにある自己の内容を改変する一種のインジェクション攻撃を利用でき、そうすることで通常のサニタイズルーチンをバイパスします。

CP-2234は2015年7月1日に初めて財団の目に留まりました。財団のネットワークに接続していたコンピュータがSCP-2234-001の不正アクセスを受け、SCP-2234-001自身を含むパケットでネットワークをあふれさせ、他の数十台の端末に感染しました。それ以来、800を超える別個のSCP-2234実例が発見されています。

呼称 状態 効果
SCP‑2234‑250 Neutralized 感染したコンピューターからのHTTPレスポンスとともに特定の広告が返る。RedDB 4.3.31でパッチが適用されました。
SCP‑2234‑567 Uncontained ネットワーク接続プリンターに送信されたプリント処理に特定の動画広告を表示させる。詳しくは文書SCP-2234-567を参照してください。
SCP‑2234‑642 Neutralized ネットワークプリント処理に特定の認識災害シンボルを追加させる。プリンターのファームウェアを再度更新することで修正されます。SCP-2234-567との相互作用により本質的に無効化されています。
SCP‑2234‑658 Neutralized ネットワーク接続プリンターに特定の異常なクーポン券を自発的にプリントさせる。
SCP‑2234‑727 Uncontained 影響を受けたユーザーのソーシャルメディアの連絡先に機密人事履歴に基づいたターゲティング広告を送信させる。詳しくは文書SCP-2234-727を参照してください。

補遺: 特定実例文書

lEhGMaD.gif

SCP-2234-567の一例1

アイテム番号: SCP-2234-567

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2234-567-Aを含む文書は全て焼却されなければなりません。文書は必要以上に取り扱われるべきではありません。特にポインティングデバイス(書き込み装置、スタイラス、被験者の指先など)がSCP-2234-567-Aと物理的接触をしないように注意しなくてはなりません。SCP-2234-567の影響を受けた可能性のあるプリンターから印刷された文書は全てSCP-2234-Aを含んでいないことを確認し、SCP-2234-Aを含むページはもう一度印刷されなくてはなりません。

説明: SCP-2234-567は主に元の文書を覆い隠したり妨害するという形でネットワークプリント処理に動画グラフィック広告(SCP-2234-567-Aと指定)を添付するために利用される、異常なコンピュータウイルスです。いかなる種類のポインティングデバイスでも被験者がSCP-2234-567-Aに何らかの形で接触すると、頻繁に鮮明な幻覚体験をするということが報告されており、深刻なミーム感染または身体的危害を受ける可能性があります。


アイテム番号: SCP-2234-727

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 影響を受けた全てのデバイスは標準手順に従って分析された後、安全に破壊されます。有益であれば関係者に質問するべきですが、そうでなければ行う必要はありません。

説明: SCP-2234-727は異常なコンピュータウイルスであり、感染したユーザーのソーシャルメディアでの連絡先から、感染したユーザーをターゲットとした広告を自発的に送信するように作用します。これらには特定のブランド名への異常な参照、ユーザーが特定の製品またはサービスを購入することへの提案、または製品ウェブサイトへのリンク(よく短縮リンクを使って偽装されている)を含みます。

これらの広告は送信者が知ることのない機密情報に基づいてターゲットとなることが多く、注目すべき過去の出来事に、SCP-993を研究していた財団研究員がSCP-993、SCP-2030、研究員職をいずれも知らない財団外の個人から「Laugh Is Fun」シーズン1~7ボックスセットの広告にターゲットされたことを含みます。同様のスパム事案に、ポルトガルのタイムシェア2のリストがSCP-002を担当していたことがある研究員に送られ、SCP-2234を担当している研究員はノートン・アンチウィルス 1999の期限切れの割引コードを受け取りました。これらの事案はソーシャルメディアウェブサイトのプライベートメッセージを通じて発生する傾向があります。

SCP-2234-727は当初、広告を表示するためにユーザーのクライアントアプリケーションを操るものと考えられていましたが、さらなる調査により、実際には感染したユーザーのソーシャルメディアでの連絡先に影響を与えるものと判明しました。影響を受けた連絡先は影響を受けたユーザーへ意図的にリンクを送信します。調査の結果、連絡先はメッセージを送信する前には言及された製品の知識がないと明言しましたが、送信した瞬間、ユーザーが広告製品に純粋な興味を持っているだろうと感じたと主張しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。