SCP-2331
評価: +2+x
rave.png

あるSCP-2331-Pの写真

アイテム番号: SCP-2331

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2331は現在、機動部隊カッパ-シータ("Get Lucky")および研究チームシータ-シータ("Afterparty")の両方により追跡されています。SCP-2331-Pの発生が確認された場合、機動部隊カッパ-シータがSCP-2331の捕獲を試みるためにSCP-2331-Pへ潜入します。研究チームシータ-シータは現在、SCP-2331-Pの発生を予想する方法を調査しています。SCP-2331-Pの全参加者には記憶処置が施されます。

説明: SCP-2331は一般的にカカシとして知られている、牧草地に置かれるマネキンの外観をしているヒューマノイドです。SCP-2331はその彫刻を施されたカボチャの頭により特定する事が可能であり、それは暗い所で内部が蛍光ブルーに光ります。SCP-2331はSCP-2331-Pを発生させる能力があり、それを発生させるためだけに出現すると考えられています。SCP-2331は10月の間最も活動的になります。

SCP-2331-PはSCP-2331が出現するエリアで発生する現象です。SCP-2331-Pは中規模のレイブと呼ばれる、典型的にはライトセットやエレクトロミュージックを含むフェスティバルのための機材の生成と構成が自発的に発生する事を指します。SCP-2331はディスク・ジョッキーの役を引き受けます。SCP-2331はSCP-2331-Pが起こる空間を制御する能力があり、しばしば空気中の湿度を変化させて自然に無害な色付き煙を作り出し、壁のテクスチャや大きさを変えたりします。それはまたペンライトやキャンディといった物体を作り出します。

SCP-2331-Pは通常18才から30才の間の人間を引き寄せますが、最も若くて13才、最も高齢で73才の人間が参加したことがあります。参加者はインタビューを受けるとソーシャルメディアや口コミの事をよく言及しますが、ソーシャルメディアへの情報が少ないときであっても大勢の参加者が集まってきます。SCP-2331-Pの参加者は特定の精神影響下にあると考えられていますが、潜在的効果の詳細については依然として調査が進行中です。

それぞれのSCP-2331-Pは5時間から24時間程度続き、これはレイブの規模や、財団あるいは地元警察による中断に依存します。SCP-2331-Pが終了するとSCP-2331は消失し、72時間以内に多くの場合はアメリカ大陸において新たなSCP-2331-Pを引き起こします。SCP-2331自体を除いて、SCP-2331-Pの参加者に異常な活動や振る舞いは見られません。

SCP-2331はレイブのために十分な空間のあるエリアならばどこでもSCP-2331-Pを引き起こすことが出来ますが、室内の場所を好みます。それは高い人口密度のエリアに出現する可能性が高く、特に商業学校や大学といった高等教育機関の周囲に現れます。

事件2331-01 2014/10/09

事件2331-04 2014/10/13

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。