SCP-233-JP
評価: +62+x

アイテム番号: SCP-233-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-233-JPが存在するサイト-8136は財団フロント企業のオフィスビルとして外見を偽装し、近隣住民の侵入と注意を引くことを防止してください。SCP-233-JPの扉(以下SCP-233-JP-1)は取り外され、サイト-8181の標準的収容室に保管されています。現在SCP-233-JPを用いた実験はO5職員の許可がない限り禁止されています。

説明: SCP-233-JPはサイト-8136に指定された████県████市の民家(旧犀賀さいが邸)内の和室に存在する、面積半畳の押入れです。SCP-233-JP内に生物が入り、SCP-233-JP-1を閉めると、SCP-233-JP内の壁面に金属製の扉(以下SCP-233-JP-2)が出現します。SCP-233-JP-2の外は、通常の次元(以下基底次元)とは異なる次元(以下SCP-233-JP-A)に接続されます。接続先の座標は「SCP-233-JP-A内に存在する日本の関東圏」の範囲でランダムに変化しますが、「暗く、狭く、人目につかない場所」である傾向があります。

SCP-233-JP-1を開けると、SCP-233-JP-2は瞬時に消失し、SCP-233-JP-2を通過中の物体はSCP-233-JPの壁面で切断されます。SCP-233-JP-1を内側から開けた場合、SCP-233-JP-A内のSCP-233-JP-2の位置は移動せず、進入した人員はSCP-233-JPを通じて基底次元に帰還することが可能です。しかしSCP-233-JP-1を外側から開けた場合、SCP-233-JP-A内のSCP-233-JP-2の位置はランダムな座標に移動するため、進入した人員の帰還は困難になります。

SCP-233-JP-A内の地理および文化は基底次元に酷似していますが、何らかの要因により大規模な破壊が行われた痕跡が認められます。SCP-233-JP-A内の日本国民は「臨時政府」(本来の日本政府は機能を停止しています)により、戦時中の戒厳令下に似た状況に置かれおり、SCP-233-JP-A内の世界各国で同様の状況が発生しています。人口は大幅に減少したものとみられ、SCP-233-JP-A内で正常な人類と接触できたケースは█例のみです。なお「臨時政府」との接触は成功していません。

またSCP-233-JP-A内には基底次元には存在しない現地生物が存在します(以下SCP-233-JP-3と呼称)。SCP-233-JP-3は全長8m程度(個体差あり)で全身がくすんだ肌色をしており、両生類に似た形態をしています。2足歩行で活動し、人類に対して非常に敵対的です。通常の銃器で殺害することができますが、肉体は強靭であり無力化までに甚大な被害がでることが多いため、原則として交戦は避けてください。知能は低いためドアを開ける、道具を使うといったことはできませんが、感覚器官が発達しているため逃走は困難になりがちであり、発見時は十分に注意して回避してください。

旧犀賀邸の住民は、公的な記録では19██年以降の活動が確認されておらず、行方不明になっているものと思われます。近隣住民からも同様の期間目撃されていませんが、民間の不動産管理業務委託会社、警備会社、家事代行企業に20██年までの管理が前金で委託されていたため、旧犀賀邸は当時の姿を保っています。19██年以降、地元の子供が「探検」と称して侵入し、行方不明になった事件が3件起こったことで、財団の注意を引きました。その後、関連企業を財団フロント企業が買収することで、旧犀賀邸は財団の管理下となりました。

事件233-JP-Kの発生まで、SCP-233-JPを用いた実験はサイト管理者の許可制でした。事件233-JP-K発生後、原則として実験は禁止され、O5職員の許可制となりました。

旧犀賀邸から発見されたメモ:

私は失敗した。あの畜生どもから守ることができなかった。すまない。私は救えなかった。あとは[以下判読不能]

+ 探索記録233-JP-06 アクセス拒否
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。