SCP-2273
評価: +3+x

アイテム番号: SCP-2273

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2273はタイプM標準的人型異常実体収容セルに収容し、その内装はSCP-2273の体質に合わせ、300キログラムまでの荷重に耐えられるものとします。また、この収容セルおよびセルに隣接する観察/インタビュー室はファラデーケージ1として機能するものでなければなりません。標準的な生活レベルの配慮事項が適用されます。SCP-2273はその健康を維持するために毎日およそ8000カロリーを必要とし、これを満たすだけの標準的人間用配給食糧が許可されます。サイト17の人型異常対応心理学者はSCP-2273に週ごとにインタビューを行い、SCP-2273の元の時間軸に関する知識を得るとともに、対象の精神的安定を維持することとします。SCP-2273はタイプB有知性異常体であり、制限付きの文学および音楽メディアへのアクセスが許可されていますが、この許可はいつでも取り消すことができます。

説明: SCP-2273は別宇宙に起源を持つ人型の実体であり、2つの要素で構成されています。SCP-2273-1は非異常性の人間の男性であり、異常生命体であるSCP-2273-2と共生関係を持っていると考えられています。この生命体はSCP-2273-1を完全に覆っており、表皮はまったく露出していません。SCP-2273-2の特筆すべき物理的特性は以下のとおりです。

  • 第2の外骨格を形成するキチン質の甲殻。
  • SCP-2273-2におよそ270度の視野とおよそ90度の両眼立体視能力を与える、複合レンズ状の目。
  • 軍事用森林パターン迷彩に似た土のような色の外見。
  • SCP-2273にそれ自体の重量に加えて1200キログラムの質量の運搬を可能にする、SCP-2273-1の筋肉・骨格器官と統合された高度な筋肉。
  • SCP-2273-2およびそのホストの栄養を得るために使われる、musca domestica2のものに似た口。
  • 軍隊の記章やバッジを表した入れ墨のような、色付きの瘢痕組織3
  • 広帯域での暗号化および非暗号化音声メッセージを送信可能な、完全に機能する有機無線トランシーバー4

また、SCP-2273-2はその循環系および神経系をホストと共有していると考えられています。

SCP-2273の身長はおよそ2.1メートルで、体重はおよそ290キログラムです。SCP-2273-2の外観は、前腕や肩甲骨に大きな傷跡が見られます。回収の時点では、これらの部分の傷は開いた状態でした。SCP-2273はこの場所には以前は武装ポッドが設置されていたと主張しています。すべてのタトゥーのパターンにはロシア語が用いられており、SCP-2273が第22装甲歩兵師団5に所属する少佐であったことを示しています。SCP-2273はロシア語とドイツ語に堪能です。

SCP-2273は1989年10月13日、ウィスコンシン州ダナーの郊外で発生した地震および放射線スパイクの調査の際に回収されました。SCP-2273はその場所から行われていた無線送信の追跡を行った際に発見されました。SCP-2273は負傷しており、せん妄状態で、栄養失調に苦しんでいました。回収チームへの抵抗はありませんでした。回収後はまもなくサイト17へ移送されました。

SCP-2273のインタビュー記録の抜粋







ここに来た時、フレッドはここでは彼が特別な名前ではないことに気付き、偶然の一致を笑った。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。