SCP-2368
評価: +2+x
X-ray.jpg

検査中のPoI-2368-3のX線画像。捻転した大腸が、右上、脾臓の屈曲が胃の内部に突き刺さっているところまで到達しているのに注目。

アイテム番号: SCP-2368

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2368は、Site-06の隔離棟にある、標準的な人型オブジェクト用コンテナに収容されています。 SCP-2368の現在の収容が、英国の刑務所システムにおいて彼女が受けていた収監の延長にあるということを、彼女に説明してください。

SCP-2368の監視チームと収容チームは出来るだけ接触を最小限に抑え、チームは定期的にローテーションさせ、任期は最大でも15日間までとしてください。 SCP-2368に携わるすべてのスタッフは、定期的な医学的検診(MRIスキャンなど)を受け、必要に応じて外科的治療も施されるものとします。

説明: SCP-2368は、スコットランドのオークニー諸島に属する、ラウゼー島の居住者であるフィオナ=タラックとして識別される人型の女性です。 SCP-2368は38歳、身長は約158cm、体重は54kgで、肌は青白く、特徴的な長い赤毛をしています。

SCP-2368の近くにいる人間(および特定の家畜)は異常な影響を受け、その結果、内臓の変形および移動が起こります。この影響は、対象がSCP-2368の近くにいる間、徐々に進行していきます。影響を受ける内臓は被験者によって異なります。どの程度の距離および期間、近くにいれば影響が出るのかは不明ですが、1ヶ月未満の接触では、影響は発生していません。

MRIスキャンによって、SCP-2368の内臓にもまた、異常な変形があることが判りました。しかし、被験者のものとは異なり、SCP-2368の内臓の変形は経時的に変化することは観察されておらず、SCP-2368自身への健康への悪影響はないものと思われます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。