SCP-2372
評価: +1+x

アイテム番号: SCP-2372

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2372はサイト-168の極低温格納ユニット内に収容します。格納ユニットの温度は2~4℃の間を維持します。SCP-2372-AによるSCP-2372からの離脱要求は却下されます。SCP-2372-Aに対しては、SCP-2372の発言翻訳に関する協力の見返りとして、SCP-2372からの分離実験が予定されるはずだと伝えてください。

週1回、レベル0職員がSCP-2372を洗浄するために派遣されます。この時、格納ユニットの温度は職員判断で0℃以下に設定することができます。

説明: SCP-2372は陳██(チェン・███-██)という男性の、腐敗の影響を受けない保存された遺体です。粉末化された翡翠の粒子と絹糸が、SCP-2372の皮下組織の中に、身体全体に均等に埋め込まれているのが見つかっています。SCP-2372に見られる瘢痕と縫合跡は、素人が外科的処置を行ったことを示しています。

SCP-2372はもはや声帯が振動しないにも拘らず、意思疎通の手段として機能する呻き声のような音を口から発することができます ― これについては概要の第4パラグラフを参照してください。また、SCP-2372は雲粒と氷の結晶(0℃近い温度の場合に存在)で構成された霧を放出します。この雲粒に含まれる水滴の分析により、射精に先んじて放出される尿道球腺液が僅かに含まれていることが判明しました。霧の発生源はSCP-2372の臍であるように思われます。

SCP-2372-Aは、SCP-2372から発生する霧から出現する霊的ヒト型実体であり、陳氏の上半身に類似しています。SCP-2372-Aは知的存在であり、陳██を自称します。SCP-2372-Aは自らを構成する水粒子の振動によって発声が可能であり、陳██と同程度の広東語の実力を証明しています。

SCP-2372-AはSCP-2372が発する呻き声を解読できる唯一の既知の存在であり、定期的に会話をしています。SCP-2372-A側の観点から言えば、当該実体とSCP-2372は明白に敵対しています。SCP-2372側の観点におけるSCP-2372-Aとの関係を直接的に問うことは不可能ですが、SCP-2372は時折SCP-2372-Aとの会話中に尿道から射精前の尿道球腺液を分泌することは判明しています。

SCP-2372は1987/██/██、解剖検査時にSCP-2372-Aが出現したことによって香港のビクトリア公共霊安室から回収されました。遺体の回収後、事件は検視官の幻覚として処理され、火葬した動物の灰を収めた骨壺が陳██の親族に引き渡されました。

補遺2372-1: SCP-2372 および/またはSCP-2372-Aとの選択されたインタビュー

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。