SCP-224-JP
評価: +52+x
scp-224-jp.jpg

████神社設置時のSCP-224-JP

アイテム番号: SCP-224-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-224-JPは日本国内の神社の参道に設置します。設置された神社は優良な観光地として国内外向けに好意的に紹介され、参拝者数が年間10万人を下回らないようにします。観光地としての価値を高めるため、専門の企画部を設置してください。自動化された監視装置により常にSCP-224-JP下を通過する人数を集計します。偶数月の1日に年間参拝者数の予想が行われ、10万人に満たないと判断した場合は、より参拝者の多い神社への移転または処置"お百度参り"が実施されます。実験または処置"お百度参り"の失敗によりタタリイベントが発生した場合、処置"地蔵供養"を実施してください。

説明: 現在のSCP-224-JPは、████神社に設置された高さ9.28m、幅12.9m、太さ0.81mの石造りの鳥居です。SCP-224-JPは自己修復能力を持ち、軽微な傷は自動的に修復し、自立が不可能なほど破壊されると近隣の鳥居に特異性が転移します。SCP-224-JPは額束または貫の一部に漢数字が刻まれています(以下SCP-224-JP-1と呼称)。20██/1/2時点のSCP-224-JP-1は「八四五一六」です。毎年の1月1日の午前2時前後、過去一年間に鳥居の下を通過した人数が、SCP-224-JP-1未満であった場合、タタリイベントが発生します。同一人物による通過は1日につき1回のみ有効です。

タタリイベントが発生した場合、SCP-224-JP-1に不足した人数と同じ数の地蔵(以下SCP-224-JP-2と呼称)がSCP-224-JPを中心とした近隣地域に出現し、SCP-224-JP-1の値は不足した人数分増加します。SCP-224-JP-2の出現プロセスは不明です。出現地点の法則も不明ですが、山道の脇など地蔵として配置されていても不自然でない地点が選ばれる傾向があります。仮にSCP-224-JPの下を一人も通過しなかった場合、7年で国内の神社の年間最多参拝者数を超え、20年で日本の全人口が毎日参拝しても収容不可となり、██年で日本の国土はSCP-224-JP-2で埋め尽くされます。タタリイベントの影響が国外に及ぶかは検証されていませんが、実験では海中にもSCP-224-JP-2が出現したため、最終的には地球全土がSCP-224-JP-2で埋め尽くされるNK-クラス世界終焉シナリオに繋がると考えられています。

処置"お百度参り"は、財団職員へのSCP-224-JPの通過命令の発令と動員の手順を定めています。動員された職員はSCP-224-JP下を毎日1回通過することが義務化されます。平時に動員できる人員はレベル1職員のみです。

処置"地蔵供養"は、タタリイベントにより発生したSCP-224-JP-2の回収と廃棄の手順を定めています。タタリイベントにより出現したSCP-224-JP-2は特異性を持ちません。通常の石材の廃棄物として処理できますが、外見が地蔵という特性上、粗雑に処理する現場を近隣住民に目撃された場合に通報や騒ぎが発生するおそれがあります。このため回収は教育を受けた職員により行われます。回収されたSCP-224-JP-2は、財団フロント企業により一般的な地蔵として民間人へ販売することが許可されています。

補遺: ████博士の新入職員向けオリエンテーション

なぜSCP-224-JPがKeter実体に分類されているかわからない者はいるかね? たしかにSCP-224-JPは人を傷つけたりしないし、情報災害も認識災害も引き起こさない、収容されている限りは実に無害な存在だ。収容違反が発生したところで、何体かの地蔵を生み出すだけだし、一見その影響は軽微のようでもある。しかしそれは、財団収容下にある、という前提のもとに成り立っている。君は床が地蔵で埋め尽くされた部屋で生活できるかね? 高速道路や空港の滑走路に地蔵がゴロゴロところがっていたら? SCP-224-JPが適切に収容されていなければ、ほんの数年でそれが現実のものとなる。直接人類が殺戮されなくとも、現在の人類の文化が根底から破壊されること、それこそが世界終焉シナリオなのだ。

scp-224-jp-2.jpg
事案224-JP-█発生時のSCP-224-JP-2実体
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。