SCP-2351
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-2351

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2351個体はバイオ研究エリア32の共有区画内に収容し、飛行できないことを確実にするために年一回、羽を切断します。これ以外にはSCP-2351個体は収容プロトコルを必要としていません。日常の世話に関する手順は文書-2351-Dを参照してください。

説明: SCP-2351はBranta canadensis、通称カナダガンの雌の成鳥3羽の総体的呼称です。SCP-2351個体(捕獲順にSCP-2351-1、-2、-3と指定)は異常な行動を全く見せず、人間の観察者に対する効果を除いては異常性の無いカナダガンと肉体的に区別が付きません。

視覚的にSCP-2351個体を知覚した人間は、カナダガンの鳴き真似をしたいという衝動に駆られ、視覚的な接触を維持する限りこの行動を続けます。SCP-2351の写真および映像記録はこの効果を有しません。SCP-2351の異常性質の裏にあるメカニズムはまだ不明です。

影響を受けた対象者は、SCP-2351の異常性質を認識している人物も含めて、自らの行動を自発的なものと知覚し、個人的な楽しみとして行ったと主張します。影響を受けた対象者はSCP-2351への曝露後に士気の増加を示しています。

SCP-2351-1とSCP-2351-2は、ニューヨーク州ニューヨークで2015年7月3日および8日に捕獲されました。SCP-2351-3はニューヨーク州アルバニーで7月12日に捕獲されました。詳細なタイムラインは文書-2351-H: ”SCP-2351の捕獲と収容”で閲覧可能です。

補遺:

SCP-2351-3捕獲に際し、右脚にゴムバンドで取り付けられたメッセージが見つかりました。

B型肝炎: 780,000
A型肝炎: 350,000
腸チフス: 200,000
麻疹: 145,000
[巨大なトカゲのように見える雑な絵]: 129
[不釣り合いに大きな頭部を持つヒト型の姿の輪郭]: 14
[3羽のカナダガンの詳細な鉛筆画]: 0

Are We Cool Yet?

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。