SCP-2247
評価: +2+x

アイテム番号: SCP-2247

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2247はサイト-17の、防音壁を備えた改良済のヒト型生物収容室に収容されます。収容室の外にいる時のSCP-2247には口枷をはめます。SCP-2247と接する職員には、ノイズキャンセリング・ヘッドホンの着用と、(好ましくは)スペイン語を余り/全く理解していないことが求められます。

SCP-2247へのインタビューはスペイン語を話せるDクラス職員を経由して行われます。SCP-2247が関与するインタビューの音声録音には、レベル1-4/2247のセキュリティクリアランスを持つ職員のみがアクセスできます。アストラハン・プロトコルに則り、O5評議会のメンバーはSCP-2247の声の録音にアクセスすることが禁じられます。代わりとして、発言内容の転写へのアクセスが認可されています。

説明: SCP-2247は明るい色の肌をした成人男性です。身長・体重はそれぞれ1.83mと75kgです。SCP-2247はスペイン語を話すことが可能ですが、スペイン語の書き言葉は理解できません。MRIスキャンでブローカ野に損傷は無いことが示されています。SCP-2247の左大腿部には、製薬会社のアボット・ラボラトリーズによって製造された製品のシリアルナンバーと一致するバーコード型の痣が刻印されています。

SCP-2247の生理機能は異常性のないヒトと一致します。SCP-2247から摘出された生物学的素材は、本体から少なくとも3分間連続的に引き離された場合、元々抽出された素材と等しい質量を有する以下の物質に変換されます。

生物学的素材 変換後の物質
頭部から抽出した髪と皮膚 ポリプロピレン
身体・首・手足から抽出した毛・爪・皮膚 ポリエチレン
体液と皮下組織(筋肉など) チオペンタールナトリウムと炭酸ナトリウムの混合物からなる溶液

注目すべき点として、体液サンプルをSCP-2247の頭部から抽出した場合、変換を受ける溶液の量は身体の他の部位から採取した場合よりも一貫して少なくなります。一度変換された物質をSCP-2247に再導入しても、逆転は起こりません。

SCP-2247の口頭のコミュニケーションは疑問文に限られています。財団が知る限り、SCP-2247は質疑形式以外の言葉を発声する様子が観察されていません。SCP-2247の発声を知覚・理解した人物(以下、“対象者”とする)は、SCP-2247の質問に影響を受け、問題の話題に関する対象者の事実的知識および/または誠実な意見に基づいた答えを返すことを強いられます。

SCP-2247は1985/██/██、ブエノスアイレスにあるアルゼンチン国立図書館の外部にて、近隣の財団施設へ向かう道を民間人に尋ねている様子が目撃されたことを切欠に回収されました。セキュリティ違反疑惑に対応し、機動部隊アルファ-7(“セキュリティ・ブランケット”)がSCP-2247を捕獲するために派遣されました。

SCP-2247は、自身の異常性質を用いてMTF A-7隊員が財団に所属していることを確認した後、問題なく降伏しました。対象は後日、医療検査で異常な特徴が検出された時点でSCP-2247に指定されました。地元のメディアチャンネルを通じて、SCP-2247は精神科病棟から逃走した患者であったとするカバーストーリーが流布されました。

補遺2247-1: アルゼンチン政府から回収された記録は、1978年から1982年にかけて、SCP-2247と同一の身体的および異常的特徴を有する人物が投獄されていたことを示しています。対象は、ブエノスアイレスの海軍技術士官養成高等学校(ESMA)1の薬品庫へ侵入した罪で起訴されていました。SCP-2247がESMAへ侵入した手段は不明です。

SCP-2247の逮捕後に行われた在庫品調べで、チオペンタールナトリウムと炭酸ナトリウムの溶液が入った500mg容量のガラス瓶が1本紛失していることが確認されています — 瓶の行方は不明のままです。

獄中生活を送る中で、SCP-2247はESMAに拘留されていた囚人からの自白の聞きだしを支援していたことが判明しています。SCP-2247は1982/██/██、正体不明の侵入者2名に付き添われて独房から姿を消しました。

補遺2247-2: SCP-2247が関与するインタビューの抜粋

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。