SCP-239-JP
評価: +8+x

アイテム番号: SCP-239-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-239-JPはサイト-8181内の標準人型収容室にて収容されます。収容室内には監視カメラを設置し、二名の女性セキュリティー担当者によって24時間体制で監視されます。通気口など外部との接続可能な箇所はSCP-239-JPの身体一部の遠隔操作による収容違反を防ぐ為、メッシュ状の鉄板などで封鎖されます。
現在、SCP-239-JPに関する実験、研究は全て非同性愛者である女性職員のみで構成されたチームによって行われています。男性職員および同性愛者である女性職員による無許可のSCP-239-JPへの接触は禁止されています。異常性伝染防止のため違反した職員は速やかに終了されます。SCP-239-JPに曝露したと思われる職員を発見した場合は速やかにサイト管理者に報告してください。また、SCP-239-JPに曝露したと思われる職員と接触、会話をしたと思われる職員は特殊医療班の検査を受け、Bクラスの記憶処理を行ったうえで経過観察のため収容されます。現在SCP-239-JPからの要求は一切受け付けておらず、特に衣服の提供は禁止されています。

説明: SCP-239-JPは身長177cmの人間の全身骨格です。SCP-239-JPの年齢は身長と骨の形状などから推定27歳前後であると思われ、経年劣化などの兆候は報告されていません。SCP-239-JPの体はほぼ完全な状態で保存されており、かつ対象は通常の人間のように振る舞い活動しています。ただし左手薬指と右肋骨の欠損など、その他にも刃物で傷つけた跡のような一部損傷が見られます。SCP-239-JPは自身の名前を██ ███と供述しており、戸籍調査を行った結果、該当する人物の存在が確認されました。その後、歯型など他7箇所以上の一致点が確認されたためSCP-239-JPと██ ███氏が同一人物であることが判明しました。骨盤やその他の骨格の形状、戸籍の情報、SCP-239-JPから発せられる「声」の特徴から、SCP-239-JPの性別は「女性」に分類されると推測されます。

SCP-239-JPは骨格以外の生体組織が存在していないにもかかわらず活動します(内容は未知の原理で発声、摂食活動1、本来ならば筋肉を必要とするような動作2、呼吸などです)。SCP-239-JPの身体調査を行いましたが、不可視な物質、器官などは発見されず、対象は純粋に人骨のみで構成されていると思われます。

SCP-239-JPには視覚や聴覚、味覚も存在しており、自身の周囲の状況や環境、摂取したものの味など通常の人間が有する感覚と同様に認識していると推測されます。しかし対象には触覚と痛覚のみが欠落していると思われ、SCP-239-JPの視覚外からの接触に対し一切反応しないなどのケースが多々見られます。また、痛覚の欠落からSCP-239-JP自身が自らの肩や腕の関節を外すなどの行為が可能であり、SCP-239-JP自身から取り外された身体の一部はSCP-239-JP自身の意思によって遠隔的操作が可能です。現在、これらの活動原理についての調査が行われています。

SCP-239-JPが衣服を着用した場合、そこに生体組織が存在していないにもかかわらず、人間の女性の乳房、臀部などの輪郭が浮き出るという現象が発生します。衣服の上からそれらに触れたとしても物体の存在を確認することは出来ず、衣服内部を調査しましたが異常性のある物質、大気などは一切検出されませんでした。なお、SCP-239-JPの有する異常性のためか、SCP-239-JPは衣服を着用することに対して積極的になる傾向が認められ、その為、現在SCP-239-JPに対して衣服の提供を行うことは禁止されています。

SCP-239-JPの異常性は、人間の男性および同性愛者である女性(以下、被験者)がSCP-239-JPと30分間以上何らかの接触を行った場合に発現し、その後、被験者はおよそ一週間以内に自殺します。なお、これらの異常性の発現はSCP-239-JPが衣服を着用した場合とそうでない場合では前者の方がより強い影響が見られることが判明しており、SCP-239-JPによって引き起こされる異常性は被験者が対象をより強く「女性」であると認識することによって変動すると推測されます。また、これらの自殺方法は一貫しており、手段、使用するツールなどはそれぞれの被験者によって異なりますが、どのケースも皆自分自身の肉体を切断し、骨から剥離しようとすることで共通しています。被験者は痛覚が存在しているにも関わらず絶命するまでこれらの行動を全うしようとし、現在最高で全身のおよそ57%を剥離したDクラス職員の存在が確認されています。調査の結果、これらの異常性は強制的なものではなく被験者自身の意志によって行われていることが判明しており、ある程度までは自制することが可能ですが暴露してからの時間経過に伴いそれらの行動に対する欲求が強まる傾向が見られます。これらの症状は軽度であればBクラスの記憶処理を行うことで治療が可能ですが、大抵の場合は治療前に全ての被験者は自害します。当初これらの異常性は個人に対する認識災害によるものだと考えられていましたが、曝露したDクラス職員のインタビューを担当した研究員にも同様の異常性が発現するという事案が発生し、これらの異常性の伝染性が発覚しました3。結果██名のDクラス職員と██名の研究員が自殺し、その後、機動部隊の介入により事態は収拾されました。その為、これらの異常性が発現した財団職員は異常性拡散防止のため、その場で終了されることが決定しています。

補遺: SCP-239-JPは██県、███市████町██丁目のマンション近くで発見されました。当時、同住所近くに在住していた一般男性が夜間のジョギングをしており、その時に徘徊していたSCP-239-JPと遭遇しました。その男性からの通報により、財団は数名のエージェントと二名の機動部隊隊員を派遣。SCP-239-JPは大変落ち着いた態度でその地点に佇んでおり、職員によって回収されました。

SCP-239-JPに行ったインタビューによると、19██ ██月█日に対象は自身が発見された同県同市の██町3丁目の自宅アパート内の浴槽内にて自らの肉体を骨から削ぎ落とすといった行為を行い、現在の姿になったと供述しています。現在、これらの供述に関する調査を行っていますが、詳しい状況、経緯などは判明していません。また、SCP-239-JPが以前居住していたアパートを捜索しましたが、2000年 █月██日に取り壊されたことが確認され、現地での調査は中断されました。その後、██ ███氏の親族、関係者などの人物の捜索も行いましたが、過去██ ███氏と関わったと思われる人物全ての死亡が確認されました。

追記: 

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。