SCP-2265
評価: +5+x

アイテム番号: SCP-2265

オブジェクトクラス: Neutralized (元Euclid)

特別収容プロトコル: 2011年10月24日以来、SCP-2265は無力化されたと考えられています。SCP-2265の以前の収容エリアは、異常性がある活動からは解放されたとみなされており、財団のフロント企業Simon&Chesterson Propartiesによって改装され、民間投資家への売却が承認されています。Masahiro Goto氏とAndrew Verit氏(以前のSCP-2265-AとSCP-2265-B)は、現在サイト68の低セキュリティ人型生物封じ込めウィングに収容されています。彼らの解放の可能性が倫理委員会によって検討されています。

説明: SCP-2265は、カリフォルニア州███████にある、閉店したイタリアンレストランマリオとその周囲20平方メートルに影響を与える、二時間分の局所的な時間ループです。SCP-2265は、不浸透性と自己含有性を持ちます。SCP-2265-AとSCP-2265-B含めどのような物品もこの時間ループに導入、また除去することができません。

SCP-2265が現れた時、京都大学歴史学教授のMasahiro Goto氏はSCP-2265-Aに、カリフォルニア大学██████のAndrew Verit氏はSCP-2265-Bになりました。SCP-2265が活性化していた時、SCP-2265-AとSCP-2265-Bのいずれも、ループ反復の最中に加齢が観察されませんでした。SCP-2265-AとSCP-2265-Bの双方ともSCP-2265を取り巻く環境の変化を認識せず、時間ループの開始時から状態から変化していないものとして認識していました。SCP-2265-Aは、時間がループしている事と、昔から繰り返している事と、これを終了することができない事へ知覚している事を示しました。 SCP-2265-Bは出来ませんでした。

1991年1月13日、レストランマリオにて夕食をとっていたGoto氏とVerit氏とともに、彼らが座っていたディナーテーブルとその周辺エリアがSCP-2265になりました。このときGoto氏は一連の講義を行う為に米国を訪れていました。彼とVerit氏は、この講義と、Goto氏の、アメリカでの残りの計画について議論する為に外食をしていました。SCP-2265の異常な効果がレストランの従業員により記録された後、財団エージェントが派遣され、クラスB記憶処理がすべての関係者に投与されました。レストランマリオはその後閉鎖されました。SCP-2265-AとSCP-2265-Bは、自動車事故で死亡したと報告されました。

補遺2265: 異常活性の停止: 2011年10月24日、SCP-2265は正常なループの終了時にリセットされず、SCP-2265-AとSCP-2265-Bは共に即座に周囲の環境を意識するようになりました。その後まもなく、SCP-2265-Aは、笑いとヒステリックに泣き始め、周囲の財団職員を抱きしめることを繰り返しました。SCP-2265-AとSCP-2265-Bの両方が拘束され、以前SCP-2265であった物品を除去した後、収容エリアは放棄されました。一週間後、テストにより彼らが何の異常な特性を保持していない事が明らかになり、Masahiro Goto氏とAndrew Verit氏はSCP-2265-AとSCP-2265-Bとしての指定が解除されました。

補遺2265-2: インタビュー記録:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。