SCP-2304
評価: 0+x
Jul.jpeg

SCP-2304の地上部分

アイテム番号: SCP-2304

オブジェクトクラス: Euclid Safe

特別収容プロトコル: SCP-2304は現在の場所から移動できないため、元の場所のまま収容されています。SCP-2304-1、-2、-3は、3人の警備員からなるチームによって12時間ごとに常時監視されます。SCP-2304-4は、SCP-2304の頭蓋部分にある中型の住居に収容され、抗うつ薬の使用が許可されています。

事前承認されたひと瓶のアルコール飲料が毎月、その詳細が分からない形でSCP-2304-4に提供されます。SCP-2304-4にこれらがどこで製造されたかを決して教えてはいけません。

説明: SCP-2304は、ノルウェーの████████に所在する、部分的に地下に埋没している人間を形どった構造物です。SCP-2304の入口は地上に残っている構造物のみです。入口は壊れかけたサイロに似ており、顔の輪郭を表している落書きが全面に描かれています。内部へ続く扉は金属製で、覗き穴とノッカーが取り付けられています。覗き穴を覗くと、扉が少し開いている時でも構造物の背後にある風景が見えます。

内部は異質かつ出鱈目な建築的特徴から成り、外観が示唆するよりも遥かに広いものでした。SCP-2304内の時計は実際の日付とは関係なく、一貫して7月の日付をランダムに表示します。

Landing.jpg

入口からのSCP-2304内部の眺め

階段が上方に続いているように見え、次に水平、斜め、垂直方向に分岐し、いくつかの廊下の合流点に達するまで約10メートルの長さがあります。SCP-2304内のいくつかの廊下は、蒸気通気孔を備えた金属パネルで構成されています。 廊下と連絡通路は階段と同様の特性を示し、局所的な重力場を含んでいることが示されています。

SCP-2304全域において96bpmの微かな鼓動音が聞こえます。この音の出所はまだ分かっていません。

Corridor.jpeg

SCP-2304-1に繋がる廊下

SCP-2304-1は、SCP-2304の胸部にある小さな部屋です。外部からのマッピングにより、この部屋がヒト女性の乳腺と類似する設計であることが明らかになりました。 SCP-2304-1の天井には排出口が一つ存在し、液体の水銀が常に滲み出ています。時折、SCP-2304-1からオルゴールの音が聞こえることがあります。SCP-2304-3個体は、摂食のためにSCP-2304-1の周りに集まることが知られています。

SCP-2304-2は、地下およそ90mに位置する広い領域です。SCP-2304-2付近のエントランスホールは、著しく形状が変動的であり、移動や回転が記録されています。SCP-2304-2は成人女性の子宮に似ています。SCP-2304-2の天井には大量の電気ケーブルと生物の肉が存在し、それらから伸びている大きなガラスパイプからSCP-2304-3が産み落とされます。SCP-2304-2全域において、常に不鮮明な低い雑音やうめき声が聞こえます。

SCP-2304-3は、SCP-2304-2によって製造される様々な異なる生物であり、大抵は家庭内にありふれた物体1の形をしています。SCP-2304-3は様々な金属材料で構成されており、内臓を一切欠いています。これら個体は、"口部"に付いている小さな吸引チューブを用いて摂食を行います。SCP-2304-3は知性の兆候を示さず、小さな子供のような支離滅裂な泣き声を発します。個体群はSCP-2304-2内で形成され、侵入者を見つけるためにSCP-2304の下層部を巡回します。

Babby.jpg

不正な形式のSCP-2304実体

SCP-2304-4は、全身がケイ素と水銀の複合体で構成された男性の人型存在です。SCP-2304-4は話しかけられれば会話に応じますが、妨げられなければ一人で研究することを好みます。SCP-2304-4の技術知識は人類の現行技術とは大きくかけ離れており、未だ実証されていない複数の科学分野に関する高度に発達した知識を伴います。

補遺-1: 無人探査車はSCP-2304のマッピング任務を課され、SCP-2304-1、SCP-2304-2を目録化し、43体のSCP-2304-3を記録しました。SCP-2304全体に監視カメラが設置されました。監視カメラは、SCP-2304-4が探査車を掴み、SCP-2304-4の住処に持ち帰る様子を撮影しました。機器が損傷する前に、SCP-2304-4が探査車へ一杯のワインを差し出している様子が記録されており、これは予期せぬ出来事であったと考えられています。

補遺-2: SCP-2304-4への公式インタビューが行われました。

補遺-3: SCP-2304-4への追加インタビュー。

補遺-4: ルーイク博士がSCP-2304の研究チームから解任された後、SCP-2304の入口で小さな紙片が発見されました。これはドアの下の隙間から差し出されたものであると推測されています。

一緒に連れて行ってくれ

補遺-5: SCP-2304へのインタビューがアナイス・ザイア博士によって予定されていました。しかし、SCP-2304-4の住居へ向かう道中で、ザイア博士はSCP-2304-3の集団によって攻撃を受けました。攻撃の間、SCP-2304-3は叫んでいるような音を発していました。ザイア博士は2名の武装警備員の支援によって救助されたものの、前腕と顔に大きな傷を負いました。その後、ザイア博士は長期的な水銀摂取の症状により死亡しました。

補遺-6: SCP-2304の入口は突如封鎖され、SCP-2304内の監視機器の通信が途絶えました。SCP-2304内へ再び立ち入る試みはこれまで成功していません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。