SCP-227-FR
評価: 0+x
Zodiaque2(1).jpg

発見時のSCP-227-FR。

アイテム番号: SCP-227-FR

オブジェクトクラス: Safe

脅威レベル:

特別収容プロトコル: SCP-227-FRはサイト-Kybianの第03収容倉庫に収容します。実験の被験者がSCP-227-FRの効果に十分冒されるまでの期間(プロトコル227-Tに応じて確定される不定の実験継続期間に続く、決定的同調に達するまでの4週間)を考慮して、実験に使用されたDクラスの被験者は月毎の終了が免除されます。研究者は実験を行うために、旧1フラン硬貨のストックを用意して下さい。

説明: SCP-227-FRは手を加えられた「フォトマトン」製の写真ボックスに類似した機械です。寸法は3.10 x 2.20 x 0.50mであり、黒とマリンブルーで彩色されています。

SCP-227-FRの前面には二つの開口部があり、ひとつは1フラン硬貨を投入して「星占いの上映」を開始するためのもの、もうひとつは小さな受け皿の中にある、上映の終わりに文言の書かれた紙が出てくるものです。

SCP-227-FRは上部に"HOROSCO-MATON"(原文ママ)と表示したパネルを備え付けているほか、入り口の掲示には以下のように書かれています :

天体は
どんな未来をあなたに約束するのだろう?

心の問題? 昇進の希望? 未来があなたに取り置くものを、革命的なオロスコマトン®で見てみよう!
貴方達の運命が、数千光年離れた場所で融合し旋回する水素分子に御されていると考えられる以上、貴方達が自らの人生を如何に導いて行くのかについて、尚も仔細な情報を得るべく機械を用いて全てを外挿しない理由があろうか?

SCP-227-FRの内部は白く塗られており、天井にはハロゲンランプが付いてます。そのほか白い回転椅子や、入り口には黒いビロードのカーテンが備え付けられており、椅子の正面の壁にはブラウン管の画面が嵌め込まれています。

SCP-227-FRにはコンセントが付いているにもかかわらず、機能するに当たって電源への接続を必要としないと思われることに注意して下さい。

人間(以後「被験者」と表記)が1フラン硬貨を入れてボックスの中に座ると、画面が自動的に点灯し、被験者に対して要求を行うメッセージを映し出します。この要求は、計算に必要な基本情報1をSCP-227-FRが手に入れる際に役立つものと推測される「手相評価」を、機械が確立出来るように手を画面に置いて5つ数えるよう求めるものです。

被験者が指示に従うと、画面には簡潔に待機画面が表示された後、被験者についての正確な情報を複数含む一覧表が映し出されます。この情報は常に極めて正確であり、また次の事柄を含んでいます :

  • 被験者の生年月日および出生時刻。
  • 被験者の出生地の地理座標系。
  • 被験者の星座。
  • 被験者の先祖。
  • 被験者の利き手(左利きか右利き、あるいは両利き)。
  • 隠し事(財団が活用するには重大性に乏しいもの)。

画面はその後被験者に対して、表示された情報を「はい」か「いいえ」で、口頭で確認するよう要求します。ボックスには集音機が付いていないにもかかわらず、返事は常に勘考されているように思われます。被験者が画面に表示された情報を確認し終えると、画面は被験者をボックス外側の、予言の書かれた紙片が出てくる受け皿の方へと案内します2。ひとたび被験者が外に出ると、画面は自動的に消え、紙片が作成されます。

最初に作成される紙片は、被験者の過去についての曖昧で平凡な情報を提示します。被験者は、失望もしくは軽い驚きや怒りを感じ、いずれにしても強い不快の念を抱くとともに、自身が悪戯や詐欺の被害に遭ったものと考えます。しかしながら、SCP-227-FRへの曝露後の週のさなかに被験者は、機械がちゃんと機能しているかどうか、あるいは結果が元のままであるかどうか確かめたいという理由から、ボックスをふたたび試用したいという一層激しい欲望を感じるようになります。これが依存段階の始まりに当たります。

依存段階はおよそ25日ほどに及びます。被験者がSCP-227-FRを繰り返し試用する度に、与えられる情報はより正確に、またより近い過去に関わるものとなります。被験者の依存度は試行に応じて段々と増大し、この段階の終わりには一日に何度も試行を行うまでになります。

この依存段階は、機械がもはや過去ではなく現在のことを予測するようになる「決定的同調」によって終わりを迎えます。決定的同調は、試行後21日から28日の間に発生し、この時与えられる文言は次の文面のまま変化しません :

あなたは今この紙を読んでいる。

決定的同調以降、被験者のSCP-227-FRへの依存はもはや治る見込みのないものとされ、また被験者は、少なくとも日に一度はSCP-227-FRを試用したいという、病的な欲求を有するようになります3。これとともに予言段階の開始が告げられます。

決定的な予言が終わりを迎えると、SCP-227-FRは被験者の未来についてのもっともらしい予言を生成し始めます。この予言は、数時間後の非常に近い未来に関する極めて正確なものから始まり、より遠い未来についての、ますます一般的な予言へと後退して行きます。

これらの予言は常に正確ですが、残念ながら、Dクラスに関する個人的な予言はほとんど取るに足りない曖昧なものであり、財団にとって興味深い情報は一切示していませんでした。

依存症により引き起こされる問題を加味して、研究員または軍事職員によるSCP-227-FRの使用の試みは一切禁じられます。個人的な興味によりSCP-227-FRを使用した者は、誰であれ降格されることとなります。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。