SCP-231-JP
評価: +9+x

アイテム番号 SCP-231-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 全てのSCP-231-JPはサイト-81██の低脅威度物品保管倉庫に収容されています。SCP-231-JPはオブジェクトを認識することによる曝露を防ぐため、それぞれ不透明の袋に入れた上で防音性の収容ボックスに納められます。また意図しない破損を防ぐため充分な緩衝材が使用されます。収容ボックスは全て床あるいは壁に固定してください。破損したオブジェクトは全て焼却処分してください。

最初期に収容されたSCP-231-JPは、サイト-81██の231実験室で可動限界の測定が行われています。このオブジェクトの他の実験への使用は許可されません。また231実験室の入室は担当の職員以外に許可されません。

SCP-231-JPの実験を行う場合、オブジェクトの移動は収容ボックスごと行い、被験者のみSCP-231-JPに曝露させる環境で行ってください。SCP-231-JP-Aを発生させる実験はSCP-231-JP担当職員およびセキュリティクリアランス3以上の職員の許可を得てください。またSCP-231-JP-Aの根による浸食や新たなSCP-231-JPの発生による二次被害を最低限に抑えるため、実験室および実験設備は隔離し、万が一の場合に備えて実験室ごと焼却が可能な状態にしてください。また実験が終了した後のSCP-231-JP-Aは必ず全て焼却されていることを確認してください。

説明: SCP-231-JPは外見は小型の振り子時計のように見えます。しかしながらSCP-231-JPは後述の異常性から大部分がヒト由来の材料で形成されており、内部構造は実際の振り子時計から大きくかけ離れています。SCP-231-JPは不明の動力により時計として問題なく可動します。19██年に収容されたSCP-231-JPは現在も「新鮮な」状態で可動し続けていますが、SCP-231-JPは落下や激しい振動など強い衝撃で容易に内部構造が破壊され、後述の異常性を失い、急速に腐敗します。

SCP-231-JPは可動している状態を認識したヒト(以下、被験者と呼称)に影響を与え、被験者は急激な眠気を自覚します。個人差はあるものの、10秒から60秒程度、SCP-231-JPの影響を受け続けた被験者は完全に入眠し、次の日の出まで睡眠を続けます。以降、被験者は日の入り頃に完全に入眠し、日の出頃に覚醒します。被験者の入眠を阻止する、睡眠中の被験者を目覚めさせる、被験者を日中に睡眠させるあらゆる試みは現在まで成功していません。曝露による睡眠から覚醒した被験者は非常に激しくSCP-231-JPとの継続的な接触あるいは曝露を要求しますが、この要求は時間経過と共に弱まります。この時の被験者は、前述の異常性にも関わらず、日中の睡眠不足とそれに伴う倦怠感、頭痛など一般的な睡眠不足と同様の症状を訴えます。被験者がSCP-231-JPに再び曝露することが無かった場合、1週間程度で前述の睡眠の異常および欲求は完全に解消されます。被験者がSCP-231-JPの曝露による睡眠を累計で約72時間程度行った場合、被験者はSCP-231-JP-Aと指定される存在に変異します。SCP-231-JP-Aとなった被験者が目覚めることはありません。

SCP-231-JP-Aは「被験者が蔓性の植物になったような」と形容されます。SCP-231-JP-Aは内部に血管が存在する蔓状の肉塊を発生させます。この蔓状の肉塊は一般的な蔓性の植物と同様に正の光走性、負の重力走性を備えているように観察されます。またSCP-231-JP-Aは血管の延長として皮膚表面から有機的な管(以下、便宜的に根と呼称)を発生させます。この根は先端が接触した物体を未知の原理により分解、吸引しながら伸長していることが確認されており、これによりSCP-231-JP-Aは地面あるいは壁面を浸食し、自身を固定します。最終的にSCP-231-JP-Aは被験者の質量と同程度の蔓状の肉塊に変化します。この変化は約3時間程度で完了しますが、その後もSCP-231-JP-Aは「蔓性の植物のように」成長を続けます。SCP-231-JP-Aは成長に養分を必要としているようには観察されず、養分以外の育成に適した環境や成長速度などはツタ(Parthenocissus tricuspidata)などの一般的の植物と大きな差異は確認されません。しかしながらSCP-231-JP-Aは寒冷や乾燥など一般的な植物の生存が難しい環境下においても強い耐久性を示し、育成可能な環境であれば約5mm程度の肉片からでも蔓性の肉塊および根を発生させます。SCP-231-JP-Aには不明のタイミングで根から吸引した物質を多量に含む腫瘍が発生しますが、この腫瘍は発生から約1時間程度でSCP-231-JPに変化します。

補遺-1: 20██/█/██、SCP-231-JPおよびSCP-231-JP-Aの発見地点である██県██山からSCP-231-JP-Aの完全な除去が確認され、SCP-231-JPのSafeクラスへの改定および除去作業に関する特別収容プロトコルの削除が行われました。また回収されたSCP-231-JPおよびSCP-231-JP-Aの身元は未だに判明していません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。